電子投票とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 投票 > 電子投票の意味・解説 

電子投票

読み方:でんしとうひょう
別名:電磁的記録式投票制度

電子機器利用して投票を行うこと。投票所タッチパネルなどを利用して投票することと、インターネット通じて投票を行うことなどがある。

日本では2002年地方自治体向けに電子投票法が定められ、主に地方公共団体首長を選ぶ選挙などにタッチパネル利用した電子投票が行われてきた。電子投票を利用することで、開票にかかる時間短縮できるなどのメリットがある一方で投票機械トラブルなどで選挙無効になった実例もある。

日本では2013年夏の参院選からインターネット利用した選挙運動解禁されるが、国政選挙に電子投票が適用される見通しは立っていない。電子投票を支持する人々中には海外にいても投票できるインターネット投票解禁すべきとの意見もある。

エストニアでは2005年からインターネットでの投票解禁されている。個人識別するICカード利用し、インターネット投票をすることができる。

でんし‐とうひょう〔‐トウヘウ〕【電子投票】

コンピューターネットワーク利用した投票。特に、選挙において、投票所設置された電子投票機で候補者名を入力記録する投票方法のこと。

[補説] 平成14年2002施行の「電磁記録投票法(電子投票法)」により、地方公共団体の長議員選出限り採用されている。投票簡素化開票迅速化疑問票無効票減少などがねらいだが、個人情報漏洩(ろうえい)、投票結果改竄(かいざん)などの危険性がある。


電子投票(でんしとうひょう)

電子機器利用して選挙投開票を行うこと

地方自治体希望により、首長議会選挙においてタッチパネルなどで候補者を選ぶ投票方式採用できるようになった公職選挙法特例法として、地方選挙導入される。

電子投票は、有権者利便性の向上、開票作業迅速化無効票削減などに役立つと期待されている。IT(情報通信技術)の浸透で、従来民主主義あり方大きく変える可能性もある。

具体的には、有権者投票装置タッチパネルボタン押して候補者投票し、その記録開票所に運んで集計する。このとき、通信回線による伝送では途中でデータ改ざんされるおそれがあるため、投票装置記録したフロッピーディスク開票所まで直に持っていくことになる。

現在のところ、投票秘密保持するため、投票端末オンライン化を禁止している。そのためインターネットを使って自宅会社などの端末から投票することはできず、有権者投票所まで足を運ぶ必要がある

市町村都道府県条例認めれば、首長議会選挙で電子投票を実施できる。岡山県新見市は、2002年 6月にも市長選と市議会選挙日本初めての電子投票を実施するための準備を進めている。

総務省は、地方自治体での実績重ねた後、将来国政選挙でも電子投票を導入する方向だという。

(2001.12.04更新


電子投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 00:24 UTC 版)

電子投票(でんし とうひょう)とは票を入れる行為を電子化した投票(方式)のこと、あるいはそのような投票を行うことをいう。投票所における投票で電子機器を用いて行う投票のほか、インターネットなどのコンピュータネットワークを介しての投票などが含まれる。


  1. ^ 全国わずか10市町村…電子投票、政令市唯一の京都市も廃止産経新聞WEST(2020年11月11日閲覧)
  2. ^ 六戸町、電子投票休止へ/投票機の更新困難『東奥日報』朝刊2018年2月27日(2018年5月15日閲覧)。
  3. ^ 新見市、電子投票条例廃止へ 機器レンタルの業者が撤退山陽新聞(2020年11月11日閲覧)
  4. ^ 湯淺墾道「エストニアの電子投票」 (PDF) 九州国際大学社会文化研究所『紀要』65号
  5. ^ 韓国中央選挙管理委員会電子選挙推進団・金容煕団長インタビュー要旨
  6. ^ 湯淺墾道「韓国の電子投票」 (PDF) 九州国際大学社会文化研究所『紀要』59号
  7. ^ “【取材日記】IT強国であることをあえて無視する政界”. 中央日報. (2011年7月5日). http://japanese.joins.com/article/492/141492.html 2012年1月1日閲覧。 
  8. ^ RECENT HISTORY OF MACHINESMIT ELECTION DATA
  9. ^ Voting methods and equipment by stateBALLOTPEDIA
  10. ^ 電子投票のすべて株式会社情報通信研究所
  11. ^ サイバー世界が及ぼす悪影響とはESET on ASCII
  12. ^ 紙の呪縛? ―ブエノスアイレス市における電子投票・アルゼンチン―日本貿易振興機構アジア経済研究所
  13. ^ 2012年ベネズエラの大統領選と地方選挙:今後の展望独立行政法人日本貿易振興機構
  14. ^ ベネズエラ選管、投票者数の水増しを否定 制憲議会選挙でBBC NEWS Japan
  15. ^ Venezuela: Nearly 50,000 Voting Machines Burnt in ‘Terrorist Attack’venezuelanalysis.com
  16. ^ Venezuela Parliamentary Elections: Torched Machines Replaced, Covid-19 Safeguards Establishedvenezuelanalysis.com
  17. ^ 有権者9億人を支える電子投票システムとは/世界最大の民主主義国インドの場合ビッグイシュー日本


「電子投票」の続きの解説一覧



電子投票と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子投票」の関連用語

電子投票のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電子投票のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子投票 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS