電子投票とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 政治活動 > 投票 > 電子投票の意味・解説 

でん しとうひょう -へう [4]電子投票

選挙アンケートなどの投票を、コンピューターネットワーク利用して行うこと。開票のための作業コスト時間大幅削減できる。

電子投票

読み方:でんしとうひょう
別名:電磁的記録式投票制度

電子機器利用して投票を行うこと。投票所タッチパネルなどを利用して投票することと、インターネット通じて投票を行うことなどがある。

日本では2002年地方自治体向けに電子投票法が定められ、主に地方公共団体首長を選ぶ選挙などにタッチパネル利用した電子投票が行われてきた。電子投票を利用することで、開票にかかる時間短縮できるなどのメリットがある一方で投票機械トラブルなどで選挙無効になった実例もある。

日本では2013年夏の参院選からインターネット利用した選挙運動解禁されるが、国政選挙に電子投票が適用される見通しは立っていない。電子投票を支持する人々中には海外にいても投票できるインターネット投票解禁すべきとの意見もある。

エストニアでは2005年からインターネットでの投票解禁されている。個人識別するICカード利用し、インターネット投票をすることができる。

電子投票(でんしとうひょう)

電子機器利用して選挙投開票を行うこと

地方自治体希望により、首長議会選挙においてタッチパネルなどで候補者を選ぶ投票方式採用できるようになった公職選挙法特例法として、地方選挙導入される。

電子投票は、有権者利便性の向上、開票作業迅速化無効票削減などに役立つと期待されている。IT(情報通信技術)の浸透で、従来民主主義あり方大きく変える可能性もある。

具体的には、有権者投票装置タッチパネルボタン押して候補者投票し、その記録開票所に運んで集計する。このとき、通信回線による伝送では途中でデータ改ざんされるおそれがあるため、投票装置記録したフロッピーディスク開票所まで直に持っていくことになる。

現在のところ、投票秘密保持するため、投票端末オンライン化を禁止している。そのためインターネットを使って自宅会社などの端末から投票することはできず、有権者投票所まで足を運ぶ必要がある

市町村都道府県条例認めれば、首長議会選挙で電子投票を実施できる。岡山県新見市は、2002年 6月にも市長選と市議会選挙日本初めての電子投票を実施するための準備を進めている。

総務省は、地方自治体での実績重ねた後、将来国政選挙でも電子投票を導入する方向だという。

(2001.12.04更新


電子投票

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/14 21:56 UTC 版)

電子投票(でんし とうひょう)とは票を入れる行為を電子化した投票(方式)のこと、あるいはそのような投票を行うことをいう。投票所における投票で電子機器を用いて行う投票のほか、インターネットなどのコンピュータネットワークを介しての投票などが含まれる。




「電子投票」の続きの解説一覧



電子投票と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電子投票」の関連用語

電子投票のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電子投票のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電子投票 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS