ベネズエラとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > ベネズエラの意味・解説 

ベネズエラ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/08 03:48 UTC 版)

ベネズエラ・ボリバル共和国[3](ベネズエラ・ボリバルきょうわこく、スペイン語: República Bolivariana de Venezuela:英語名 Bolivarian Republic of Venezuela)、通称ベネズエラは、南アメリカ北部に位置する連邦共和制国家。東にガイアナ、西にコロンビア、南にブラジルと国境を接し、北はカリブ海大西洋に面する。首都はカラカスである。コロンビアと共に北アンデスの国家であるが、自らをカリブ海世界の一員であると捉えることも多い。ベネズエラ海岸の向こうには、オランダ王国ABC諸島キュラソー島など)、トリニダード・トバゴといったカリブ海諸国が存在する。ガイアナとは、現在ガイアナ領のグアヤナ・エセキバを巡って、19世紀から領土問題を抱えている。南アメリカ大陸でも指折りの自然の宝庫として知られている。原油埋蔵量は3008億バレルといわれ世界最大と言われているが、近年は急速に原油生産が低落している[4]




注釈

  1. ^ ベネズエラ議会は2019年1月の2期目就任を認めておらず、欧米諸国からも大統領選挙の結果が認められていない。
  2. ^ 2019年1月に暫定大統領への就任を宣言。欧米諸国などが大統領と認めている。
  3. ^ スペイン語で太鼓の意味であり、ウルグアイの黒人音楽カンドンベの楽器もタンボールであるので紛らわしくならないよう注意したい

出典

  1. ^ Venezuela/The World Factbook”. 中央情報局 (2019年1月24日). 2019年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d World Economic Outlook Database, October 2015”. IMF (2015年10月). 2016年2月17日閲覧。
  3. ^ a b c 国名の由来となった人物は「シモン・ボリバル」、「シモン・ボリーバル」の表記がともに広く用いられているが、国名の表記は「ベネズエラ・ボリバル共和国」がほぼ定着している。ただし、大久保仁奈「ベネズエラ・チャベス政権を読み解くための鍵 ―ボリーバル革命の一考察―」(『外務省調査月報2005年度/No.3、2006年1月15日)のように、「ベネズエラ・ボリーバル共和国」とする例もある。
  4. ^ “ベネズエラの原油生産、下落の一途 過去30年で最低に”. CNN. (2018年2月15日). https://www.cnn.co.jp/business/35114800.html 2019年3月19日閲覧。 
  5. ^ (Spanish) Cuadernos Hispanoamericanos. Instituto de Cultura Hispánica (Agencia Española de Cooperación Internacional). (1958). pp. 386. 
  6. ^ 乗浩子「カラカス―石油都市の光と影」『ラテンアメリカ都市と社会』国本伊代/乗浩子:編 新評論 1991
  7. ^ Carrillo Batalla, Tomás; Crazut, Tomás J. (1986). "Proceso histórico de la deuda externa venezolana en el siglo XX" (PDF). Boletín de la Academia Nacional de Ciencias Económicas.
  8. ^ 坂口安紀「ベネズエラのチャベス政権―誕生の背景と「ボリバル革命」の実態」『21世紀ラテンアメリカの左派政権──実像と虚像』遅野井茂雄、宇佐見耕一編、アジア経済研究所、2008年11月。
  9. ^ Nathaniel Weyl. 1960. Red Star Over Cuba. pages 3-5. OOC:60-53203.
  10. ^ Carlos Andrés Pérez | The Economist
  11. ^ a b c 松岡正剛. “反米大陸”. 松岡正剛の千夜一夜・遊蕩篇. 2012年4月7日閲覧。
  12. ^ “ベネズエラがコロンビアと断交 左翼ゲリラの活動めぐり対立”. 47NEWS. (2010年7月23日). オリジナルの2011年9月25日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110925005135/http://www.47news.jp/CN/201007/CN2010072301000016.html 2010年7月23日閲覧。 
  13. ^ “ベネズエラとコロンビア、国交回復で合意” (日本語). 読売新聞. (2010年8月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20100811-OYT1T00323.htm 2010年8月11日閲覧。 [リンク切れ]
  14. ^ “3週間ぶりに国交回復で合意 コロンビアとベネズエラ” (日本語). 東京新聞. (2010年8月11日). http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2010081101000171.html 2010年8月11日閲覧。 
  15. ^ a b 田中善一郎 (2011年7月30日). “独裁大統領もソーシャルメディアをフル活用”. BROGOS. 2012年4月7日閲覧。
  16. ^ ベネズエラ政府、ラジオ34局に閉鎖命令”. AFP (2009年8月1日). 2012年4月7日閲覧。
  17. ^ a b c d ベネズエラで何が起きているか ベネズエラ政府広報(日本語記事)2016年11月2日
  18. ^ a b c 坂口安紀 (2018年1月20日). “ベネズエラにおける制憲議会の成立と民主主義の脆弱化 (論稿)” (PDF). ラテンアメリカレポート34巻2号 (日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所). https://ir.ide.go.jp/?action=pages_view_main&active_action=repository_view_main_item_detail&item_id=50146&item_no=1&page_id=26&block_id=95. 
  19. ^ a b c d 田村剛 (2017年3月31日). “ベネズエラ最高裁、議会の立法権奪う 「独裁」批判も”. 朝日新聞 デジタル. http://www.asahi.com/articles/ASK3054VTK30UHBI01K.html 2017年4月1日閲覧。 
  20. ^ a b c d “ベネズエラ最高裁、議会機能停止を撤回 反発受け マドゥロ大統領「論争は終わりだ」”. 日本経済新聞. (2017年4月2日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASFK02H0I_S7A400C1000000/ 2017年4月2日閲覧。 
  21. ^ ベネズエラの「クーデター」:未遂に終わった権力強奪 エコノミスト2017年4月7日号(日本ビジネスプレス掲載)
  22. ^ “ベネズエラ「独裁」怒る群衆 財政破綻寸前”. 毎日新聞ニュースサイト. (2017年6月6日). https://mainichi.jp/articles/20170607/k00/00m/030/096000c 
  23. ^ ベネズエラ反政府デモ100日、先行き依然不透明 AFP(2017年7月10日)2017年7月10日閲覧
  24. ^ ベネズエラ国会に政権支持の群衆が乱入 議員ら一時閉じ込められる BBC 2017年7月6日
  25. ^ ベネズエラ野党指導者、総選挙の早期実施求める BBC 2017年4月28日
  26. ^ ベネズエラ野党勢力、制憲議会招集に向けた協議をボイコット ロイター 2017年5月9日
  27. ^ a b ベネズエラ制憲議会選、大統領が勝利宣言 衝突の死者10人に APF 2017年7月31日
  28. ^ ベネズエラ制憲議会選挙、大統領が勝利宣言 TBS 2017年8月1日
  29. ^ 制憲議会発足へ 2日にも国会閉鎖 毎日新聞 2017年7月31日
  30. ^ 「野党には正義の裁き」議長、国会閉鎖を示唆 毎日新聞 2017年8月5日
  31. ^ ベネズエラ:野党指導者ロペス氏らを拘束、武装した治安部隊が連行 ブルームバーグ 2017年8月2日
  32. ^ ベネズエラ、野党指導者を連行 米は警告 BBC 2017年8月2日
  33. ^ ベネズエラ検事総長、投票数水増しの捜査開始 大統領は疑惑を否定 APF 2017年8月3日
  34. ^ a b 検事総長を解任 専制体制を強化 毎日新聞 2017年8月6日
  35. ^ <ベネズエラ>検事総長を解任 後任は大統領支持派 毎日新聞 2017年8月6日
  36. ^ ベネズエラ、国会の立法権を剥奪 大統領が独裁確立”. 日本経済新聞 (2017年8月19日). 2017年8月19日閲覧。
  37. ^ a b c d “ベネズエラ混乱 トランプ氏、軍事介入「選択肢」”. 日本経済新聞. (2019年2月4日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO40847750U9A200C1000000/ 2019年2月28日閲覧。 
  38. ^ “ベネズエラ大統領再選、国際社会から非難強まる 米国は追加制裁”. ロイター. (2018年5月21日). https://jp.reuters.com/article/venezuela-election-madulo-idJPKCN1IM0S2 2019年2月28日閲覧。 
  39. ^ ベネズエラ、反政権デモで13人死亡 人権団体発表”. AFP (2019年1月24日). 2019年1月28日閲覧。
  40. ^ “ヴェネズエラ国会議長が「暫定大統領」の就任宣言 トランプ米大統領は承認”. BBC. (2019年1月24日). https://www.bbc.com/japanese/46982919 2019年2月23日閲覧。 
  41. ^ 清宮涼 (2019年2月19日). “日本政府、反政権派の暫定大統領を支持 ベネズエラ”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM2M5QJTM2MUTFK011.html 2019年2月19日閲覧。 
  42. ^ a b c “ベネズエラで国会議長が「暫定大統領」宣言 マドゥロ大統領が米国と断交表明”. 産経ニュース. (2019年1月24日). https://www.sankei.com/world/news/190124/wor1901240041-n1.html 2019年1月25日閲覧。 
  43. ^ “「ベネズエラは危機的状況」 米、安保理緊急会合を要求”. 東京新聞. (2019年1月25日). http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201901/CK2019012502000282.html 2019年1月26日閲覧。 
  44. ^ a b “強権マドゥロ氏、最大危機=国会議長の暫定大統領宣言-ベネズエラ”. 時事通信. (2019年1月24日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019012400950&g=int 2019年1月25日閲覧。 
  45. ^ a b サンパウロ山本太一 (2019年2月3日). “ベネズエラで退陣求めデモ 暫定大統領、軍に離反呼びかけ”. 毎日新聞. https://mainichi.jp/articles/20190203/k00/00m/030/155000c 2019年2月4日閲覧。 
  46. ^ サンパウロ=岡田玄 (2019年2月4日). “ベネズエラ問題で14カ国が緊急会合 難民対策を協議”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASM242VD9M24UHBI00D.html 2019年2月4日閲覧。 
  47. ^ ベネズエラ、ブラジル国境を封鎖 支援物資の搬入阻止”. ロイター (2019年2月22日). 2019年2月22日閲覧。
  48. ^ ベネズエラに「支援物資到着」と野党指導者 国境付近では衝突も”. AFP (2019年2月24日). 2019年2月23日閲覧。
  49. ^ “ベネズエラ、支援物資搬入を阻止 兵士に離反の動きも”. CNN. (2019年2月25日). https://www.cnn.co.jp/world/35133223.html 2019年2月26日閲覧。 
  50. ^ “ベネズエラ、コロンビアとの断交を宣言”. 日本経済新聞. (2019年2月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO41685520U9A220C1000000/ 2019年3月7日閲覧。 
  51. ^ a b “ベネズエラ停電1週間 復旧宣言も断水・略奪続く”. 日本経済新聞. (2019年3月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42558080W9A310C1000000/ 2019年3月19日閲覧。 
  52. ^ “グアイド氏「責任はマドゥロ大統領に」停電関与容疑の捜査開始で ベネズエラ”. CNN. (2019年3月13日). https://mainichi.jp/articles/20190313/k00/00m/030/125000c 2019年3月19日閲覧。 
  53. ^ a b “ロシアはベネズエラから軍撤退を、「あらゆる選択肢」=米大統領”. ロイター. (2019年3月28日). https://jp.reuters.com/article/trump-russia-venezuela-idJPKCN1R8210 2019年3月30日閲覧。 
  54. ^ a b “米大統領補佐官、ロシア軍のベネズエラ展開をけん制”. ロイター. (2019-3-98). https://jp.reuters.com/article/venezuela-politics-usa-idJPL3N21G3XC 2019年3月30日閲覧。 
  55. ^ a b “グアイド氏の不逮捕特権を剥奪 ベネズエラ制憲議会が承認”. CNN. (2019年4月30日). https://www.cnn.co.jp/world/35136476.html 2019年5月14日閲覧。 
  56. ^ a b “ベネズエラ政権側「クーデター失敗」 断続的に衝突続く”. 朝日新聞. (2019年5月1日). https://www.asahi.com/articles/ASM5122J6M51UHBI002.html 2019年5月14日閲覧。 
  57. ^ “米補佐官 ベネズエラのグアイド氏支持「クーデターではない」”. NHK. (2019年5月1日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190501/k10011902601000.html 2019年5月14日閲覧。 
  58. ^ “米、ベネズエラ要人に離反期待 野党支持なら不問”. 日本経済新聞. (2019年5月8日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO44507990Y9A500C1000000/ 2019年5月14日閲覧。 
  59. ^ 米国への亡命申請、ベネズエラが最多に CNN(2017年5月24日)2017年5月25日閲覧
  60. ^ “立深める2期目 ベネズエラ・マドゥロ政権 混乱収束の兆しなし 難民危機”. 産経新聞. (2019年1月10日). https://www.sankei.com/world/news/190110/wor1901100033-n2.html 2019年2月19日閲覧。 
  61. ^ a b c d “ベネズエラ難民、受け入れ国でトラブル 近隣国、国際会議で有効な対策打てず”. 日本経済新聞. (2018年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35015560V00C18A9FF2000/ 2019年3月14日閲覧。 
  62. ^ a b 南米ベネズエラ緊急事態 避難民が5年で6,000%増加”. 国連UNHCR協会. 2019年3月14日閲覧。
  63. ^ “逃げてきた先で放火や投石… ベネズエラ避難民の苦悩”. 日本経済新聞. (2018年10月11日). https://www.asahi.com/articles/ASL9S43DFL9SUHBI004.html 2019年3月14日閲覧。 
  64. ^ ベネズエラ難民400万人 国連発表「驚異的ペース」”. 産経新聞 (2019年6月8日). 2019年6月8日閲覧。
  65. ^ a b c d e f 坂口安紀「苦悩するベネズエラ―チャベス政権の「ボリバル革命」の行方」『異文化理解講座8 現代中米・カリブを読む 政治・経済・国際関係』小池康弘編、山川出版社、2008年
  66. ^ 坂口保紀ベネズエラ4月の政変 - ラテンアメリカ・レポートvol.19
  67. ^ “大統領の無制限再選を承認=チャベス氏、国民投票で勝利−ベネズエラ”. Yahoo!ニュース. (2009年2月16日). オリジナルの2012年7月18日時点によるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120718063243/http://www.afpbb.com/article/politics/2558439/3686336 
  68. ^ “「チャベス独裁」に懸念強まる=社会の分断深化も−ベネズエラ”. Yahoo!ニュース. 時事通信. (2009年2月16日). オリジナルの2009年2月16日時点によるアーカイブ。. http://s01.megalodon.jp/2009-0216-1849-24/headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090216-00000093-jij-int 
  69. ^ “ベネズエラ・マドゥロ大統領が就任”. 読売新聞. (2013年4月20日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130420-OYT1T00812.htm?from=ylist 2013年4月21日閲覧。 
  70. ^ “混乱続くベネズエラ、野党の総選挙大勝で新たな試練 - WSJ”. ウォール・ストリート・ジャーナル日本版. (2015年12月8日). http://jp.wsj.com/articles/SB12270577396625053624104581402993230476906 2016年5月17日閲覧。 
  71. ^ “ベネズエラ大統領、選挙敗北受け内閣改造へ 政治犯釈放は拒否”. ロイター通信. (2015年12月9日). http://jp.reuters.com/article/venezuela-election-idJPKBN0TS0GY20151209 2015年12月11日閲覧。 
  72. ^ a b ベネズエラ基礎データ | 外務省
  73. ^ “関係悪化、大使を召還/ベネズエラとコロンビア”. 四国新聞. (2015年8月28日). http://www.shikoku-np.co.jp/national/international/20150828000367 2017年4月2日閲覧。 
  74. ^ “中南米左派諸国が大使を召還 ルセフ氏弾劾に強く反発”. 産経新聞. (2016年9月1日). http://www.sankei.com/world/news/160901/wor1609010028-n1.html 2017年4月2日閲覧。 
  75. ^ “ベネズエラ外相がペルー大統領を米の「犬」と批判、非難合戦続く”. ロイター. (2017年3月7日). http://jp.reuters.com/article/venezuela-peru-idJPKBN16E0FG 2017年4月2日閲覧。 
  76. ^ “Chinese hospital ship stops in turbulent Venezuela”. NavyTimes. (2018年9月22日). https://www.navytimes.com/news/your-navy/2018/09/22/chinese-hospital-ship-stops-in-turbulent-venezuela/ 2019年1月10日閲覧。 
  77. ^ 「中国の植民地」化が次第に強くなっているベネズエラ。マドゥロ大統領が訪中”. ハーバービジネスオンライン (2018年9月18日). 2018年9月18日閲覧。
  78. ^ “トルコ、ベネズエラに経済協力 対米けん制”. 日本経済新聞. (2018年12月24日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38530530U8A201C1FF1000/ 2019年1月9日閲覧。 
  79. ^ “ベネズエラ、ロシアから5600億円以上の支援”. 日本経済新聞. (2018年12月7日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO38657650X01C18A2000000/ 2019年1月9日閲覧。 
  80. ^ “ベネズエラ、ロシアから5600億円以上の支援”. AFP通信. (2018年12月11日). http://www.afpbb.com/articles/-/3201421 2019年1月9日閲覧。 
  81. ^ “Venezuela launches two-week military drill featuring Chinese and Russian arms after claiming the US 'is an imminent danger'” (英語). デイリー・メール. http://www.dailymail.co.uk/news/article-2997060/Venezuela-launches-two-week-military-drill-featuring-Chinese-Russian-arms-claiming-imminent-danger.html 
  82. ^ “中国国産の輸出版VN18型戦車が凄まじい火力を披露”. 中国網. (2014年12月16日). http://japanese.china.org.cn/culture/2014-12/16/content_34331305.htm 2018年1月7日閲覧。 
  83. ^ “中国の国産装甲車、南米で頭角を現す”. 中国網. (2017年6月8日). http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2017-06/08/content_40989657.htm 2018年1月7日閲覧。 
  84. ^ コロンビアとブラジルが国境警備強化、ベネズエラ難民増加に対応ロイター通信(2018年2月9日)2018年3月23日閲覧
  85. ^ “Venezuela armed forces take delivery of Chinese VN-1 8x8 armoured vehicles for its Marine Corps.”. Army Recognition. (2014年8月16日). https://www.armyrecognition.com/august_2014_global_defense_security_news_uk/venezuela_armed_forces_take_delivery_of_chinese_vn-1_8x8_armoured_vehicles_for_its_marine_corps_160.html 2018年8月28日閲覧。 
  86. ^ “Venezuela displays new Chinese combat vehicles during military parade”. Army Recognition. (2018年7月9日). https://www.armyrecognition.com/july_2018_global_defense_security_army_news_industry/venezuela_displays_new_chinese_combat_vehicles_during_military_parade.html 2018年8月28日閲覧。 
  87. ^ National Guard of Venezuela will receive more Chinese-made Norinco VN4 vehicles - Armyrecognition.com, March 12, 2013
  88. ^ María Delgado, Antonio (2017年6月12日). “Maduro importa blindados de combate en vez de alimentos en medio de crisis venezolana” (英語). El Nuevo Herald. http://www.elnuevoherald.com/noticias/mundo/america-latina/venezuela-es/article155771569.html 2017年6月13日閲覧。 
  89. ^ 為替公式レートは1米ドル=2150ボリバル(1ボリバル=約0.06円)だが、闇レートは1米ドル=4110ボリバル(1ボリバル=約0.03円)。Foreign Policy:"The List: The World’s Worst Currencies Archived 2007年6月16日, at the Wayback Machine." GIGAZINE 2007年6月19日「世界で最も価値の低い通貨トップ5[リンク切れ]
  90. ^ “ベネズエラ、新たな為替制度を創出へ=大統領”. ロイター. (2017年3月28日). http://jp.reuters.com/article/venezuela-economy-idJPKBN16Z06M 2017年4月2日閲覧。 
  91. ^ a b c d e デフォルトが懸念されるベネズエラ経済 - 国際通貨研究所研究員 井上裕介
  92. ^ 篠原匡 (2017年6月16日). “ベネズエラ、経済崩壊の動画ルポ ドキュメンタリー「下方スパイラル社会」”. 日経ビジネス. http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/110879/061300694/?P=3 2017年6月16日閲覧。 
  93. ^ a b ベネズエラ、経済緊急事態を宣言 大統領「危機的状況」-AFP NEWS2016年01月16日 13:50
  94. ^ 紙幣流通停止のベネズエラ、新札届かず混乱広がる 国境封鎖延長 AFP(2016年12月16日)2018年1月1日閲覧
  95. ^ “米上院議員、中国ZTEのベネズエラでの案件巡り政府に調査要請”. ロイター. (2018年11月29日). https://jp.reuters.com/article/venezuela-zte-idJPKCN1NY038 2018年12月13日閲覧。 
  96. ^ Template:Cita noticia
  97. ^ ベネズエラ政府、最低賃金60%上げ 効果は不透明 日本経済新聞(2017年5月2日)2017年12月31日閲覧
  98. ^ 「ハムをよこせ!」 年末年始の伝統食材不足でベネズエラ国民が抗議 AFP(2017年12月31日)2017年12月31日閲覧
  99. ^ 【この数字】6147% ベネズエラ、インフレ加速『日本経済新聞』朝刊2018年3月17日(総合5面)
  100. ^ World Happiness Report 2015 & World Happiness Report
  101. ^ World Happiness Report 2016 & World Happiness Report
  102. ^ World Happiness Report 2017 & World Happiness Report
  103. ^ [トランプ氏、ベネズエラ政権支持なら「軍は全て失う」と警告 “ベネズエラ、原油価格表示を人民元に”]. 産経新聞. (2019年2月19日). トランプ氏、ベネズエラ政権支持なら「軍は全て失う」と警告 2019年3月19日閲覧。 
  104. ^ “中国国家開発銀、ベネズエラ向け融資で痛手”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2015年6月19日). http://jp.wsj.com/articles/SB12208919310003153678304581057081613166712 2018年1月7日閲覧。 
  105. ^ “ベネズエラ、原油価格表示を人民元に”. AFP. (2017年9月16日). http://www.afpbb.com/articles/-/3143182 2018年3月3日閲覧。 
  106. ^ “ベネズエラ、原油価格表示を人民元に”. ロイター. (2017年12月3日). https://jp.reuters.com/article/venezuela-crypto-currency-idJPKBN1DY0AL 2018年1月7日閲覧。 
  107. ^ “ベネズエラが仮想通貨発行 「ペトロ」、1億単位”. 産経新聞. (2018年1月6日). http://www.sankei.com/economy/news/180106/ecn1801060017-n1.html 2018年1月7日閲覧。 
  108. ^ “ベネズエラ政府が独自の仮想通貨「Petro」を法令で発行”. Coin Choice. (2018年1月6日). https://coinchoice.net/venezuela_crypto_petro/ 2018年1月7日閲覧。 
  109. ^ ベネズエラ、デノミ発表 通貨1000分の1に切り下げ『日本経済新聞』夕刊2018年3月23日
  110. ^ Lizcano, Francisco. 2005. Composición Étnica de las Tres Áreas Culturales del Continente Americano al Comienzo del Siglo XXI Archived 2008年9月20日, at the Wayback Machine.. Convergencia. Centro de Investigación en Ciencias Sociales y Humanidades, UAEM. 38. pp 185-232
  111. ^ 子どもはごみあさり、兵士の不満増大 政治の影に隠れたベネズエラ国民の窮状”. CNN (2019年1月29日). 2019年1月28日閲覧。
  112. ^ https://www.cia.gov/library/publications/the-world-factbook/geos/ve.html 2009年3月30日閲覧
  113. ^ 世界の殺人発生率、最も高い国はホンジュラス 国連(CNN)
  114. ^ ベネズエラに対する渡航情報(危険情報)の発出(2009/01/30)(外務省 海外安全ホームページ)
  115. ^ (世界発2017)混迷ベネズエラ、逃れる人々 先住民ら貧困層、徒歩で隣国へ(2017年7月3日朝日新聞)
  116. ^ 【記者コラム】戦争のない祖国から逃れる人々”. AFP (2018年10月5日). 2018年11月15日閲覧。
  117. ^ 高橋秀明 『<WBC>ベネズエラ4強一番乗り プエルトリコを完封 | エキサイトニュース』 エキサイト株式会社、2009年3月17日。 オリジナルの2009年3月20日時点によるアーカイブhttps://web.archive.org/web/20090320021927/http://www.excite.co.jp/News/sports/20090317/20090317E50.068.html 





ベネズエラと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ベネズエラ」に関係したコラム

  • 世界の株価指数一覧

    株価指数は、証券取引所に上場している銘柄を一定の基準で選出し、それらの銘柄の株価を一定の計算方法で算出したものです。例えば、日本の株価指数の日経平均株価(日経平均、日経225)は、東京証券取引所(東証...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベネズエラ」の関連用語

ベネズエラのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ベネズエラのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベネズエラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのベネズエラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS