シント・マールテンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > シント・マールテンの意味・解説 

シント・マールテン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/28 00:26 UTC 版)

オランダ王国 > シント・マールテン
シント・マールテン
Sint Maarten
シント・マールテンの旗 シント・マールテンの紋章
(紋章)
モットー : Semper pro grediens(ラテン語)
(常に発展する)
国歌 : O Sweet Saint Martin's Land
シント・マールテンの位置
セント・マーチン島の地図
公用語 オランダ語英語
主都 フィリップスブルフ
国王 ウィレム=アレクサンダー
知事 ユージン・ホリデイ
首相 レオナ・マーリン=ロメオ
面積
 - 総面積
 - 水域

34 km2
0.26%
人口
 - 総人口(2013年7月)
 - 人口密度

39,689人[1]
1,167.3人/km2
通貨 アンティル・ギルダー (ANG)
時間帯 UTC -4
ISO 3166-1 SX / SXM
ccTLD .aw.sx(未供用)
国際電話番号 1-721

シント・マールテンオランダ語: Sint Maarten)は、カリブ海リーワード諸島小アンティル諸島北部)にあるセント・マーチン島(オランダ語名: シント・マールテン島)の南半部にある、オランダ王国構成国

地理

位置・広がり

オランダ王国の構成国「シント・マールテン」は、シント・マールテン島(セント・マーチン島)の南半分に位置する。この島の中央には国境線が引かれており、北半分がフランス領(サン・マルタン)となっている。南半分の「オランダ領側」を英語で Dutch Side とも呼び、対して北半分を French Side とも呼ぶ。

国境線の全長は 16 km [1]。1994年、オランダとフランスはセント・マーチン島国境管理条約 (Franco-Dutch treaty on Saint Martin border controlsに調印した。

地勢

シント・マールテンは山がちな地形であり、起伏に富んだ多くの丘と多くの入り江がある。また、砂州が発達し、多くの潟湖を擁している。まとまった広さの平坦な土地は砂州上などに限られている。海岸線の総延長は 364 km [1]

オランダ領側北端(島のほぼ中央)、フランス領側との境界にあるフラッグスタッフ山 (Flagstaff, 386 m [1]) がシント・マールテンの最高地点である(島全体の最高峰はフランス領側のピク・パラディである)。

西部にはシンプソン・ベイ・ラグーン (Simpson Bay Lagoonが広がっており、砂州上にプリンセス・ジュリアナ国際空港がある。また東南部にはグレート・ソルト・ポンド (Great Salt Pond) がある。グレート・ベイとグレート・ソルト・ポンドを分かつ砂州の上に首府フィリップスブルフが位置する。

気候

海洋性熱帯気候で、北東貿易風が卓越している。気候は温暖で、年平均降水量は1,500mm。7月から11月までハリケーン・シーズンである[1]

主要な地区

首府は、南部のフィリップスブルフ地区(人口1,338人)に置かれている。

最大の居住人口を持つ地区は東北部のローワー・プリンセズ・クウォーター (nl:Lower Prince's Quarter(8,123人)で、フランス領側から続く平坦な土地に居住地区が形成されている。このほか、クルドサック (nl:Cul de Sac (Sint Maarten)(7880人)、コール・ベイ (nl:Cole Bay(6046人)といった地区が多くの住民を擁している。

西部のシンプソン・ベイ・ラグーン周辺はリゾート地区となっている。

フィリップスブルフ 
海上からの眺め 

歴史

「発見」と争奪

この島は、1493年コロンブスによって「発見」され、サン・マルティン島(スペイン語: Isla de San Martín)と命名されたが、スペインはこの島への植民を重要視しなかった。島に注目をしたのは、フランスとオランダであった。オランダ人たちは、ニューアムステルダムブラジルの中間に拠点を欲していたのである。

1631年、オランダ人たちは町とアムステルダム砦 (Fort Amsterdam (Sint Maarten)を築いた。島の人口は少なかったため、拠点建設は容易に進んだ。Jan Claeszen Van Campen が最初の総督になり、間もなくオランダ西インド会社が塩鉱の経営に乗り出した。同様にフランス人やイギリス人の植民者も進出した。かれらが塩の交易に成功すると、スペインもこの島の価値に気づくようになった。当時、スペインとオランダは八十年戦争を繰り広げており、この島にも戦火は及んだ。

1633年、スペインがオランダから島を奪取し、入植者たちのほとんどを追放した (Capture of Saint Martin (1633)。スペインは Point Blanche に砦を建設している。オランダはその後たびたびセント・マーチン島の奪回を図ったが、すべて失敗に終わっている。のちにニューネーデルラント総督を務めることになるピーター・ストイフェサントは、1644年にセント・マーチン島への攻撃を指揮するも、片足を失っている (Attack on Saint Martin。スペインによる占領から15年後の1648年、八十年戦争は終結するが、このころにはスペインはカリブ海の拠点経営に関心を失っており、セント・マーチン島も放棄された。

フランスとの分割

国境モニュメントのひとつ

空白となった島に、オランダとフランスが再び植民に乗り出した。オランダはシント・ユースタティウス島から、フランスはセントキッツ島から、それぞれ植民者を島に送り込んだ。この過程で衝突も発生し、相手が容易に退かないことを知った双方は、全面戦争に突入することを避けるべく、1648年にコンコルディア条約 (Treaty of Concordiaに署名して島を二分した。その後、イギリスが島の支配を図り、フランス・オランダと激しく争うこととなった。1648年から1816年にかけて、持ち主の交替は16度も生じている。現在の状況が確定したのは、1815年パリ条約である。

オランダ領「シント・ユースタティウス植民地」の一部となったシント・マールテンは、その後「西インド植民地」の一部となった時期を経て、1845年以降ほかのカリブ海地域のオランダ領とともに「キュラソー植民地」の一部となり、キュラソー島ウィレムスタットの総督の管轄下に置かれた。

島には多くの奴隷が移入された。最初に島へ奴隷を連れてきたのはスペイン人たちであったが、プランテーションタバコ綿花が栽培されるようになると、移入され労働に従事させられた奴隷の数は膨大なものとなった。オランダ領側で奴隷制度が廃止されたのは1863年で[1]、これはフランス領側に後れること15年であった。

20世紀以後

奴隷制度廃止後、プランテーション経営は衰退し、島の経済も後退した。1939年、シント・マールテンは免税港を宣言し、経済発展に向けて進むようになる[1]。第二次世界大戦後の1948年、キュラソー植民地は「オランダ領アンティル」に名を改めた。1951年制定のオランダ領アンティル島嶼法によって、オランダ領アンティルを構成する島区(eilandgebied)に自治権が与えられるようになった。シント・マールテンを含むSSS諸島の島々はウィンドワード諸島区 (Eilandgebied de Bovenwindse Eilanden) としてまとめられた。1954年にオランダ領アンティルは自治領となった。

1950年代、シント・マールテンでは急速に観光産業が発展した[1]。一つの島がオランダとフランスとに分けられているユニークな地理的状況もあって観光熱は周囲の島々よりも高く、プリンセス・ジュリアナ国際空港1943年開港)は東カリブで最も利用者の多い空港となった。島全体の人口も5,000人程度から、1990年代半ばには8万人にまで増加した。1983年にはウィンドワード諸島区が分割され、シント・マールテンは単独の島区となった。

オランダ領アンティルの解体要求が高まると、2000年6月23日の住民投票ではオランダ領アンティルに残ることを選んだが、2006年6月1日の投票では脱退の方を選んでいる。2010年10月、オランダ領アンティルは解体された。シント・マールテンは、アルバキュラソーとともにオランダ本国と対等な、オランダ王国の構成国となった。

政治

裁判所はシント・マールテンの象徴的建築物で、紋章にも描かれている

シント・マールテン(Land Sint Maarten)は、オランダ王国構成国である。オランダ語では単に「国」を示す語(: land)で呼ばれる「構成国」の地位はオランダ王国憲章英語版に定められており、シント・マールテンはアルバキュラソーオランダ(オランダ本国)と対等な関係でオランダ王国を構成している。内政に関しては完全な自治権を持ち、軍事・外交についてはオランダ本国政府が責任を持つ。

オランダ領アンティルの解体に先立つ2010年7月21日、シント・マールテンの新憲法が島評議会で採択された。

シント・マールテンの立法機関である議会英語版は、従来の島評議会を改組したもので、議員数は15である。直近の総選挙英語版は2018年2月26日に投開票され、民主連合オランダ語版が7議席、国家連合英語版が5議席、シント・マールテン統一党英語版が2議席、キリスト教シント・マールテン党が1議席を獲得している。

首相英語版は議会によって選出される。

元首であるオランダ王国国王の名代として、Gouverneur (Governor of Sint Maartenが任命されている。2010年の「構成国シント・マールテン」成立以来、ユージン・ホリデイ英語版が務めている(2017年4月現在)。ユージン・ホリデイはフィリップスブルフ出身で、プリンセス・ジュリアナ国際空港の社長を務めていた人物である。

経済・産業

シント・マールテンの主要産業は観光業で、労働人口の4/5までが観光関連部門に従事する[1]。シント・マールテンを訪れる観光客は毎年100万人以上にのぼる[1]

農業・漁業とも盛んではなく、食糧は輸入によってまかなわれている[1]。農産・輸出品目としては砂糖がある[1]

歴史的にはで栄えていた。

タックス・ヘイヴンとしても知られる。リキュールの輸出もある。

社会

フィリップスブルフのバックストリート

住民

2013年7月現在、人口は39,689人[1]

サトウキビのプランテーションのためアフリカから奴隷として連れてこられた黒人がほとんどだがクレオールオランダ人の白人もいる。

言語

公用語は英語オランダ語[1]。もっとも使われる言語は英語である[2]

2001年の国勢調査によれば、以下の通り[1]

宗教

2001年の国勢調査によれば、宗教構成は以下の通り[1]

教育

American University of the Caribbean

島には複数の高等教育機関がある。

スポーツ

サッカーでは、シント・マールテン・リーグ (Sint Maarten Leagueがある。シント・マールテンサッカー協会英語版はFIFA未加盟であるため、サッカーシント・マールテン代表ワールドカップには出場できない。カリビアンカップにも不参加が続いている。

交通

空港

西部の砂州上に位置するプリンセス・ジュリアナ国際空港は、セント・マーチン島最大の空港である。狭小な砂州上という立地ながら2,433mの滑走路を持ち、大型ジェット機の着陸も辛うじてではあるが可能である。毎年100万人以上にのぼる観光客のほとんどはこの空港で受け入れており[1]、観光で成り立つ島の重要な施設である。空港に隣接するマホ・ビーチ英語版では、上空を低空で通過するジェット機を見ることができ、この島の観光名所となっている。

港湾

  • シント・マールテン港

正式名称は「Dr. A.C. Wathey Cruise & Cargo Facility」[2]。フィリップスブルフのグレート・ベイを中心に港湾施設が整備されている[3]

プリンセス・ジュリアナ国際空港 
空港への着陸 
港 

脚注

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q Sint Maarten”. CIA The World Factbook. CIA. 2014年7月17日閲覧。
  2. ^ a b About St.Maarten - シント・マールテン観光局公式サイト - 2012年1月23日閲覧
  3. ^ Port of St. Maarten

関連項目

外部リンク


聖マルティヌス

(シント・マールテン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/26 07:23 UTC 版)

マルティヌスラテン語: Sanctus Martinus)は、キリスト教の複数の聖人の名。各言語で以下のように表記され、これに因んだ地名が各地にある。

人名

聖人

マルティヌス(およびその派生形)の名を持ち列聖された人物は複数いるが、西ヨーロッパにおいてはフランク王国(ひいてはフランス)の守護聖人とされ、11月11日を聖名祝日(聖マルティヌスの日)に持つトゥールのマルティヌスを指すことが多い。

その他

地名

その他

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

シント・マールテンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

イトアミジ

逆反り

ディロフォサウルス・シネンシス

追い切り

長崎炒麺

チェンソー

Gallardo Spyder

日引





シント・マールテンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシント・マールテン (改訂履歴)、聖マルティヌス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS