コロンブスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > コロンブスの意味・解説 

コロンブス【Christophorus Columbus】


コロンブス

作者佐藤春夫

収載図書定本 佐藤春夫全集33
出版社臨川書店
刊行年月2000.3


コロンブス

名前 ColumbusColombo

コロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/03 09:08 UTC 版)

コロンブス(Columbus、[kəˈlʌmbəs]




「コロンブス」の続きの解説一覧

コロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/11 05:19 UTC 版)

ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)」の記事における「コロンブス」の解説

実在した歴史的人物自分勝手で泣き虫性格から、船員達から「コロちゃん」と呼ばれタメ口話されるなど、徹底的に見下されウザがられ、馬鹿にされている。別名「コロンブちゃん」「コロ助」。

※この「コロンブス」の解説は、「ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)」の解説の一部です。
「コロンブス」を含む「ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)」の記事については、「ギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系)」の概要を参照ください。


コロンブス(イタリア・ジェノバ駅)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 06:02 UTC 版)

桃太郎電鉄WORLD」の記事における「コロンブス(イタリア・ジェノバ駅)」の解説

「モモタローランド」も含む現在の所持金独占できる物件駅提示され指定した駅に飛ばしてくれる(移動後にサイコロ・カードが使用可能)。

※この「コロンブス(イタリア・ジェノバ駅)」の解説は、「桃太郎電鉄WORLD」の解説の一部です。
「コロンブス(イタリア・ジェノバ駅)」を含む「桃太郎電鉄WORLD」の記事については、「桃太郎電鉄WORLD」の概要を参照ください。


コロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 14:13 UTC 版)

天地創造 (ゲーム)」の記事における「コロンブス」の解説

航海術発達させアメリカ大陸発見したが、帰国スペイン女王ブラッディマリー捕らえられた。

※この「コロンブス」の解説は、「天地創造 (ゲーム)」の解説の一部です。
「コロンブス」を含む「天地創造 (ゲーム)」の記事については、「天地創造 (ゲーム)」の概要を参照ください。


コロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:50 UTC 版)

海賊 (ONE PIECE)」の記事における「コロンブス」の解説

ヨンタマリア大船団一員

※この「コロンブス」の解説は、「海賊 (ONE PIECE)」の解説の一部です。
「コロンブス」を含む「海賊 (ONE PIECE)」の記事については、「海賊 (ONE PIECE)」の概要を参照ください。


コロンブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:10 UTC 版)

ウエルバ」の記事における「コロンブス」の解説

ウエルバ県観光名所は、クリストファー・コロンブス史跡である。史跡は、ウエルバ、モゲール、パロス・デ・ラ・フロンテーラおよびラビダ修道院にある。修道院は、コロンブスがフランシスコ会援助求めた所である。フランシスコ会はコロンブスを地元金持ち船乗りピンソン兄弟や、フェルナンド2世イサベル1世紹介したそうした交渉により、援助地元乗員船長を含む)を得て、コロンブスは最初の航海準備整えることができた。コロンブスはウエルバ船乗りアロンソ・サンチェスと相談して最終的なルート決めた仮定されている。 コロンブスはこの地アイデア理論交換し当時ヨーロッパ権威には拒否されていた政治的経済的な支援を得ることができた。

※この「コロンブス」の解説は、「ウエルバ」の解説の一部です。
「コロンブス」を含む「ウエルバ」の記事については、「ウエルバ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コロンブス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コロンブス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コロンブスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「コロンブス」に関係したコラム

  • FXやCFDなどの取引市場の休場日は

    FXやCFDなどの取引が行われている市場の休場日は、その国の祝日や土曜日、日曜日になります。しかし、その国が祝日であっても他の国々では祝日ではないことが多いので取引は行われます。例えば、2012年9月...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コロンブス」の関連用語

コロンブスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コロンブスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコロンブス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのギャグマンガ日和の登場キャラクター (パロディ系) (改訂履歴)、桃太郎電鉄WORLD (改訂履歴)、天地創造 (ゲーム) (改訂履歴)、海賊 (ONE PIECE) (改訂履歴)、ウエルバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS