情報機関とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 機関 > 機関 > 情報機関の意味・解説 

じょうほう‐きかん〔ジヤウホウキクワン〕【情報機関】


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 15:37 UTC 版)

情報機関(じょうほうきかん、: intelligence services: Espionage agencies)とは、国家安全保障の観点から情報(インテリジェンス)を収集・分析し、政府首脳に報告する政府機関である。諜報機関(ちょうほうきかん)と同義[1]




「情報機関」の続きの解説一覧

情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/24 23:58 UTC 版)

ジャストコーズ3」の記事における「情報機関」の解説

エージェンシー (The Agency) リコシェルドン勤務している組織作中には名前は出てこないがCIAモデル

※この「情報機関」の解説は、「ジャストコーズ3」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「ジャストコーズ3」の記事については、「ジャストコーズ3」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/07 09:22 UTC 版)

軍事力」の記事における「情報機関」の解説

情報面における二次的な軍事力構成要素である。情報機関が行諜報活動例えシギントヒューミント、イミント、オシントなどから得られ情報は分を通じて国家による意思決定をより的確なものにし、軍事外交など戦略策定においてその効率大きく引き上げる[要出典]。また、偵察諜報によってえられた情報迅速に部隊伝達することで、効率的な部隊運用可能にする。とくに戦時における機密保持防諜は、国家での意思決定漏洩防止をはじめ現地部隊での戦術立案にも関わる重要事項である。太平洋戦争における米軍日本の外交暗号や、旧日本海軍暗号など各種の暗号解読することに成功した[要出典]ことによって、外交交渉において日本側内部事情を知ることができ、また作戦立案時に理論上適当な戦力戦場投入することが可能であった

※この「情報機関」の解説は、「軍事力」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「軍事力」の記事については、「軍事力」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/03 16:46 UTC 版)

Just Cause 2」の記事における「情報機関」の解説

CIA アメリカ中央情報局リコ勤務している情報・諜報機関

※この「情報機関」の解説は、「Just Cause 2」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「Just Cause 2」の記事については、「Just Cause 2」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 21:40 UTC 版)

Just Cause」の記事における「情報機関」の解説

CIA 主人公勤務するアメリカの情報機関。

※この「情報機関」の解説は、「Just Cause」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「Just Cause」の記事については、「Just Cause」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/30 03:18 UTC 版)

軍隊」の記事における「情報機関」の解説

情報機関とは一連の情報活動行っている機関であり、諜報機関とも呼ばれる軍隊における情報機関は主に軍事情報属す情報資料収集しており、人的物的な情報資料収集データベース作成情勢資料分析上層部への重要な情報報告などを具体的な業務としている。情報機関は情報活動領域衛星写真地理的な特徴についての情報を扱う部署通信レーダー等の電子的な情報を扱う部署対外的情報保全する防諜担当する部署収集された情報資料総合的に分析する部署などに分かれているが、情報機関の組織は国によって異なる

※この「情報機関」の解説は、「軍隊」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「軍隊」の記事については、「軍隊」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/21 04:56 UTC 版)

ローデシア軍」の記事における「情報機関」の解説

ローデシア中央情報局Central Intelligence Organaization) ローデシア政府諜報機関ラジオ局使ったプロパガンダ生物・化学兵器開発行っていた。 ローデシア軍情報部(Rhodesian Intelligence Corpsローデシア軍諜報機関。軍のための情報収集担当したスペシャル・ブランチ (Special Branch) ブリティッシュ・サウス・アフリカ・ポリス公安部門を担当する機関ローデシア中央情報局指揮下にあった。 彼らが創設した特殊部隊後にセルース・スカウツとなり、その後セルース・スカウツとは密接な関係となった

※この「情報機関」の解説は、「ローデシア軍」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「ローデシア軍」の記事については、「ローデシア軍」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/12 23:08 UTC 版)

中華民国」の記事における「情報機関」の解説

1928年成立した国民政府は、中国大陸統治時代各地軍閥対峙したほか、日本抗日戦争)や「共匪」(国共内戦)と長期にわたる軍事衝突続けていた。また、1949年以降も「一つの中国」(正統な中国政府」の立場を巡って中華人民共和国激しく対峙していたため、国府敵対組織に対する強力な諜報防諜能力を必要としていた。このような経緯があり、1990年代民主化以降も、中華民国には下記の通りに情報機関が存在している。 総統府国家安全会議 (NSC, National Security Council)国家安全局 (NSB, National Security Bureau) 国防部軍事情報局 (MIB, Military Intelligence Bureau) 電訊発展室 (CDO, Communications Development Office) 法務部調査局 (MJIB, Ministry of Justice Investigation Bureau)

※この「情報機関」の解説は、「中華民国」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「中華民国」の記事については、「中華民国」の概要を参照ください。


情報機関

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 05:26 UTC 版)

フランス」の記事における「情報機関」の解説

詳細は「フランスの情報機関(フランス語版)」および「フランス情報機関の一覧英語版)」を参照 対外治安総局 (DGSE)(Direction rale de la Sécurité Extérieure) -SDECE―防諜外国資料局より改称軍事偵察局 (DRM)(Direction du Renseignement Militaire) - 軍事偵察局国防省属す機関国内治安総局(DGSI) (Direction centrale du renseignement intérieur;)(内務省属す機関

※この「情報機関」の解説は、「フランス」の解説の一部です。
「情報機関」を含む「フランス」の記事については、「フランス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「情報機関」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「情報機関」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



情報機関と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報機関」の関連用語

情報機関のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報機関のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報機関 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのジャストコーズ3 (改訂履歴)、軍事力 (改訂履歴)、Just Cause 2 (改訂履歴)、Just Cause (改訂履歴)、軍隊 (改訂履歴)、ローデシア軍 (改訂履歴)、中華民国 (改訂履歴)、フランス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS