エクアドルとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 国家 > 共和国 > エクアドルの意味・解説 

エクアドル 【Ecuador】

南アメリカ北西部共和国首都キト国名スペイン語で〈赤道〉の意。古くは約五〇種族インディオが混住していたが、やがてキト族が支配し、一四六〇年インカ帝国征服され、一五三三年スペイン植民地一八二二年コロンビア連邦に加わり、三〇年に分離独立、五年後共和憲法制定イエズス会が入っていたが、独立初代大統領は会士追放を進めた。だが次の大統領は会士を呼び戻し宗教色の濃い政治を行った。現在、信教は自由だが大半カトリック

エクアドル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/22 15:12 UTC 版)

エクアドル共和国エクアドルきょうわこくスペイン語: República del Ecuador)、通称エクアドルは、南アメリカ西部に位置する共和制国家。北にコロンビア、東と南にペルーと国境を接し、西は太平洋に面する。本土から西に1,000キロメートルほど離れたところにガラパゴス諸島(スペイン語ではコロン諸島:Archipiélago de Colón)を領有する。首都はキトで、最大の都市はグアヤキルである。なお、国名のエクアドルはスペイン語で「赤道」を意味する[2]




  1. ^ a b c d e f World Economic Outlook Database, October 2014” (英語). IMF (2014年10月). 2015年1月5日閲覧。
  2. ^ 外務省 エクアドルという国-日本・エクアドル外交関係樹立100周年”. 外務省. 2018年8月20日閲覧。
  3. ^ a b 荒巻健二 「SDRM IMFによる国家倒産制度提案とその評価」 開発金融研究所報 2003年3月 第15号 63-66頁
  4. ^ エクアドル、ベネズエラ主導の左派同盟ALBAから脱退”. ジェトロ (2017年8月19日). 2018年8月27日閲覧。
  5. ^ Ecuador se retira de Unasur y abre la puerta a nuevas iniciativas de integración” [Ecuador withdraws from Unasur and opens the door to new integration initiatives] (スペイン語). El País (2019年3月14日). 2019年5月7日閲覧。
  6. ^ Líderes sul-americanos assinam documento para criação do Prosul” (ポルトガル語). G1 (2019年3月22日). 2019年6月17日閲覧。
  7. ^ “ベネズエラ難民、受け入れ国でトラブル 近隣国、国際会議で有効な対策打てず”. 日本経済新聞. (2018年9月5日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO35015560V00C18A9FF2000/ 2019年3月14日閲覧。 
  8. ^ “エクアドル政府、ベネズエラ大使を国外追放”. 日本経済新聞. (2018年10月19日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO36673770Z11C18A0000000/ 2019年5月7日閲覧。 
  9. ^ 志賀大祐 (2019年2月22日) (PDF). モレノ政権、ベネズエラのグアイド暫定大統領への接近鮮明. 日本貿易振興機構(ジェトロ)アジア経済研究所. https://www.jetro.go.jp/biznews/2019/02/0f223454ae265378.html. 
  10. ^ 路上に放置された遺体の数々…新型コロナまん延のエクアドル、副大統領が謝罪”. AFP (2020年4月5日). 2020年5月14日閲覧。
  11. ^ エクアドル、大統領給与5割カットへ 新型コロナ対策で閣僚、議員も”. 時事通信 (2020年4月13日). 2020年5月14日閲覧。
  12. ^ 医療崩壊の最前線、トイレにまで積み重ねられた遺体 エクアドル”. 時事通信 (2020年4月30日). 2020年5月14日閲覧。
  13. ^ 「エクアドル共和国」『世界年鑑2016』(共同通信社、2016年)379頁。
  14. ^ 新木秀和(編著) 『エクアドルを知るための60章』明石書店、2006年 pp.62-66
  15. ^ “Amazon threatened by China-Ecuador loans for oil”. China Dialogue. (2017年3月7日). https://www.chinadialogue.net/article/show/single/en/9651-Amazon-threatened-by-China-Ecuador-loans-for-oil 2018年8月6日閲覧。 
  16. ^ “ペトロエクアドル、中国石油天然気に原油輸出開始=高官”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2013年10月1日). http://jp.wsj.com/articles/SB10001424052702304827404579108363622004696 2018年8月5日閲覧。 
  17. ^ “How China took control of Ecuador’s oil | Financial Post”. Financial Post. (2013年11月26日). https://business.financialpost.com/commodities/energy/how-china-took-control-of-ecuadors-oil 2018年8月22日閲覧。 
  18. ^ “China y su agresiva política militar para Latinoamérica”. FAV-Club. (2017年1月6日). https://www.fav-club.com/2017/01/06/china-y-su-agresiva-politica-militar-para-latinoamerica/ 2018年9月8日閲覧。 
  19. ^ “China's Pivot To Latin America: Beijing's Growing Security Presence In America's Backyard”. フォーブス. (2016年2月20日). https://www.forbes.com/sites/paulcoyer/2016/02/20/chinas-pivot-to-latin-america-beijings-growing-security-presence-in-americas-backyard/ 2018年9月8日閲覧。 
  20. ^ “New dam symbolizes Ecuador's burgeoning ties with China”. EFE. (2016年11月19日). https://www.efe.com/efe/english/business/new-dam-symbolizes-ecuador-s-burgeoning-ties-with-china/50000265-3101396 2018年8月5日閲覧。 
  21. ^ “Made in China, Exported to the World: The Surveillance State”. ニューヨーク・タイムズ. (2019年4月24日). https://www.nytimes.com/2019/04/24/technology/ecuador-surveillance-cameras-police-government.html 2019年5月7日閲覧。 
  22. ^ “Lenín Moreno dice que el ECU 911 se usó de manera ‘perversa’ para espionaje”. El Comercio. (2019年4月25日). https://www.elcomercio.com/actualidad/lenin-moreno-ecu-911-espionaje.html 2019年5月7日閲覧。 
  23. ^ Ecuador’s All-Seeing Eye Is Made in China”. フォーリン・ポリシー (2018年8月9日). 2018年8月11日閲覧。
  24. ^ Ecuador is fighting crime using Chinese surveillance technology”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト (2018年1月22日). 2018年8月5日閲覧。
  25. ^ 内閣府による県民経済計算 (PDF)
  26. ^ 未利用地を農家に分配しんぶん 赤旗 2009年12月24日
  27. ^ [円借款] 案件概要書 (PDF)”. 日本外務省 (2015年8月25日). 2016年6月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  28. ^ エクアドル経済の現状と今後の展望 〜 「ドル化」したエクアドル経済のゆくえ 〜 (PDF)”. 三菱UFJリサーチ&コンサルティング (2016年1月27日). 2016年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年5月23日閲覧。
  29. ^ Ecuador Voted The Best Place In The World To Live In Retirement Business Insider 2013年5月14日
  30. ^ エクアドルの中絶問題:女性の声は届くのか |” (日本語). GNV. 2020年1月3日閲覧。
  31. ^ CIA - The World Factbook -- Ecuador
  32. ^ https://www.globalnote.jp/post-1697.html
  33. ^ 新木秀和(編著) 『エクアドルを知るための60章』明石書店、2006年 p.191
  34. ^ 新木秀和(編著) 『エクアドルを知るための60章』明石書店、2006年 p.154
  35. ^ 新木秀和(編著) 『エクアドルを知るための60章』明石書店、2006年 p.155


「エクアドル」の続きの解説一覧



エクアドルと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「エクアドル」の関連用語

エクアドルのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



エクアドルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2020 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエクアドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのエクアドル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS