四国新聞社とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 四国新聞社の意味・解説 

四国新聞

(四国新聞社 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/14 01:22 UTC 版)

四国新聞(しこくしんぶん、英名: The Shikoku Shimbun)は、香川県高松市に本社を置く株式会社四國新聞社が発行する地方紙である。公式サイトやロゴマークでは「四国新聞」表記だが、登記上の会社名は「四國新聞」、紙面の題字は「新」の本字を使用した「四國聞」である。


注釈

  1. ^ 後に子どもの健康改善に関するキャンペーン報道が評価されて、2019年9月に日本新聞協会賞(経営・業務部門)を受賞した[2]
  2. ^ したがって、1906年に発表された夏目漱石の小説「坊つちやん」に登場する「四国新聞」は本紙とは無関係である。
  3. ^ これらの地域は従来通り、鳥取県全域、島根県の隠岐島を含む大半の地域は摂津工場から、島根県西部のごく一部、山口県全域は毎日新聞西部本社が運営する毎日新聞九州センターの北九州市にある工場からの直送を継続。

出典

  1. ^ “22年6月ABC部数”. 新聞情報. (2022年9月9日) 
  2. ^ 四国新聞に新聞協会賞 子どもの健康改善キャンペーン 「新聞の信頼や価値向上に貢献」”. 四国新聞(2019年9月6日作成). 2020年3月20日閲覧。
  3. ^ 小林拓矢 (2017-11-01). 読売新聞は100万部減…瀕死の新聞業界、なぜか部数減らない新聞の「意外な共通点」. サイゾー. http://biz-journal.jp/2017/11/post_21179.html 2018年4月5日閲覧。. 
  4. ^ プチ鹿島. ““平井卓也推し”を隠さない四国新聞…「身内びいき」せざるを得ない記者の“本音”とは?”. 文春オンライン. 2023年4月3日閲覧。
  5. ^ 平井デジタル相の親族企業・四国新聞はなぜ共同記事を“足し引き”したのか? 「ワニ新聞」の持つ思惑やいかに”. 週刊文春プチ鹿島 (2021年6月22日). 2021年10月13日閲覧。
  6. ^ 「命懸けで取り組む」 祖父、父の墓前で意気込み 平井デジタル改革相 就任後、初の帰郷 | BUSINESS LIVE”. BUSINESS LIVE 四国新聞社. 2023年4月3日閲覧。
  7. ^ プチ鹿島. “平井デジタル相の親族企業・四国新聞はなぜ共同記事を“足し引き”したのか? 「ワニ新聞」の持つ思惑やいかに”. 文春オンライン. 2023年4月3日閲覧。
  8. ^ プチ鹿島. “「徹底的に干す」「脅しておいて」発言の“ワニ大臣”平井卓也デジタル担当相 弟が社長を務める四国新聞が報じた見出しは…?”. 文春オンライン. 2023年4月3日閲覧。
  9. ^ 中北浩爾「ジャイアンのような自民党の強さと香川1区」 『「香川1区」公式プログラム』ネツゲン、2021年12月24日。
  10. ^ 川田惇史 (2023年5月19日). “四国新聞、朝刊1面の日付を「4月19日」と1カ月間違える”. 朝日新聞. 2023年5月20日閲覧。
  11. ^ 弊社工場操業停止の社員説明会を行いました。(2020年4月1日・毎日新聞中四国印刷、2021年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ)・毎日、四国新聞に印刷委託 スポニチは山陽に―中四国6県[リンク切れ](2020年3月18日・時事通信社)
  12. ^ 四国新聞六十五年史』 - 国立国会図書館デジタルコレクション
  13. ^ 香川ゲーム条例ふたつの問題”. ASCII倶楽部(2020年2月4日作成). 2020年3月20日閲覧。


「四国新聞」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四国新聞社」の関連用語

四国新聞社のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四国新聞社のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの四国新聞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS