立憲政友会とは?

りっけん‐せいゆうかい〔‐セイイウクワイ〕【立憲政友会】


立憲政友会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/19 09:19 UTC 版)

立憲政友会(りっけんせいゆうかい、旧字体:立憲政友會[13])は、戦前帝国議会において日本最初の本格的政党内閣を組織した政党[5]明治後期から昭和前期の代表的な政党である[14]。略称は政友会(せいゆうかい)[15]




  1. ^ 但し中立派は少数で、実質的には多数を占める革新派と正統派の並立状態であった。
  2. ^ 犬養によって「平和の精神と平和の行為とを以て四方に発展し、如何なる弱国に対しても断じて武力に頼らず、断じて侵略を野心を挟まず、平和なる商人、平和なる工人、平和なる農民として四隣を闊歩し、以て世界同胞の実を挙げんと欲するものである」と宣言された党の指導精神である[22]
  3. ^ のちにいったん復党して護憲運動で活躍するが、再び党幹部と対立して離党している。
  4. ^ 安井は中国銀行前身会社の一つの岡山貯蓄銀行創立者(立身致富信用公録近代デジタルライブラリー)。なお3名は異議を申立てた(帝国議会議事録国立国会図書館 )。
  5. ^ 当時華族の当主には衆議院議員の被選挙権がなかった。
  1. ^ a b 宇野 1991, p. 978
  2. ^ a b 宇野 1991, p. 1073
  3. ^ 井上 2012, pp. 223-224
  4. ^ 井上 2012, pp. 224-225
  5. ^ a b 大辞林 第三版 コトバンク. 2018年9月13日閲覧。
  6. ^ a b Rikken Seiyūkai political party, Japan. (英語) Britannica.com. 2019年3月18日閲覧。
  7. ^ 井上 2012, p. 48
  8. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典. コトバンク. 2018年9月13日閲覧。
  9. ^ 井上 2012, p. ii
  10. ^ 井上 2012, p. 112
  11. ^ 井上 2012, pp. 7, 84
  12. ^ ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 - 中央新聞 コトバンク. 2018年10月4日閲覧。
  13. ^ 青野権右衛門 (1935). 日本政党変遷史. 安久社. p. 148. doi:10.11501/1079277. https://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/1079277/89 2020年1月1日閲覧。 
  14. ^ a b 百科事典マイペディア コトバンク. 2018年10月4日閲覧。
  15. ^ せいゆう‐かい セイイウクヮイ【政友会】”. コトバンク. 精選版 日本国語大辞典. 2019年12月11日閲覧。
  16. ^ 井上 2012, pp. i, iii
  17. ^ せいゆうかい【政友会】”. コトバンク. 平凡社『世界大百科事典 第2版』. 2019年12月11日閲覧。
  18. ^ a b c d e 季武嘉也・武田知己編 『日本政党史』 吉川弘文館、2011年、94-95頁。ISBN 978-4-642-08049-1
  19. ^ a b 井上 2012, p. i
  20. ^ a b 井上 2012, p. 4
  21. ^ 阿部恒久. 日本大百科全書(ニッポニカ). コトバンク. 2019年3月18日閲覧。
  22. ^ a b 井上 2012, pp. 107-108
  23. ^ 井上 2012, p. 11
  24. ^ 井上 2012, p. 83
  25. ^ 宇野 1991, p. 979
  26. ^ 宇野 1991, p. 974
  27. ^ 井上 2012, p. 5
  28. ^ 井上 2012, p. 7
  29. ^ 望月和彦「大正デモクラシー期における政権再編」2010年(『桃山法学』第15号)
  30. ^ a b 『昭和の政党』、356-357頁。
  31. ^ a b 『占領と民主主義』、98-99頁。
  32. ^ a b 『昭和の政党』、394頁。
  33. ^ 『昭和の政党』、394-395頁。
  34. ^ a b c 『昭和の政党』、395頁。
  35. ^ 『昭和の政党』、396頁。
  36. ^ 『昭和の政党』、392頁、399頁。
  37. ^ 『占領と民主主義』、99-100頁。
  38. ^ 第八八、八九回帝国議会 貴族院・衆議院解説
  39. ^ a b 『戦時議会史』、538-539頁。
  40. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am 『日本官僚制総合事典 1868-2000』
  41. ^ a b c d e f g h i j k l 村川一郎編『日本政党史辞典 下』2000年、国書刊行会
  42. ^ 總選擧に面して大阪朝日新聞記事 1924年(大正13年)2月2日
  43. ^ 現内閣を攻める時期は既に過ぎ去った大阪朝日新聞記事 1927年(昭和2年)4月17日


「立憲政友会」の続きの解説一覧



立憲政友会と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立憲政友会」の関連用語

立憲政友会のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立憲政友会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの立憲政友会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS