桂太郎とは?

桂太郎

桂太郎
総理在職期間
[第1次]明34. 6. 2~明39. 1. 71,681
[第2次]明41. 7.14~明44. 8.301,143
[第3次]大元.12.21~大 2. 2.2062日
在職通算日数2,886日
総理就任時年齢:53歳・60歳・65歳

桂太郎 かつら たろう

桂太郎の肖像 その1
桂太郎の肖像 その2
桂太郎の肖像 その3
桂太郎の肖像 その4
弘化4年11月28日大正2年10月10日1848~1913)

山口生まれ。陸軍軍人、政治家。父は萩藩士。戊辰戦争従軍明治3年(1870)ドイツ留学8年(1875)ドイツ公使館付武官となり再び渡欧ドイツ軍政調査研究従事11年(1878)に帰国後、山県有朋の下で兵制陸軍官制改革を行う。19年(1886)陸軍次官日清戦争では第3師団長。第2代台湾総督東京防禦総督経て第3次伊藤内閣陸相となり、第1次大隈・第2次山県・第4次伊藤内閣でも留任した。その後西園寺公望交代で首相をつとめ(桂園時代)、日英同盟締結日露戦争日韓併合などを主導した。元老として内大臣をつとめたのち、再び首相となるが、憲政擁護運動により退陣した。

キーワード 陸軍軍人, 政治家, 首相
著作等(近代デジタルライブラリー収載
  1. 処世訓 / 桂太郎述 ; 田中収吉編 宝文館, 明45.7 <YDM10450>

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

桂太郎

読み方かつら たろう

政治家陸軍大将山口県生。名は清澄、号は海城、幼字を寿熊・左中と称し、のち太郎改める。総理大臣を三回務め外交上も大い手腕発揮した。大正2年(1913)歿、67才。

桂太郎

以下の映画桂太郎関連しています。


桂太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/29 23:53 UTC 版)

桂 太郎(かつら たろう、1848年1月4日弘化4年11月28日〉- 1913年大正2年〉10月10日)は、日本武士長州藩士)、陸軍軍人政治家日露戦争時の内閣総理大臣で、西園寺公望(第12代・14代内閣総理大臣)と交互に首相を務めた期間は「桂園時代」と呼ばれた。「ニコポン宰相」[1][注釈 1]の異名を持ち、通算在職日数は2,886日(2019年12月現在歴代2位)。第3次内閣は第一次護憲運動を受けて退陣し、その翌年に病没した[2][3][4]。軍人としての階級陸軍大将で、位階勲等功級爵位は、従一位大勲位功三級公爵




注釈

  1. ^ 「ニコポン宰相」は『東京日日新聞』記者の小野賢一郎による命名といわれる[1]。単に「ニコポン」という呼び名も見受けられる[2]。誰にでも愛想がよく、ニコニコ笑いながら相手の背中をポンと叩くという親しみを感じさせる人心収攬術にたけていたことから[要出典]人物」節も参照)。
  2. ^ 林茂千葉功など。伊藤之雄大久保利謙は否定し(ている[5]
  3. ^ 陸海軍大将のなかでも軍功が抜群な者は特にこれを終身現役の大将として元帥の称号を冠することを許し、彼らが大元帥たる天皇の軍事面における最高顧問となった。したがって元帥は軍人としては最高の栄誉に他ならなかったが、軍人としての器よりも政治家としての器の方がはるかに大きかった桂にとって、それはなによりも有難迷惑なものでしかなかった。伊藤博文政友会にならって自身も新党を結成し、今後とも議会政治に対する影響力を一層伸張していくことを模索していた桂は、元帥府に列して現役軍人の身分が生涯つきまとうと、それが自身が望む政党党首となることを否定するものとなるばかりか、一政治家としての政治活動さえも著しく制限するものになることを嫌ったのである。

出典

  1. ^ a b 三好徹「日露戦争を勝利に導いた影のヒーロー 図太き“ニコポン宰相” 桂 太郎」『実録首相列伝―国を担った男達の本懐と蹉跌』学研〈歴史群像シリーズ(70号)〉、2003年6月、57-58頁、ISBN 4056031517
  2. ^ a b 「二大政党制を確立した日露戦争時の首相 桂太郎」『[決定版]図説・明治の群像296』学研〈歴史群像シリーズ特別編集〉、2003年、24頁、ISBN 4056032599
  3. ^ 桂太郎 かつら たろう (1848〜1913)”. 近代日本の肖像. 国立国会図書館. 2020年7月13日閲覧。
  4. ^ 桂太郎 1847-1913”. 明治宰相列伝'. 国立公文書館. 2020年7月13日閲覧。
  5. ^ 伊藤之雄『元老―近代日本の真の指導者たち』中央公論新社、2016年。
  6. ^ 安倍首相、在職日数が歴代最長に 106年ぶり更新”. 朝日新聞. (2019年11月19日) 2019年12月3日閲覧。
  7. ^ a b 澤村修治『天皇のリゾート:御用邸をめぐる近代史』図書新聞 2014年 ISBN 9784886114600 pp.157-174.
  8. ^ 商業会議所法』(明治34年3月25日法律第31号)、官報国立国会図書館
  9. ^ 『官報』第621号「叙任及辞令」1885年7月27日。
  10. ^ 『官報』第1003号「叙任及辞令」1886年11月1日。
  11. ^ 『官報』第2086号「叙任及辞令」1890年6月14日。
  12. ^ 『官報』第3991号「叙任及辞令」1896年10月15日。
  13. ^ 『官報』第7770号「叙任及辞令」1909年5月22日。
  14. ^ 『官報』第363号「叙任及辞令」1913年10月13日。
  15. ^ 『官報』第718号「賞勲叙任」1885年11月20日。
  16. ^ 『官報』第1929号「叙任及辞令」1889年12月2日。
  17. ^ 『官報』第2357号「叙任及辞令」1891年5月12日。
  18. ^ 『官報』第3644号「叙任及辞令」1895年8月21日。
  19. ^ 『官報』第5548号「叙任及辞令」1901年12月28日。
  20. ^ 『官報』第5593号「叙任及辞令」1902年2月28日。
  21. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年1月28日。
  22. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」1907年9月23日。
  23. ^ 『官報』第7771号「叙任及辞令」1909年5月24日。
  24. ^ コマ4「◯授爵、敍任及辭令 ◯明治四十四年四月二十二日 …依偉勲特陞授公爵 正二位大勲位功三級侯爵 桂太郎…」
  25. ^ 『官報』第205号・付録「辞令」1913年4月9日。
  26. ^ コマ5「◯宮廷錄事 ◯勅書 一昨二十二日陸軍大將公爵桂太郎ニ對シ左ノ勅書ヲ賜ハリタリ
    朕陸軍大將正二位大勲位功三級公爵桂太郎ヲ待ツニ特ニ大臣ノ禮ヲ以テシ茲ニ元勲優遇ノ意ヲ昭ニス」
  27. ^ 勅語類・大正詔勅・乾:桂公爵ニ賜フ勅書」 アジア歴史資料センター Ref.A14110303800 
  28. ^ コマ2
  29. ^ 『官報』第5365号「叙任及辞令」1901年5月24日。ただし同報では「フランス共和国グランオフィシェードロルドルナショナルドラレジョンドノール勲章」と記載。
  30. ^ 『官報』第6893号「叙任及辞令」1906年6月22日。ただし同報には「ローマ法王ピーヌーフ第一等勲章」と記載。
  31. ^ 『官報』第8123号「叙任及辞令」1910年7月20日。
  32. ^ 宇野(2006年)、P272 - P275、P284 - P285。
  33. ^ 竹内正浩『「家系図」と「お屋敷」で読み解く歴代総理大臣 明治・大正篇』(実業之日本社、2017年)P116 - P118
  34. ^ コマ8「◯彙報 ◯華族卒去 公爵桂太郎長男正五位桂與一ハ一昨十六日卒去セリ」
  35. ^ a b 「桂太郎(明治の首相)が、軍人として名古屋に来たとき知り合った女性(のちに夫人となる)について知りたい。」 - レファレンス協同データベース
  36. ^ 『明治美人伝』長谷川時雨


「桂太郎」の続きの解説一覧



桂太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類

第二次世界大戦前の日本の政治家 町田忠治  大石正巳  桂太郎  小倉正恆  前島密
貴族院侯爵議員 西郷寅太郎  大隈信幸  桂太郎  蜂須賀正韶  筑波藤麿
日本の内閣総理大臣 清浦奎吾  福田赳夫  桂太郎  鈴木善幸  松方正義
貴族院公爵議員 鷹司信輔  一条実輝  桂太郎  一条実孝  三条公輝
日本の陸軍軍人 那須弓雄  松井太久郎  桂太郎  松村知勝  細谷清
日本の教育者 大原敬子  藤原繁  桂太郎  杉田敏  屋良朝苗
教育関係人物 世阿弥  岡田吉弘  桂太郎  竹内洋  ヘルマン・ノール
日本の子爵 栗野慎一郎  本多忠貫  桂太郎  京極高富  石黒忠悳
日本の伯爵 戸田氏共  渡辺允  桂太郎  吉井勇  乃木希典
日本国歴代内閣 第1次山本内閣  内閣支持率  桂太郎  第2次松方内閣  第2次大隈内閣

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桂太郎」の関連用語

桂太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



桂太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2020 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2020 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2020 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桂太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS