阿部信行とは?

阿部信行

阿部信行
総理在職期間
     昭14. 8.30~昭15. 1.16140日
総理就任時年齢:63歳

阿部信行 あべ のぶゆき

阿部信行の肖像 その1
明治8年11月24日昭和28年9月7日1875~1953)

石川県生まれ。陸軍軍人、政治家。父は金沢藩士。陸軍士官学校陸軍大学校に学ぶ。陸大教官参謀本部総務部長陸軍省軍務局長等をへて、昭和3年(1928)陸軍次官となり、浜口内閣では宇垣一成陸相補佐宇垣病気不在の間、陸相臨時代理就任以後第4師団長、台湾軍司令官をつとめる。8年(1933)陸軍大将軍事参議官14年(1939)首相兼外相となるが、4ヶ月余で総辞職した。以後汪兆銘政権への特派全権大使翼賛政治会総裁歴任19年(1944)には最後朝鮮総督就任した。

キーワード 陸軍軍人, 政治家, 首相

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

阿部信行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/25 07:11 UTC 版)

阿部 信行(あべ のぶゆき、1875年明治8年)11月24日 - 1953年昭和28年)9月7日)は、日本陸軍軍人政治家陸軍士官学校9期、陸軍大学校19期(恩賜)、陸軍大将位階正二位勲等勲一等




注釈

  1. ^ 鳥海靖編 『歴代内閣・首相事典』 吉川弘文館 2009年12月20日 170頁以下。なお、この後終戦までに古荘幹郎多田駿安藤利吉の三人が金鵄勲章を受けずに大将になっている。
  2. ^ 勝田龍夫『重臣たちの昭和史』下巻P132 文春文庫 1984年文庫初版、1981年初出。著者は原田の娘婿で阿部が組閣する際に首相候補の一人であった勝田主計の子息。

出典

  1. ^ a b c d e 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典(第2版)』 p.4, 「阿部信行」
  2. ^ 読売新聞 1939年(昭和14年)12月8日 朝刊7面
  3. ^ a b c d e f 山口宗之 『陸軍と海軍-陸海軍将校史の研究』 清文堂、2005年、pp.247-259、「陸軍士官学校特攻戦死者の分析」
  4. ^ a b c 秦郁彦 「阿部編隊帰投せず―ニコバル沖の体当り」『第二次大戦航空史話(中)』 中央公論社〈中公文庫〉、1996年(平成8年)、273頁以下。
  5. ^ 『朝日新聞』1946年10月6日一面
  6. ^ 『朝日新聞』1952年3月24日夕刊一面
  7. ^ 秦郁彦 編著 『日本陸海軍総合事典(第2版)』 p.21, 「稲田正純」
  8. ^ 井上成美伝記刊行会 編著 『井上成美』 pp.67-71
  9. ^ 秦郁彦 編著『日本陸海軍総合事典(第2版)』 pp.636-637, 「陸軍砲工(科学)学校高等科卒業生」
  10. ^ 秦郁彦 編著『日本陸海軍総合事典(第2版)』 pp.545-611, 「陸軍大学校卒業生」
  11. ^ 『官報』第1499号・付録「辞令二」1931年12月28日。


「阿部信行」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「阿部信行」の関連用語

阿部信行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

藤田伝三郎

井上準之助

蜂須賀茂韶

奥保鞏

竹越与三郎

井上馨

浅井忠

陸羯南





阿部信行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
首相官邸首相官邸
Copyright (C) 2018 首相官邸 All rights reserved.
内閣制度と歴代内閣
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの阿部信行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS