小村壽太郎とは?

小村寿太郎 こむら じゅたろう

小村寿太郎の肖像 その1
小村寿太郎の肖像 その2
安政2年9月16日明治44年11月26日 (1855~1911)

宮崎生まれ。外交官。父は飫肥藩士。藩校振徳堂で学び貢進生として大学南校に進む。明治8年(1875)に文部省第1回留学生に選ばれてハーバード大学入学帰国後、司法省出仕し、大審院判事経て21年(1888)外務省翻訳局長となる。日清戦争では政務局長その後外務次官駐米、駐露、駐清公使歴任34年(1901)には第1次桂内閣外相となり、日英同盟調印日露戦争後のポーツマス会議全権として出席し、日露講和条約締結した。39年(1906)枢密顧問官同年駐英大使41年(1908)第2次桂内閣外相再任された。

キーワード 外交官, 政治家

(注:この情報は、国立国会図書館ホームページ内の「近代日本人の肖像」の内容を転載しております掲載内容の複製については、国立国会図書館の許諾を得る必要があります。)

小村壽太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 08:35 UTC 版)

小村 寿太郎(こむら じゅたろう、正体字:壽太郞、1855年10月26日安政2年9月16日) - 1911年明治44年)11月26日)は、日本外交官政治家外務大臣貴族院議員(侯爵終身)などを務めた。侯爵。初代拓務次官小村欣一は長男。




  1. ^ 宮崎県郷土先覚者 小村寿太郎
  2. ^ 吉村昭『わたしの普段着』p.164
  3. ^ a b c 金山宣夫『小村寿太郎 モーレツ人間の光と影』
  4. ^ a b c 朝倉治彦三浦一郎 『世界人物逸話大事典』 角川書店 平成8年2月、P.400
  5. ^ a b 金山宣夫 『小村寿太郎とポーツマス』
  6. ^ 『官報』第907号「叙任」明治19年7月10日
  7. ^ 『官報』第2237号「叙任及辞令」明治23年12月11日
  8. ^ 『官報』第2532号「叙任及辞令」明治24年12月7日
  9. ^ 『官報』第3893号「叙任及辞令」明治29年6月22日
  10. ^ 『官報』第6025号「叙任及辞令」明治36年8月1日
  11. ^ 『官報』第7614号「叙任及辞令」明治41年11月11日
  12. ^ 『官報』第8532号「叙任及辞令」明治44年11月28日
  13. ^ 『官報』第3704号「叙任及辞令」明治28年11月1日
  14. ^ 『官報』第4894号「叙任及辞令」明治32年10月23日
  15. ^ a b 『官報』第5593号「叙任及辞令」明治35年2月28日
  16. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」明治39年1月28日
  17. ^ 『官報』第7272号「授爵敍任及辞令」明治40年9月23日
  18. ^ 『官報』第2625号「叙任及辞令」明治25年4月2日
  19. ^ 『官報』第6931号「叙任及辞令」明治39年8月6日


「小村壽太郎」の続きの解説一覧





小村壽太郎と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「小村壽太郎」の関連用語

小村壽太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

宇垣一成

与謝野晶子

松平慶永

大隈重信

林銑十郎

井上良馨

福地源一郎

成島柳北





小村壽太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
国立公文書館 アジア歴史資料センター国立公文書館 アジア歴史資料センター
All rights reserved/Copyright(c) Japan Center for Asian Historical Records
国立国会図書館国立国会図書館
Copyright (C) 2018 National Diet Library, Japan. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの小村壽太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS