富谷しょう太郎とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 富谷しょう太郎の意味・解説 

富谷しょう太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/10 15:26 UTC 版)

富谷 鉎太郎(とみたに しょうたろう、安政3年10月5日1856年11月2日) - 昭和11年(1936年5月5日)は、日本裁判官大審院判事・部長、東京控訴院長、大審院院長、貴族院勅選議員を歴任。本職の傍ら帝国大学法科大学和仏法律学校明治法律学校で講師を務めた。明治大学総長。




  1. ^ 『官報』第3927号「叙任及辞令」1896年7月31日。
  2. ^ 『官報』第1065号「叙任及辞令」1916年2月22日。
  3. ^ 『官報』第5395号「叙任及辞令」1901年6月28日。
  4. ^ 『官報』第5848号「叙任及辞令」1902年12月29日
  5. ^ 『官報』第5964号「叙任及辞令」1903年5月22日。
  6. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1907年3月31日。
  7. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。


「富谷しょう太郎」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

富谷しょう太郎のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



富谷しょう太郎のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの富谷しょう太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS