大正天皇とは?

たいしょうてんのう たいしやう -わう 【大正天皇】 ○

1879~1926第一二三天皇在位1912~1926)。名は嘉仁よしひと)。明治天皇第三皇子1921年大正10以後裕仁ひろひと親王摂政として政務を執らせた。

大正天皇 (たいしょうてんのう)

1879〜1926 (明治12年昭和元年)
天皇史上最初東京生まれ天皇生まれつき病弱のため、短命に終わる。
在位1912.7.30?26.12.25 明治天皇第三皇子。名は嘉仁(よしひと)。幼称は明宮はるのみや)。1889年明治22皇太子となる。1900年公爵九条道孝四女節子(さだこ)(貞明皇后)と結婚、この年から地方巡啓として、日本各地訪問12年大正元)7月明治天皇崩御により皇位につき、大正改元された。幼時から病弱で、一時健康を取り戻したかに見えたが、即位後は再び体調を崩すことが多くなった。21年皇太子裕仁親王摂政任命26年12月葉山御用邸崩御御陵八王子多摩陵。

 年(和暦)
1882年 (明治15年) 上野動物園開園 3才
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成 4才
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布 10
1894年 (明治27年) 日清戦争 15才
1903年 (明治36年) 江戸開府300年 24
1904年 (明治37年) 日露戦争 25
1907年 (明治40年) 足尾銅山暴動 28
1910年 (明治43年) 韓国併合 31
1918年 (大正7年) 米騒動 39
1923年 (大正12年) 関東大震災 44


 人物
福田 徳三 1874年1930年 (明治7年昭和5年) +5
上田 敏 1874年1916年 (明治7年大正5年) +5
長谷川 如是閑 1875年1969年 (明治8年昭和44年) +4
荒木 貞夫 1877年1966年 (明治10年昭和41年) +2
寺田 寅彦 1878年1935年 (明治11年昭和10年) +1
大河内 正敏 1878年1952年 (明治11年昭和27年) +1
吉田 茂 1878年1967年 (明治11年昭和42年) +1
有島 武郎 1878年1923年 (明治11年大正12年) +1
鏑木 清方 1878年1972年 (明治11年昭和47年) +1
永井 荷風 1879年1959年 (明治12年昭和34年) 0
市川 左団次二世 1880年1940年 (明治13年昭和15年) -1
石井 柏亭 1882年1958年 (明治15年昭和33年) -3
福原 信三 1883年1948年 (明治16年昭和23年) -4
高村 光太郎 1883年1956年 (明治16年昭和31年) -4
鳩山 一郎 1883年1959年 (明治16年昭和34年) -4
石橋 湛山 1884年1973年 (明治17年昭和48年) -5
東条 英機 1884年1948年 (明治17年昭和23年) -5
安田 靫彦 1884年1978年 (明治17年昭和53年) -5
三浦 環 1884年1946年 (明治17年昭和21年) -5
武者小路 実篤 1885年1976年 (明治18年昭和51年) -6

大正天皇 多摩陵
(たいしょうてんのう たまのみささぎ)

御陵写真 陵印
代   数 :第123
天 皇 名 :大正天皇
たいしょうてんのう
御   父 明治天皇
御   母 柳原愛子
御 陵 名 多摩
(たまのみささぎ
陵   形 :上円下方
所 在 地 東京都八王子市長房町  武蔵陵墓地
交通機関等 JR京王高尾北口下車  東へ1.5km
陵印保管場所 多摩陵墓監区事務所

大正天皇

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/16 13:27 UTC 版)

大正天皇(たいしょうてんのう、1879年明治12年)8月31日 - 1926年大正15年)12月25日)は、日本の第123代天皇




  1. ^ 古川隆久『大正天皇』 吉川弘文館〈人物叢書〉
  2. ^ 古川 (2007)、p.101
  3. ^ 伊藤之雄『昭和天皇伝』、p.99
  4. ^ a b 原武史『大正天皇』 朝日選書
  5. ^ 『ベルツの日記』 菅沼竜太郎訳、岩波文庫(上下)
  6. ^ 宮代栄一「閲覧が始まった『大正天皇実録』 日々の記録に素顔見えた」 朝日新聞朝刊24面. 2012年3月31日付
  7. ^ 林栄子 『近代医学の先駆者 三浦謹之助』 pp.211。(叢文社、2011年)より
  8. ^ 児島 pp.105-109
  9. ^ 児島 pp.200-203, p.205
  10. ^ 児島 pp.216-217
  11. ^ 児島 pp.226-227
  12. ^ 神戸大学 電子図書館システム --一次情報表示-- 新聞記事文庫 政治(20-084) 大阪朝日新聞 1921年11月26日
  13. ^ 児島 pp.227-228
  14. ^ 児島 pp.237-241
  15. ^ 児島 p.243
  16. ^ 『宮廷』154頁。
  17. ^ 昭和天皇実録巻四
  18. ^ 北白川宮能久親王の第一王子
  19. ^ 北白川宮能久親王の第三王子
  20. ^ 久邇宮朝彦親王の第八王子
  21. ^ 久邇宮朝彦親王の第九王子
  22. ^ -天皇陵-大正天皇 多摩陵(たいしょうてんのう たまのみささぎ)”. www.kunaicho.go.jp. 2018年5月3日閲覧。
  23. ^ a b 歴史を変えた愛煙家たち(3) 愛煙家通信 Web版
  24. ^ [大正天皇と鬼ごっこ、家族の愛情に包まれ固い絆 終戦前に皇族一丸 http://www.sankei.com/life/news/140909/lif1409090070-n1.html]産経ニュース
  25. ^ 「『昭和天皇実録』を読み解く:6)大正天皇との絆と影響 歴史学者・伊藤之雄が語る」週刊朝日2014年10月31日発行、36頁。
  26. ^ 『大正天皇の実像詳細に』NHK NEWS WEB 2015年7月1日[リンク切れ]
  27. ^ 『日本歴史』641(2001年10月)、伊藤之雄『政党政治と天皇』講談社、2002年。
  28. ^ 参議院インターネット審議中継 2017年11月8日 開会式 10:45より、勅語に相当する「おことば」の書面を天皇が丸めている。
  29. ^ a b c d e f 森岡清美『華族社会の「家」戦略』索引p.399-400
  30. ^ The Edinburgh Gazette_War Office, 22nd January 1918.”. The Gazette (1918年1月25日). 2018年3月2日閲覧。
  31. ^ 『官報』号外「詔勅 立皇太子公布之件」1889年11月3日。
  32. ^ 『官報』号外 1900年5月10日。
  33. ^ 『官報』号外「叙任及辞令」1906年12月30日。
  1. ^
    現在の東京都港区
  2. ^ オットマール・フォン・モール『ドイツ貴族の明治宮廷記』に詳しい。著書はドイツの外交官、1887年 - 1889年に日本政府によりお雇い外国人として、宮内省顧問の形で招聘、宮中儀礼や諸制度の改革案に携わった。(金森誠也訳、講談社学術文庫、2012年/初版・新人物往来社、1988年)。
  3. ^ 『原敬日記』によると、勅語などを読み上げる間に集中力が途切れて、途中で黙り込むことがあったという。8月31日天長節式典(現在の天皇誕生日)でも簡単な勅語をきちんと読み上げることができなかった。さらに、12月26日の第42帝国議会開院式、翌1920年(大正9年)の新年祝賀、2月11日紀元節式典(現在の建国記念の日)を欠席している。(児島 pp.105-107)
  4. ^ 新聞は「摂政」の語は使わず「皇室典範第十九条第二項」と報じた。同条項の条文は "天皇久シキニ亙ルノ故障ニヨリ大政ヲ親ラスル事能ハサル場合ハ皇族会議及枢密顧問ノ議ヲ経テ摂政ヲ置ク" である。
  5. ^ "朕久シキニ亙ルノ疾患ニ由リ大政ヲ親ラスル事能ハサルヲ以テ皇族会議及ヒ枢密顧問ノ会議ヲ経テ皇太子裕仁親王摂政ニ任ス茲ニ之ヲ宣布ス 大正十年十一月二十五日 御名御璽 摂政名 宮内大臣子爵牧野伸顕 内閣総理大臣子爵高橋是清"
  6. ^ 動静は、四竈孝輔『侍従武官日記』(芙蓉書房、1980年ほか)に詳しい。著者は海軍の侍従武官
  7. ^ 第2位が嵯峨天皇の97首。
  8. ^ 2002年(平成14年)には1912年(明治45年/大正元年)から1914年(大正3年)までの2年分、全体の約1割ほどが公開されていた。このときの黒塗り部分は141箇所あった。2003年(平成15年)には1915年(大正4年)から1921年(大正10年)までの7年分が公開されていた。このときの黒塗り部分は360箇所以上という。
    高橋紘『平成の天皇と皇室』文藝春秋、2003年、p.177.
  9. ^ 「遠めがねにして覗いたあと、丸めた勅書を持って近くにいた人の頭をポコッと叩いた」という話が付くこともあるが、これは第二次世界大戦敗戦後の極東国際軍事裁判における大川周明の行動との錯綜であるとの見方がある。
  10. ^ 朝日新聞2001年3月14日付の記事によると、大正天皇から直接聞いた話として以下の証言をしている。
    ある時、議会で勅語が天地逆さまに巻きつけてあったので、ひっくり返して読み上げ、随分恥ずかしい思いをした。このようなことがないよう、詔書を筒のように持って中を覗いて間違っていないことを確かめて読み上げようとしたものだ。
  11. ^ 当時の侍従・黒田長敬の証言による。『文藝春秋1959年2月号 「悲劇の帝王 大正天皇」より


「大正天皇」の続きの解説一覧



大正天皇と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大正天皇」の関連用語

大正天皇のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大正天皇のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社思文閣株式会社思文閣
Copyright(c)2018 SHIBUNKAKU Co., Ltd. ALL RIGHTS RESERVED.
江戸net江戸net
Copyright (C) 2018 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
宮内庁宮内庁
Copyright © 2018 Imperial Household Agency. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大正天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS