幼学綱要とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 幼学綱要の意味・解説 

ようがくこうよう〔エウガクカウエウ〕【幼学綱要】

読み方:ようがくこうよう

修身書。7巻3冊。元田永孚(もとだながざね)編。明治15年(1882)宮内省より出版明治天皇勅命によって、児童仁義忠孝道を教えるために作られた


幼学綱要

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/07 23:33 UTC 版)

幼学綱要』(ようがくこうよう)とは、明治天皇勅命を受けた侍講元田永孚によって編纂され、1882年(明治15年)12月2日宮内省より頒布された勅撰修身書。同書に見られる儒教主義に基づく皇国思想は教育勅語の発布に発展したといわれている[1]


  1. ^ a b (文部省 1981, 六 教学聖旨と文教政策の変化)


「幼学綱要」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

幼学綱要のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



幼学綱要のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの幼学綱要 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS