公平とは?

こう‐へい【公平】

[名・形動すべてのものを同じように扱うこと。判断や処理などが、かたよっていないこと。また、そのさま。「公平を期する」「公平な判定

[派生] こうへいさ[名]

[用法] 平・公——「商売利益を公平(公正)に分配する」「評価の公平(公正)を心がける」のように、平等に扱うの意では相通じて用いられる。◇「公平」は「おやつのお菓子を平に分ける」「公平無私」など、物事を偏らないようにすることに重点があるのに対し、「公正」は「公正な商取引目指す」のように、不正・ごまかしがないことを主にいう。◇「受験チャンスは公平に与えられる」では「公平」が適切であり、「行政は常に公正でなくてはならない」では「公正」が適切である。◇類似の語「公明」は「公明選挙」など、多く公的立場について用いられる。


きんぴら【金平/公平】

【一】金平浄瑠璃主人公の名。坂田金時の子怪力無双多く武功をたてたことから、強いもののたとえにいう。

【二】[名・形動

金平浄瑠璃」の略。

金平牛蒡(ごぼう)」の略。

金平糊(のり)」の略。

近世語》気が強く荒っぽいこと。また、そのさま。多く女子にいう。

「—な娘ではなし」〈黄・御存商売物


く‐びょう ‥ビャウ 【公平・公并】

〔名〕

① (形動) (「くひょう」「ぐひょう」とも。「く」は「公」の呉音、「びょう」は「平」「并」の呉音) 平等で、かたよらないこと。えこひいきや不正がないこと。また、そのようなさま。こうへい。

続日本紀和銅元年(708)七月己巳「勅曰、卿等情存公平。率百寮

色葉字類抄(1177‐81)「公平 クヒャウ」

文明本節用集室町中)「公平 クビャウナリ」

年貢のこと。

薩藩旧記建治三年(1277)七月日・平弘純起請文案「領家御事、於于事疎略、可計公平事」


こう‐へい【公平】

〔名〕 (形動判断や行動が公正でかたよっていないこと。特定の人のえこひいきをしないこと。また、そのさま。くびょう

家伝760頃)下「先哲言曰、徳無報、言無酬。宜十町以報忠効、公施政公平、嘉声日益」

幕末御触書集成‐一・安政五年(1858)六月一九日「日本国米利堅合衆国修好通商条約〈略〉第二条〈略〉公平なる友睦の取計あるべし」


きんぴら【金平・公平】

1 金平浄瑠璃主人公の名。源頼光四天王一人である坂田金時の子怪力剛勇にして武勇に秀で、さまざまのすぐれた武功立てる。

金平&bc一;〈公平花だんやふり〉の画像

浮世草子好色貝合(1687)下「露転つよき事金平(キンヒラ)もはだし也」

2 〔名〕

① 「きんぴらじょうるり金平浄瑠璃)」の略。

古郷帰の江戸咄(1687)六「金平(キンヒラ)を作り岡清びゃう死して惜や思へば学もたけつな」

② 「きんぴらぼん金平本)」の略。

③ 「きんぴらにんぎょう金平人形)」の略。

浮世草子男色大鑑(1687)二「懐(ふところ)より具足着たる金平(キンヒラ)をたまはりける」

④ (形動) 丈夫で堅固なこと。気が強くしっかりしたさま。

雑俳住吉みやげ(1708)「子をうちつける公平な嚊」

(5)きんぴらむすめ金平娘)」の略。

浮世草子好色一代女(1686)五「とうから出来いてかなはぬ物、金平(キンヒラ)のはつが唐瘡(とうがさ)高津涼み茶屋

(6)きんぴらのり金平糊)」の略。〔随筆嬉遊笑覧1830)〕

(7)きんぴらごぼう金平牛蒡)」の略。

随筆嬉遊笑覧1830六下「また牛旁の煑やうに金平あり」

(8) 雑魚しょうゆ砂糖用いていりつけ食品


公平

読み方:コウヘイkouhei

かたよらないこと、年貢


公平

読み方:キンピラ(kinpira)

初演 元禄13.11(江戸・中村座)


公平

読み方
公平きみひら
公平くんぺい
公平こうだい
公平こうへい

公平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/08 05:15 UTC 版)

公平(こうへい、: impartiality)は、公に平らなこと、すなわち一定の集団において、偏らないということである。


  1. ^ a b 海野 道郎・斎藤 友里子, 1990,「公平感と満足度―社会評価の構造と社会的地位」原純輔編『現代日本の階層構造 2 階層意識の動態』東京大学出版会 ISBN 978-4-13-055082-6, なお脚注aは p98.
  2. ^ a b 斎藤友里子, 2006<「<公平>の論理 - 誰をどのように含めるのか」(土場 学・盛山昭夫編著『正義の論理』頸草書房 ISBN 978-4-326-64870-2 第4章)


「公平」の続きの解説一覧

公平

出典:『Wiktionary』 (2021/11/18 05:50 UTC 版)

この単語漢字
こう
第二学年
へい
第三学年
漢音

名詞

(こうへい)

  1. 偏った判断処理をせずに全て同等扱うこと。

発音

対義語

関連語

形容動詞

活用

人名

  (こうだいら, こうへい, きみひら)

  1. こうだいら)日本人の姓のひとつ。
  2. (こうへい、きみひら)日本人男性名。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公平」の関連用語

公平のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの公平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS