版権とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > サイバー法用語 > 版権の意味・解説 

はん‐けん【版権】


版権

読み方はんけん

copyright訳語で,福沢諭吉よるものとされるわが国においては古く出版条例」(明8太告135)において用いられたが,現在法律上の用語としては使われていない。現在も一般には,「版権所有」などというように著作権もしくは出版権または利用許諾がなされたことを表す言葉として,出版業界などで慣用されているようだが,その範囲が明確でなく,誤解を防ぐためにもなるべく使わないほうがよい。

(注:この情報2007年11月現在のものです)

版権

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/30 16:47 UTC 版)

版権(はんけん)は、著作権の旧称。


  1. ^ 『福澤諭吉全集』第19巻、岩波書店、1971年4月(原著1962年11月)、p. 468。
     譯者注解。「コピライト」は從來出版官許と譯したれども此譯字よろしからず。「コピ」とは寫すの義なり。「ライト」とは權の義なり。即ち著述者が書を著はし之を寫し之を版にして當人獨り之を自由に取扱ひ、他人をして僞するを得せしめざる權なり。此權を得たる者を「コピライト」を得たる人と云ふ。故に「コピライト」の原語は出版の特權、或は略して版權杯と譯して可ならん。日本人の考ふる如く、此書を著すも差支なし、此事を記すも忌諱に觸るゝ事なし杯とて、政府より其出版を許すの趣意にあらず。書を著はし事を記すは人々の見込にて勝手次第、他人の著述を盜むにあらざれば毫も差支あることなし。唯政府の職分は約束の如く僞版を防ぐの一事のみ。 — 福澤諭吉、『福澤諭吉全集』第19巻
  2. ^ 『福澤諭吉全集』第19巻、岩波書店、1971年4月(原著1962年11月)、p. 449。


「版権」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「版権」の関連用語

版権のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



版権のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2021 Sekidou Kousuke.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの版権 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS