奥付とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 奥付の意味・解説 

おく‐づけ【奥付】

書物末尾に、書名著者発行者印刷者・出版年月日定価などを記した部分


奥付

読み方:オクズケ(okuzuke)

書物巻末の、著者名発行者名・発行年月日などを記した部分


おくづけ 【奥付】

書名発行年月日・版数・著者名発行所名・印刷所名・定価などが印刷されているページ一般的に書籍巻末印刷される。

奥付(おくづけ)

版本刊記部分巻末別丁仕立てたもの。享保七年町触れに、書物の奥に作者版元実名を出すべしと命じたことが、刊記・奥付が一般化したきっかけになったとされる。
奥付は別丁になっているので特に下記の点を注意なければならない
(1)官版・藩版など奥付を付けない例の本を、本屋初印本受注印刷後に、販売委託を受けて奥付を補った場合刊行年月確認注意する。
(2)同一版元複数本に同一奥付が流用される場合がある。
(3)印時に奥付を補うことがある店名だけを刷った別葉用意し、同時に複数本の印時に付ける。初印時刊記を残したまま同店名の奥付を付けのである。この場合刊記年月が刷印時を示すものではない。これは匡郭寸法本文丁と差があり大凡見当がつくことがある
(4)版本に奥付を補う。これは原刊記を残したままと、削除する場合がある。
(5)版木移動によって、同一本に刷印のの時期、場所ごとに奥付の異な場合生ずる。
(6)近世後期多く版木を求版して広範囲販売する店では、地方提携店が変わった増加したりすると、奥付の記載変更生ずる。(5)(6)場合一つの奥付のみで判断てはならない
(7)貸本屋古本屋が、たまたま入手した本の後表紙内側に自店名入り広告などを貼付し、奥付と紛らわし場合がある。
(8)古本屋または所持者の時に、もとの奥付部が破損また逸失していた場合に、適当に本のものを補うことがある浄瑠璃本など同一体裁・書型で、流通量の多いものは殊更に注意が必要である。
(9)完本完本見せるために古本屋細工をする。例えば五巻本末巻を欠くとき、第四巻末適当にほかの奥付を補う場合がある(この場合においては匡郭差異見当がつくことがある)。



奥付

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/15 03:59 UTC 版)

奥付(おくづけ)とは、の本文が終わった後や巻末に設けられる書誌に関する事項(書誌事項)が記述されている部分。


  1. ^ a b c d 図書館用語辞典編集委員会『最新図書館用語大辞典』柏書房、2004年、32頁
  2. ^ 図書館用語辞典編集委員会『最新図書館用語大辞典』柏書房、2004年、433頁
  3. ^ 文部科学大臣認可し、官報告示した定価(上記の定価は、各教科書取次供給所に表示します。)」と表記されている。
  4. ^ 戦前の辞書である上田・松井(1919年540ページ、283コマ「おく・づけ」)の漢字には「奥附」という表記のみが記され、「奥付」は見られない。実際の用例としては、兵藤(1909年)奥付に「最新獨和兵語字典奥附」という一文が記されていることなどが挙げられる(信岡2004年39ページ図10)。
  5. ^ 実際にはこの補正案は実施されておらず、現在の常用漢字にも「附」は含まれている。
  6. ^ 漢字表記に関しては正統主義寄りの新明解でさえ単に「奥付」としており(第5版)、注としても「奥附」は示していない。
  7. ^ 刊記と木記については、日立ソリューションズ(2010年)に端的な解説がある。名古屋大学(2005年7ページ中ほど)に実例があるので、参照されたい。


「奥付」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「奥付」の関連用語

奥付のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



奥付のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
印刷関係用語集印刷関係用語集
Copyright (C) 2021 K'sBookshelf All Rights Reserved.
正文堂正文堂
© SEIBUNDO, 2021
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの奥付 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS