教科用図書とは? わかりやすく解説

教科用図書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/27 03:02 UTC 版)

教科用図書(きょうかようとしょ)は、日本学校教育法に基づいて、初等教育中等教育高等教育において主たる教材として使用される図書のことである。「教科書」とも呼ばれるが、「教科書」には「教科書に準ずるもの」として「地図」が含まれること(この場合の「地図」は、「教科書」として法令上みなされている)、また、一部に「教科書以外の教科用図書」(この場合の図書は「教科書」とはされていない)が使用されていることに留意を要する。


注釈

  1. ^ 文部科学大臣認可し、官報告示した定価(上記の定価は、各教科書取次供給所に表示します。)」と奥付に表記しているが、各教科書ごとの定価およびその上限が定められている。

出典

  1. ^ 教科書用図書検定規則文部科学省 2020年3月1日閲覧
  2. ^ a b 海外で使う日本の教科書(無償配付)について』海外子女教育振興財団https://www.joes.or.jp/kojin/kyokasho2020年3月2日閲覧 


「教科用図書」の続きの解説一覧

教科用図書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/27 09:39 UTC 版)

橋本麻里」の記事における「教科用図書」の解説

日本文教出版発行。すべて著作者1人として参加高校美術1 (平成25 - 28年度用) 高校美術2 (平成26年度用) 高校美術3 (平成27年度用)

※この「教科用図書」の解説は、「橋本麻里」の解説の一部です。
「教科用図書」を含む「橋本麻里」の記事については、「橋本麻里」の概要を参照ください。


教科用図書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/11 01:34 UTC 版)

義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」の記事における「教科用図書」の解説

学校教育法第21条第1項同法40条 、第51条の9第1項及び第76条において準用する場合を含む。)及び第107条に規定する教科用図書。

※この「教科用図書」の解説は、「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」の解説の一部です。
「教科用図書」を含む「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」の記事については、「義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律」の概要を参照ください。


教科用図書

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 03:06 UTC 版)

小学校」の記事における「教科用図書」の解説

おおむね6歳から12歳ごろの時期は、理解力判断力はまだ十分ではないが、6年間に人間生きる上で大切な読み書き計算などの能力反復練習し習熟しなければならない考えられている。また、小学校児童が学ぶ教科単元には、しつけとしての意味合いがあるものも多い。この事情からも、小学校使用される教科用図書(教科書)は、原則として敬体(…です、…ます、…ました、…ましょう)で表記されている(ただし、理科例外)。また、本文書体には教科書体楷書体一種)を使っているのも特色である。

※この「教科用図書」の解説は、「小学校」の解説の一部です。
「教科用図書」を含む「小学校」の記事については、「小学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「教科用図書」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「教科用図書」の関連用語

教科用図書のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



教科用図書のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの教科用図書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの橋本麻里 (改訂履歴)、義務教育諸学校の教科用図書の無償措置に関する法律 (改訂履歴)、小学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS