新しい歴史教科書をつくる会とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 新しい歴史教科書をつくる会の意味・解説 

新しい歴史教科書をつくる会

読み方:あたらしいれきしきょうかしょをつくるかい
別名:つくる会

戦後日本自虐的歴史観から脱却し、自信をもって伝えることのできる良識ある歴史教科書作成提供することを使命として結成された団体1996年発足した。

「新しい歴史教科書をつくる会」は、戦後歴史教育自国民を「罪人のごとくに」扱い、「受けつぐべき文化伝統忘れ日本人誇りを失わせるもの」であるとし、「新しい歴史教科書をつくり、歴史教育根本的立て直す」ことを主な趣旨とする。

2001年4月に、新しい歴史教科書をつくる会が発行した中学校歴史公民教科書教科書検定合格しており、以来改訂重ねている。全国の数パーセント学校採択しているとされる

新しい歴史教科書発行した、いわゆるつくる会系の教科書」では、「南京大虐殺」や「従軍慰安婦」といった項目の一部を、信憑性希薄な中国などの旧敵国によるプロパガンダであるとして否定する立場とっている。こうしたあり方に対して国内外賛否両論飛び交っている。

関連サイト
新しい歴史教科書をつくる会

新しい歴史教科書をつくる会(あたらしいれきしきょうかしょをつくるかい)

現行の歴史教科書批判教科書執筆参加する団体

1996年西尾幹二電気通信教授らが中心となって設立した。従来歴史教科書について、自虐史観に基づく記述のある点を批判し、歴史教育根本的立て直すべしと主張する団体だ。

2000年 4月には、教科書出版する予定扶桑社通じ文部省当時)に検定申請した。文部科学省は、近現代史に関する記述のうち、 137ヶ所にわたる検定意見出し出版社側に修正求めた。筆者側はこれらの修正にすべて応じており、2002年度から使用される教科書として、検定合格見込まれている。

検定意見を出された部分は、教育勅語韓国併合南京事件など、戦前戦中記述集中していた。太平洋戦争のことを「大東亜戦争」と表記していた点などについて、近隣アジア諸国との歴史配慮することを定めた「近隣諸国条項」に沿って修正求められていたことが明らかになった。

この歴史教科書をめぐり、韓国中国では反発する声が出ている。韓国の国会では、今回歴史教科書検定問題是正求め決議採択した。

また、他社教科書誹謗・中傷することを禁じた独占禁止法違反するとして、公正取引委員会排除勧告求め声が国内から出ている。

関連キーワード「教科書検定制度

(2001.03.14更新


新しい歴史教科書をつくる会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 01:03 UTC 版)

新しい歴史教科書をつくる会(あたらしいれきしきょうかしょをつくるかい)とは、1996年に結成された日本の社会運動団体。従来の歴史教科書が「自虐史観」の影響を強く受けているとして、従来の「大東亜戦争肯定史観」にも「東京裁判史観」ないし「コミンテルン史観」にも与しない立場から新たな歴史教科書をつくる運動を進めるとしている。




  1. ^ つくる会日本がつながるリンク Archived 2008年4月5日, at the Wayback Machine.
  2. ^ a b つくる会WEBニュース 2007年5月31日 Archived 2007年6月9日, at the Wayback Machine.
  3. ^ つくる会WEBニュース平成19(2007)11月30日を参照のこと Archived 2007年12月5日, at the Wayback Machine.
  4. ^ つくる会WEBニュース平成19(2007)年5月31日 Archived 2007年6月9日, at the Wayback Machine.
  5. ^ 太田修(著)、朴一(著、原著)『「マンガ嫌韓流」のここがデタラメ』(コモンズ、ISBN 4861870232[要ページ番号]
  6. ^ 米国下院が「慰安婦対日非難決議」を採択「つくる会」は「河野談話」破棄を求める声明を発表つくる会WEBニュース 2007年8月1日 Archived 2007年9月27日, at the Wayback Machine.
  7. ^ アーカイブされたコピー”. 2008年3月24日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年3月8日閲覧。
  8. ^ 趣意書|新しい歴史教科書をつくる会
  9. ^ a b つくる会WEBニュース2005年5月12日から抜粋
  10. ^ つくる会とは 役員構成
  11. ^ a b c d つくる会WEBニュース平成19(2007)年6月22日 Archived 2007年12月5日, at the Wayback Machine.
  12. ^ 産経新聞2007年6月1日朝刊
  13. ^ 朝日新聞2007年6月1日朝刊
  14. ^ 西尾幹二のインターネット日録「自由社の『自由』について」2007年9月9日
  15. ^ つくる会WEBニュース平成19(2007)年5月25日 Archived 2007年6月2日, at the Wayback Machine.
  16. ^ 「つくる会」教科書 扶桑社側が漏らす 読売オンライン2005年4月7日より、当初ネット上では採択反対派が白表紙本を盗難したという主張(内容に対する反論をしていたため)をしていたが、主張自体が虚偽にすぎない陰謀説であった
  17. ^ 『産経新聞』 2006年3月28日
  18. ^ つくる会WEBニュース2007年6月15日
  19. ^ つくる会WEBニュース2007年9月10日
  20. ^ つくる会、「ゲン」撤去を要望 有害図書として 共同通信
  21. ^ アジア女性資料センター 「つくる会」歴史・公民教科書(扶桑社版)採択をしないように求めます[1]
  22. ^ “大田原市役所 相次ぐ激励、嫌がらせも”. 産経新聞. (2005年7月13日) 
  23. ^ a b 「中核派の関係者が暴行」2005年8月4日読売新聞/「つくる会本部へ反対派が放火ゲリラ」2002年8月9日産経新聞
  24. ^ a b c 公安調査庁 平成14年度版 『内外情勢の回顧と展望』
  25. ^ 2005年8月4日読売新聞および2005年12月27日産経新聞
  26. ^ 産経新聞2005年7月19日の報道では、大洗町の教育委員長と教育長が、「つくる会」教科書採用を却下した地区教科書採択協議会の決定に反発して、再協議を要求したうえ容れられない場合は決定とは別に町独自の判断で購入・使用する予定であるとした。ただし教育長は「そのような議論はしていないし、独自購入は教科書の無償配布を定めた特別措置法に違反する」と否定しており、実際に町独自で使われることもなかったので、産経の報道自体が捏造の疑いがあると批判する記事が読売新聞2005年7月25日の紙面に掲載された
  27. ^ 中央日報2006年6月27日
  28. ^ http://mindan.org/sidemenu/sm_kyoiku_view.php?newsid=3177&subpage=186&page=1
  29. ^ 山田宏 (2010年2月12日). “外国人参政権が国民生活を壊す”. Voice. 2011年2月13日閲覧。
  30. ^ a b “韓国の歴史研究家が今治市教育長と面談”. 愛媛新聞. (2010年2月18日) 
  31. ^ a b “新しい歴史教科書:続けて採択しないで 韓国市民グループ、今治市教委に要望 /愛媛”. 毎日新聞 愛媛地域版. (2011年4月6日) 
  32. ^ http://www.fusosha.co.jp/kyokasho/index.html
  33. ^ a b “橋下維新「自虐史観でない教科書を」 大阪市会で決議提案へ”. 産経新聞. (2011年6月22日). http://sankei.jp.msn.com/life/news/110622/edc11062215410001-n1.htm 2011年7月15日閲覧。 
  34. ^ 小林慎 (2011年6月22日). “大阪維新の会:中学歴史教科書「自由社、育鵬社使用を」”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110622k0000m040109000c.html 2011年7月15日閲覧。 
  35. ^ a b c d “<Special Wide>韓日友好の熱気凍らせない(04.7.14)”. 民団新聞. (2004年7月14日). http://www.mindan.org/shinbun/news_bk_view.php?corner=1&page=2&subpage=24 2014年2月28日閲覧。 
  36. ^ 「教育再生」平成20年如月号 [要ページ番号]
  37. ^ a b “杉並区が扶桑社版採択 中学の歴史教科書”. 共同通信社. 47NEWS. (2005年8月12日). http://www.47news.jp/CN/200508/CN2005081201001730.html 2015年4月15日閲覧。 
  38. ^ 『ゴー宣・暫』第2巻や西尾幹二ブログ等。
  39. ^ 『トンデモ本 男の世界』 ISBN 459404770X (扶桑社刊)のなかで原田実が、そのような指摘がなされたことを言及している
  40. ^ 安田・吉村 2001 88頁
  41. ^ 大日本帝国陸軍将校たちの親睦機関の偕行社の月刊誌「偕行」(1985年3月号)において、雑誌編集部は南京虐殺が事実であるとして、「中国人民に深くわびるしかない。まことに相すまぬ」と謝罪している。ここまでひどい!「つくる会」歴史・公民教科書―女性蔑視・歴史歪曲・国家主義批判(明石出版)引用
  42. ^ a b 安田・吉村 2001 34頁
  43. ^ 安田・吉村 2001 48頁
  44. ^ 安田・吉村 2001 89頁
  45. ^ 安田・吉村 2001 118頁
  46. ^ 「つくる会」の歴史教科書を斬る―在日中国人学者の視点から(日本僑報)
  47. ^ 谷沢 2001 [要ページ番号]
  48. ^ a b c d 歴史学研究会 2001 第9章「つくる会」の描きたい日本史像―メッセージばかりの一面的な叙述
  49. ^ 歴史学研究会 2005 [要ページ番号]
  50. ^ 歴史学研究会 2005 [要ページ番号]
  51. ^ 歴史学研究会 2001 第2章「混乱する古代の日本像―生徒に混乱を与える天皇中心・日本中心の記述」
  52. ^ 安田・吉村 2001 100頁
  53. ^ 小林よしのり『ゴー宣・暫』第2巻
  54. ^ 安田・吉村 2001 110頁
  55. ^ a b 安田・吉村 2001 136頁
  56. ^ 『どうちがうの? 新しい歴史教科書vsいままでの歴史教科書』(夏目書房)
  57. ^ そのような記載があったことを評論家・松本健一も公に証言・確認したとの記事が産経新聞2001年5月18日東京朝刊12頁に掲載された
  58. ^ 朝日新聞2001年4月10日朝刊12頁、北海道新聞朝刊全道2001年5月14日7頁、週刊東洋経済2001年5月5日92-93頁など
  59. ^ 村野・事件犯罪研究会 2002 25頁
  60. ^ 安田・吉村 2001 136頁~140頁




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「新しい歴史教科書をつくる会」の関連用語

新しい歴史教科書をつくる会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新しい歴史教科書をつくる会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2019 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新しい歴史教科書をつくる会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS