つくる会系の教科書とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > つくる会系の教科書の意味・解説 

つくる会系の教科書

読み方:つくるかいけいのきょうかしょ
別名:つくる会系

新しい歴史教科書をつくる会」(通称つくる会」)の流れを汲む中学校歴史および公民検定済み教科書を指す通称

つくる会系の教科書は、主に、「新しい歴史教科書をつくる会」が執筆して自由社発行する歴史公民教科書と、「教科書改善の会」が執筆して育鵬社発行する歴史公民教科書を指す。いずれも従来教科書とは歴史観異な部分多く、「学習指導要領教育基本法などの方針忠実である」という評価もあれば、「自国中心主義的な歴史観だ」という評価もある。

新聞テレビなど、マスコミによる報道多くが「つくる会」の呼称用いているが、育鵬社版教科書執筆している、「教科書改善の会」側は、報道こうした扱いに対して強い抗議姿勢示している。ちなみに新しい歴史教科書をつくる会」の発足1996年、「教科書改善の会」の発足2007年である。

自由社版教科書は、歴史教科書が「新しい歴史教科書」、公民教科書が「新し公民教科書」という。育鵬社版教科書は「新し日本の歴史」、「新しいみんなの公民」という。

2011年10月現在、沖縄県八重山教科書採択地区などで育鵬社版教科書採択をめぐり、採択地区協議会教育委員会地元住民などとの間で対立している。

関連サイト
株式会社自由社
株式会社育鵬社


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つくる会系の教科書」の関連用語

つくる会系の教科書のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



つくる会系の教科書のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS