誹謗とは? わかりやすく解説

ひ‐ぼう〔‐バウ〕【××謗】

読み方:ひぼう

[名](スル)他人悪く言うこと。そしること。「陰で他人を―する」「―中傷


誹謗

読み方:ヒボウ(hibou)

他人の悪口を言うこと


誹謗中傷

(誹謗 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/16 05:49 UTC 版)

誹謗中傷(ひぼうちゅうしょう)は、根拠のない悪口を言いふらして、他人を傷つける行為である[1][2][3]


注釈

  1. ^ 非難は批判と異なり、なぜ問題なのか、どうすれば改善できるのかなどの提案的な内容を含まない。問題点と指摘されたものが実は問題とは言えず、指摘した側の単なる思い込みであるというケースもある。

出典

  1. ^ デジタル大辞泉. “誹謗中傷(ヒボウチュウショウ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月27日閲覧。
  2. ^ a b c 「誹謗中傷」と「批判」の違いは? 法律の専門家に聞いた“線引き”と悪質投稿なくす解決策(ENCOUNT)” (日本語). ENCOUNTス. 2021年12月15日閲覧。
  3. ^ a b 「批判と中傷の違い」を説明するマンガがTwitterで話題に (2016年3月16日掲載)” (日本語). ライブドアニュース. 2021年1月23日閲覧。
  4. ^ 「批判」と「非難」の違いとは 後者は欠点を指摘するだけ” (日本語). ライブドアニュース. 2021年1月23日閲覧。
  5. ^ 出来心では済まされないネットでの誹謗中傷の大きな代償” (日本語). セキュリティ通信. 2020年5月27日閲覧。
  6. ^ プロバイダー法改正でも放置されるネットの誹謗中傷(時事通信)” (日本語). 時事ドットコムニュース. 2021年12月15日閲覧。
  7. ^ 誹謗(ヒボウ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月27日閲覧。
  8. ^ 中傷(チュウショウ)とは” (日本語). コトバンク. 2020年5月27日閲覧。
  9. ^ 「自殺教唆容疑で大学生逮捕(LINE)」から考えるインターネットと自殺問題(碓井真史) - 個人” (日本語). Yahoo!ニュース. 2022年7月17日閲覧。
  10. ^ 「片っ端から、無差別に攻撃した」堀ちえみさん侮辱・脅迫裁判 29歳男が他の芸能人も狙ったワケ”. FNNプライムオンライン. 2022年7月17日閲覧。
  11. ^ 中川翔子、中傷被害は「我慢しないで警察にちゃんと相談して」 弁護士から脅迫罪などについて学ぶ” (日本語). ねとらぼ. 2022年7月17日閲覧。
  12. ^ 前田雅英 『刑法各論講義 第7版』東京大学出版会、2020年1月、24頁。 
  13. ^ 前田雅英 『刑法各論講義 第7版』東京大学出版会、2020年1月、21頁。 
  14. ^ 言葉の暴力は犯罪になる!?成立する犯罪について解説!!|なるほど六法 – 恵比寿の弁護士法人鈴木総合法律事務所が運営する法律情報・相談サイト” (日本語). なるほど六法 – 恵比寿の弁護士法人鈴木総合法律事務所が運営する法律情報・相談サイト. 2022年7月17日閲覧。
  15. ^ 前田雅英 『刑法各論講義 第7版』東京大学出版会、2020年1月、22頁。 
  16. ^ 言葉の暴力と傷害罪 |Authense法律事務所” (日本語). 刑事・少年事件. 2022年7月17日閲覧。
  17. ^ 出口絢 (2020年7月20日). “春名風花さんが「ネット中傷」の投稿者と示談成立 示談金315万4000円”. 弁護士ドットコム. オリジナルの2020年7月20日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200720020605/https://www.bengo4.com/c_23/n_11484/ 2020年7月20日閲覧。 
  18. ^ “春名風花さん、中傷の投稿者と示談 刑事告訴は取り下げ”. 朝日新聞. (2020年7月20日). https://www.asahi.com/articles/ASN7N5S6TN7NUTIL01L.html 2020年7月20日閲覧。 
  19. ^ a b SNS『mstdn.jp』、誹謗中傷への対応の事務負担増に耐えられないと判断して6月30日で閉鎖へ(篠原修司) - Yahoo!ニュース” (日本語). Yahoo!ニュース 個人. 2020年5月27日閲覧。
  20. ^ 総務省|「発信者情報開示の在り方に関する研究会」の開催” (日本語). 総務省. 2020年5月27日閲覧。
  21. ^ 改正プロバイダ責任制限法、2022年10月施行 わかりやすく解説” (日本語). ツギノジダイ. 2022年12月14日閲覧。
  22. ^ 侮辱罪厳罰化、改正刑法が成立 「拘禁刑」を創設”. 時事通信 (2022年6月13日). 2022年6月13日閲覧。
  23. ^ ネット中傷「制度改正で対応」 高市総務相、「テラハ」木村さん死亡で:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年5月26日閲覧。
  24. ^ ネットの誹謗中傷、投稿者特定の簡易化検討 高市総務相:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2020年5月26日閲覧。
  25. ^ 木村花さん死去でSNS事業者が緊急声明”. TBS NEWS. 2020年5月27日閲覧。
  26. ^ 木村花さんを誹謗中傷のアカウント、死後に続々削除 - プロレス : 日刊スポーツ” (日本語). nikkansports.com. 2020年5月27日閲覧。
  27. ^ ネット中傷、「適切に対応」 菅官房長官:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年5月27日閲覧。
  28. ^ mstdn.jp お知らせ【公式】 (@mstdn_jp@mstdn.jp)” (日本語). mstdn.jp. 2020年5月27日閲覧。
  29. ^ a b 木村花さん中傷、書類送検へ 20代男が投稿、侮辱容疑―警視庁:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2020年12月16日閲覧。
  30. ^ 【独自】「テラハ」木村花さん自殺、「いつ死ぬの?」と中傷した男を書類送検へ : 社会 : ニュース” (日本語). 読売新聞オンライン (2020年12月16日). 2020年12月16日閲覧。
  31. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年5月25日). “「ネットいじめ」「指殺人」世界でも問題視 法整備求める声も” (日本語). SankeiBiz. 2022年1月9日閲覧。
  32. ^ ハラさん犠牲「指殺人」「悪プル」死に追いやった誹謗中傷“ネット強国”韓国が抱える闇 - スポニチ Sponichi Annex 芸能” (日本語). スポニチ Sponichi Annex. 2022年1月9日閲覧。
  33. ^ 「ネットの書き込みに賛同しただけでも慰謝料を払う?」行列のできる法律相談所』(日本テレビ系列)(2015年12月22日閲覧)
  34. ^ ネット中傷「自分なら訴えてやる」と思っている人に知ってほしいこと 現代ビジネス 2020.06.02 (2020年9月21日閲覧)
  35. ^ a b c 誹謗中傷加害者の5割超「正当な批判・論評と思った」 弁護士ドットコムが調査”. 弁護士ドットコム (2022年3月9日). 2022年3月16日閲覧。
  36. ^ 『誹謗中傷の書き込みを見た事がある』人は70%以上、約3%のユーザーは『自ら誹謗中傷の書き込み』を経験、通報・被害届の方法は約半数が認知”. 日本法規情報 (2013年12月28日). 2022年3月16日閲覧。
  37. ^ 個人情報が特定されるリスクも! 中高生の4割超が「SNSに顔や制服姿を投稿」クラスチャットで悪口、SNSでの他者批判や文句、フリマでお小遣い稼ぎ…親が知らない、中高生の「ネットトラブル」リスク”. NTTドコモ (2020年3月13日). 2022年3月16日閲覧。
  38. ^ 批判・悪口を書いたことが「ある」のは14.5%”. 日本トレンドリサーチ (2020年6月3日). 2022年3月16日閲覧。
  39. ^ a b 日本財団「18歳意識調査」第28回テーマ:SNSについて”. 日本財団 (2020年7月30日). 2022年3月16日閲覧。
  40. ^ a b SNSでの誹謗中傷に対する罰則「強化すべき」8割強/BIGLOBEが「withコロナ時代のストレスに関する調査」第2弾を発表”. ビッグローブ (2020年8月26日). 2022年3月16日閲覧。
  41. ^ 第1部 第1章 第4節 3 (1)誰が炎上に加わっているのか『令和元年版 情報通信白書』総務省、2019年https://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/r01/html/nd114310.html 
  42. ^ a b c 吉野ヒロ子 (2018), “1.3.2 誰がなぜ参加しているのか”, ネット炎上を生み出すメディア環境と炎上参加者の特徴の研究, pp. 19-20, NDLJP:11167888 
  43. ^ 小木曽健「SNS「誹謗中傷」に負けないために」『国民生活』第110号、国民生活センター、2021年10月、 5-7頁。
  44. ^ 山口真一 (2016年). “ネット炎上の研究:「炎上の分類・事例と炎上参加者属性」”. 2022年3月16日閲覧。
  45. ^ ネット炎上参加者「実は高年収」という仰天実態”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社 (2020年10月7日). 2022年3月16日閲覧。
  46. ^ 人はなぜ、「悪口」をやめられないのか?(オトナンサー).2021年10月29日閲覧。


「誹謗中傷」の続きの解説一覧

誹謗

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 12:20 UTC 版)

別表記

名詞

ひぼう

  1. 他人悪口を言うこと。

発音(?)

東京アクセント

ひ↗ぼー

類義語

複合語

動詞

活用

サ行変格活用
誹謗-する
  1. 他人の悪口を言う

類義語


「誹謗」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



誹謗と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「誹謗」の関連用語

誹謗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



誹謗のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの誹謗中傷 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの誹謗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS