不道とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 様子 > 不道 > 不道の意味・解説 

不道

読み方:ふどう

律令において定められた「八虐」のうち、大量殺人呪殺などの大罪。「八虐」とは、謀反謀大逆謀叛悪逆、不道、大不敬不孝不義

ぶ‐どう〔‐ダウ〕【無道/不道】

[名・形動《「ぶとう」とも。「不道」の場合は「ふどう」とも》

人の道にはずれること。また、そのさま。非道。「悪逆―」

欲心に義を忘れたる五大院右衛門が心の程、希有(けう)なり、―なりと」〈太平記一一

見苦しいこと。また、そのさま。

「憎らしい―な形(なり)で、遠慮会釈もなう」〈浄・大経師

律の八虐の一。残虐殺人近親者対す殺人などの罪。




不道と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不道」の関連用語

不道のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不道のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 Weblio RSS