狂気とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > > 狂気の意味・解説 

きょう き きやう- [1] 【狂気】

気が狂っていること。常軌を逸した精神状態。 「 -の沙汰さた)」 「 -乱心


きょうき 【狂気】

常軌を逸していること。またそのような精神状態古代社会では狂気の人が神の声伝えると尊ばれたが、中世になると悪魔憑きとして迫害されるようになる。東京大学出版会宗教学辞典』は、狂気は自然科学勃興とともに社会的価値基準から離れ医学客観的対象となってきたが、再び社会的価値基準との関連注目されるようになったとし、宗教学もこれを重視する、といっている。偉大な芸術が狂気から生まれ社会的リーダー中に「狂ひ人」がいたことが医学的に解明されて、この傾向拍車かかったといい、哲学的面でも狂気と実存との関係が注目されつつある、ともいう。→ 狂人

レクオーナ:狂気

英語表記/番号出版情報
レクオーナ:狂気Locura

狂気

作者藤沢周平

収載図書藤沢周平全集 第2巻
出版社文芸春秋
刊行年月1992.10


狂気

作者鳥羽亮

収載図書絆―山田浅右衛門斬日譚
出版社幻冬舎
刊行年月2007.7


狂気

作者坂下まりあ

収載図書傀儡の唄
出版社新風舎
刊行年月2007.8
シリーズ名シンプーブックス


狂気

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/07/22 05:20 UTC 版)

狂気(きょうき)とは、常軌を逸脱した精神状態を表す普通名詞であるが、多分に使う側の恣意的レッテルに使われる側面もある。その概念は歴史的に多くの方法で使われた。今日、一般に異常な犯罪などの文脈においてその用語に遭遇する。ただし狂気の心理的表れと、犯罪行為の因果関係については学者の間でも議論が分かれる。確立した規準からの逸脱を行うことは、正の効果と同じように見なされるかもしれない。この場合の「狂気である」事実は、大胆に慣習にとらわれないことである。




「狂気」の続きの解説一覧

狂気

出典:『Wiktionary』 (2009/04/04 19:18 UTC 版)

名詞

(きょうき)

  1. が狂っていること。

翻訳

狂気
狂気の



狂気と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「狂気」の関連用語

狂気のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



狂気のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2019 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの狂気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの狂気 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS