逸脱とは? わかりやすく解説

いつ‐だつ【逸脱】

[名](スル)本筋決められたから外れること。「任務を—する行為


逸脱

作者佐々木譲

収載図書決断警察小説競作
出版社新潮社
刊行年月2006.2
シリーズ名新潮文庫

収載図書制服捜査
出版社新潮社
刊行年月2006.3


逸脱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/19 01:00 UTC 版)

逸脱(いつだつ、: deviance)は、平均的な基準からの偏向の総称のこと。一般には、単に統計的な意味で出現頻度のごく少ないという意味にとどまらず、その上に「ルールから外れた望ましくない」という道徳的裁定が込められる。




「逸脱」の続きの解説一覧

逸脱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 16:14 UTC 版)

当日114便は、全行程にわたって厚い雲の上空を飛行しており、自機位置目視確認することができなかった。副操縦士カリム通過した管制官報告した時には114便はすでにカイロ通り過ぎカルム東南東100マイル(約150km)の位置飛行していた。さらに、カイロアプローチ管制レーダー故障していたため、管制官114便の位置確認できず、114便からの無線標識信号受信できないとの通知管制官受けていた頃、114便は既にスエズ湾近づきつつあった。後に国際民間航空機関(ICAO)が調査したところによれば、カイロ無指向性無線標識(NDB)が正常に動作していなかった可能性もあったという。

※この「逸脱」の解説は、「リビア航空機撃墜事件」の解説の一部です。» 「リビア航空機撃墜事件」の概要を見る


逸脱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/20 16:14 UTC 版)

当日114便は、全行程にわたって厚い雲の上空を飛行しており、自機位置目視確認することができなかった。副操縦士カリム通過した管制官報告した時には114便はすでにカイロ通り過ぎカルム東南東100マイル(約150km)の位置飛行していた。さらに、カイロアプローチ管制レーダー故障していたため、管制官114便の位置確認できず、114便からの無線標識信号受信できないとの通知管制官受けていた頃、114便は既にスエズ湾近づきつつあった。後に国際民間航空機関(ICAO)が調査したところによれば、カイロ無指向性無線標識(NDB)が正常に動作していなかった可能性もあったという。

※この「逸脱」の解説は、「リビア航空機撃墜事件」の解説の一部です。» 「リビア航空機撃墜事件」の概要を見る


逸脱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/23 00:41 UTC 版)

志茂駐在所異動して4日目の夜、「近く町営墓地で誰かが喧嘩しているようだ」と通報が入る。だが、押しかけていた防犯協会長ら3人執拗に勧められ断りきれずに酒を飲んでしまっていた川久保答え窮する。すると、防犯協会長が通報者取りなしその場収まった翌日日曜日山岸明子という女性が、高校生一人息子三津夫が昨日午後に友達ところに遊び行ったきり戻って来ない、と連絡をしてくる三津が行ったはずの友達聞いても、知らないという答えしか返ってこず、そもそも「友達」という関係より使い走りのようだったという証言多く出てくる。 そして翌朝三津雄の遺体発見される死後1日上が経過しているとのことだったが、前日川久保がそこを通った時には何もなかった。広尾署の交通係長は、気付かなかっただけだと断定し単純な事故として処理してしまう。 これは事故見せかけた偽装殺人だと、再捜査要求するが、請け合ってもらえない事件は約半年後に驚くべき結末を迎える

※この「逸脱」の解説は、「制服捜査」の解説の一部です。» 「制服捜査」の概要を見る


逸脱(deviance)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 20:15 UTC 版)

この用語は、特定の思想行動感情社会受け入れられない、または一般的でない場合逸脱しているとみなされるという考えを表す。ただし、臨床医は、マイノリティグループが他のグループとの共通点がない可能性があるという理由だけで、必ずしも逸脱しているとはみなされないことを覚えておく必要があるしたがって、個人行動が、所属する文化によって容認できないみなされ場合、その行動を逸脱または異常と定義する。ただし、多くの精神障害では逸脱のパターンパターンとの間に関係があるため、鑑別診断モデル評価する必要がある

※この「逸脱(deviance)」の解説は、「精神病理学」の解説の一部です。» 「精神病理学」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

逸脱

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 07:45 UTC 版)

名詞

いつだつ

  1. 本筋からはずれること。

「逸脱」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「逸脱」に関係したコラム

  • FXのブレイクアウトの見方

    ブレイクアウト(break out)とは、為替レートが一定期間に一定の方向で推移していた状態から逸脱することです。ブレイクアウトの典型的なパターンとしては、FXで為替レートが長期間、上がったり下がった...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

逸脱のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



逸脱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの逸脱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのリビア航空機撃墜事件 (改訂履歴)、リビア航空機撃墜事件 (改訂履歴)、制服捜査 (改訂履歴)、精神病理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの逸脱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS