公共性とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 性質 > 性質 > 公共性の意味・解説 

こうきょう‐せい【公共性】

広く社会一般利害にかかわる性質また、その度合い。「公共性の高い鉄事業


こうきょう‐せい【公共性】

〔名〕 ある事物機関などがひろく社会一般影響利害をおよぼす性格性質


公共性

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

公共

(公共性 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/09 03:56 UTC 版)

公共(こうきょう)とは、 (private) や (individual) に対置される概念で、英語のパブリック (public) を翻訳した言葉。


  1. ^ 三省堂「大辞林 第二版」
  2. ^ 他人の利益などをあえて考慮する義理はないと考えている人。「自分だけの利益や都合を考える」人。(括弧内については三省堂「大辞林 第二版」による)
  3. ^ この決定的な差異の一つは公務員の政治的行為を禁止する国家公務員法第102条第1項、人事院規則14-7(政治的行為)第6項11の取扱いである。国家公務員である場合、政党への参加や政治活動、選挙への立候補は禁止されているが、民営化された後はこの制約を受けることは無い。郵便局の郵政事務官の政治的活動に関する判例については猿払事件参照。


「公共」の続きの解説一覧

公共性

出典:『Wiktionary』 (2017/12/31 12:29 UTC 版)

名詞

公共 こうきょうせい

  1. ひろく社会全体利害関係あるよう性質

発音

こ↗ーきょーせー



公共性と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「公共性」の関連用語

公共性のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



公共性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの公共 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの公共性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS