情報公開とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 情報公開の意味・解説 

じょうほう‐こうかい〔ジヤウホウ‐〕【情報公開】

読み方:じょうほうこうかい

行政機関などが保有している情報を、国民知りたいときに自由に知ることができるようにすること。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/31 03:24 UTC 版)

情報公開(じょうほうこうかい)とは、などの公的機関が、業務上の記録等を開示することである。


  1. ^ a b 高岡望『日本はスウェーデンになるべきか』PHP新書、45頁


「情報公開」の続きの解説一覧

情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:41 UTC 版)

浅野史郎」の記事における「情報公開」の解説

在職中実績として特に評価されているのが情報公開で、全国市民オンブズマン連絡会議作成した全国情報公開度ランキング」において、宮城県2004年度平成16年度)は47都道府県岩手県と同ポイントの全国1位タイ2005年度平成17年度)は鳥取県に次ぐ2位高評価受けた

※この「情報公開」の解説は、「浅野史郎」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「浅野史郎」の記事については、「浅野史郎」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 04:39 UTC 版)

デラウェア州」の記事における「情報公開」の解説

2011年デラウェア州は情報公開の要請に対して実働15日間日限課し情報公開するか、この日限よりも公開まで時間が掛かる場合説明行わなければならなくなった

※この「情報公開」の解説は、「デラウェア州」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「デラウェア州」の記事については、「デラウェア州」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/03 20:00 UTC 版)

橋下徹」の記事における「情報公開」の解説

2008年平成20年2月6日知事就任会見で、「情報公開の徹底」を選挙公約掲げたことを踏まえた「情報公開室」の設置表明。「どんな情報を出すのか」という記者問いに、「基本的には、あらゆる情報」と答えた知事任期中実施したオープン府庁究極の情報公開)」と呼ばれる取り組み以下のとおりである。 * 「予算編成過程の公表」…全国初めて、各会計一般会計特別会計企業会計)ごとに、予算編成過程における各段階(財政課要求査定総務部長要求査定知事要求査定)の内容を府のウェブサイト公開公金支出情報の公表」…全国初めて、約3000ある府の全事業について公金支出した翌日に府のウェブサイト担当課名、支払日時、事業内容公開施策プロセス見える化」…府のウェブサイトに「府民チェックボード」と「オープン府庁ポータルサイト」を設置所属ごとに業務施策の概要」や「発端情報上司との打ち合わせ会議などの進捗状況時系列掲載府民の声の見える化」…府の全部署に寄せられる府民の声を、各部署で「府民の声システム」へ登録。府民課が内容に応じてフラグ申出者へ連絡するもの)・青フラグ業務施策反映検討するもの)・フラグなし(トレンド分析活用するもの)の仕分け実施各部署検討行い進捗状況ウェブ公表 2008年4月23日会見で、「知事職という独裁者的な職を民主的にコントロールしてもらうために、情報公開が必要不可欠」との認識を示し、「透明度日本一府政目指す」と語った2011年平成23年9月1日全国市民オンブズマン連絡会議発表した2010年度全国情報公開度ランキング」において大阪府満点となる70点を獲得2007年のランキングでは都道府県28位だった順位1位タイへ上昇した2010年7月府庁に「大阪エンターテイメント都市構想推進検討会」を設置。「カジノ含めた統合型リゾートIntegrated Resort=IR)」を府内立地する為の検討開始した

※この「情報公開」の解説は、「橋下徹」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「橋下徹」の記事については、「橋下徹」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 03:15 UTC 版)

平松邦夫」の記事における「情報公開」の解説

情報公開を市政中心課題掲げ2008年度から市役所機構改革(情報公開室の設置等)を行った情報発信については積極的であり定例記者会見前市長の2週に1回から週に1回増やした報道・情報番組へのゲスト出演外では、「馬場章夫の新・大阪大発見!」などの市政広報番組定期的に出演しアナウンサー経験を生かして自らリポーター務めた詳細は以下の出演番組の節を参照)。 2008年8月には「YouTube大阪市チャンネル」を開設し大阪市制作動画一部配信開始した2009年8月発表全国情報公開度ランキング全国市民オンブズマン連絡会議)では、大阪市総合順位1位となった2010年3月ゴメス・コンサルティング実施した自治体サイトランキング」で、大阪市ホームページ1位となった2010年5月からは、平松自身Twitter利用開始したまた、同年6月にはUstream活用し記者会見同時中継導入した

※この「情報公開」の解説は、「平松邦夫」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「平松邦夫」の記事については、「平松邦夫」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 22:20 UTC 版)

香川県」の記事における「情報公開」の解説

情報公開について都道府県全市対象実施され2011年度全国情報公開度調査では、香川県80満点62点だった。県内の市で最高は高松市80点、最低は東かがわ市30点だった。

※この「情報公開」の解説は、「香川県」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「香川県」の記事については、「香川県」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 15:05 UTC 版)

吉村洋文」の記事における「情報公開」の解説

上記の教員評価基準策定を巡っては、市民団体吉村大阪市特別顧問大森不二雄(東北大学教授)との間でメール協議していた内容情報公開請求したところ、吉村私用アドレス使っていたため、「不存在」を理由非公開とされた。吉村これらのメールについて「個人的な意見交換」として公務には当たらないとの認識を示したが、大森事務局送っていたメールには、吉村メール制度案を具体的に議論していた形跡があった。また、橋下市長時代メールは約1360件が公開されたが、吉村市長時代公開されたのは6件で、公用アドレスはほぼ使われていなかった。

※この「情報公開」の解説は、「吉村洋文」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「吉村洋文」の記事については、「吉村洋文」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/22 08:08 UTC 版)

石原都政」の記事における「情報公開」の解説

全国市民オンブズマン連絡会議による2006年平成18年)の第11回全国情報公開度ランキングでは、東京都閲覧手数料徴収するという理由により「失格」となり、ランキングとなった他の失格自治体香川県のみ)。情報公開度のポイント評価全国47都道府県ワースト3に相当する位置付けとなっている。東京都のこの調査における失格評価石原都政以前含み2007年まで10年連続である。石原は「公開請求55%は都外の人で、東京での業務展開必要とする人が多い都民税金を使うわけにいかず、『失格』というのはとんちんかん」と反論している。

※この「情報公開」の解説は、「石原都政」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「石原都政」の記事については、「石原都政」の概要を参照ください。


情報公開

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/28 06:09 UTC 版)

原子力規制委員会 (日本)」の記事における「情報公開」の解説

意思決定関わる会議原則として全てインターネット生中継され資料議事録なども核セキュリティ上公できないものなどを除き公式サイト上で公開される記者会見参加できるのは一般紙放送局など記者これらのメディア記事提供するフリージャーナリストなどである。委員長記者会見はもとより原子力規制庁総務課長報道官)による記者向けのブリーフィングインターネット生中継される一方で政党機関紙一般報道機関とは異なるという理由でしんぶん赤旗記者出席断り抗議を受けて一転出席認めるという混乱起きている3人以上打合せの場合のみ、議事録作成するという内部規定利用し意図的に2人下の打合せ行い議事録作成行わない抜け穴指摘されている。 公式ウェブサイトでは、なぜかストロンチウムを「ス卜口ンチウム」(トではなく卜、ロではなく口。漢字)と表記している箇所があり、ネットユーザー達より「検索避け」を疑われていた(2014年6月10日現在は修正されている)。このような日本語表記は、農業環境技術研究所内閣府福島県いわき市でも見られる[出典無効]。また同様のものに、電力会社政府地方自治体資料で「福島第ー」(漢数字の「一」でなく「ー」)、「原子カ」や「東京電カ」や「関西電カ」(漢字の「力」でなくカタカナの「カ」)、「木白崎」や「ネ白崎」(正しくは柏崎」)などが見られる。これらについて三重大学教授奥村晴彦は、文書テキスト抽出禁止保護設定なされているため、検索エンジンOCRによる読み取りをした際に誤変換したものとした上で、「わざわざテキスト抽出禁止するのは『検索避け隠蔽工作』にまさに該当する」と批判している。 また2015年には、公文書管理法義務化され、情報公開の検索使われる公文書リスト作成が行われてこなかったことが明らとなった2020年には、関西電力に対し求め原発火山灰対策決め委員会に向けて非公開事前会議の場で、2案のうち1案を退け方針決めたのにも関わらず議事録作成せず、参加者配布した資料回収廃棄していたことが判明している。事前会議には更田豊志委員長らも出席しており、密室で指導案排除した形であり、実質的に意思決定の場になっているとの批判出ている。

※この「情報公開」の解説は、「原子力規制委員会 (日本)」の解説の一部です。
「情報公開」を含む「原子力規制委員会 (日本)」の記事については、「原子力規制委員会 (日本)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「情報公開」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「情報公開」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「情報公開」の関連用語

情報公開のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



情報公開のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2023 公益法人協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの情報公開 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの浅野史郎 (改訂履歴)、デラウェア州 (改訂履歴)、橋下徹 (改訂履歴)、平松邦夫 (改訂履歴)、香川県 (改訂履歴)、吉村洋文 (改訂履歴)、石原都政 (改訂履歴)、原子力規制委員会 (日本) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS