寄附行為とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 公益法人関連用語 > 寄附行為の意味・解説 

寄附行為

寄附行為とは、財団設立目的財産寄付することであるが、財団法人組織及び運営定め根本規則又はその書面のことを寄附行為といい、一般的にはこの書面としての寄附行為のことをいう場合多く社団法人定款に当たるものである。 寄附行為は、財団法人設立ようとする単数又は複数設立者が作るが、財団法人基礎となる財産寄付者が設立者となる。財産寄付者が国、地方公共団体、その他の法人場合はその代表者又は代理人作成に当たることになる。

財団設立に当たっては、まず寄附行為を定めてから主務官庁許可を得ることになる。寄附行為に記載すべき項目については民法39条で、目的、名称、事務所資産に関する規程の5項目をあげているので、これは必要的記載事項呼ばれる

このほかに寄附行為に記載するかしないか、寄附行為の作成者の自由に任されている任意記載事項として、監事理事会事務局会計、寄附行為の変更解散残余財産処分に関する事項がある。
寄附行為の変更については、民法には特段規定がないが、寄附行為中にその手規定設けられていれば主務官庁認可得て変更は可能である。

寄附行為

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/08/17 08:55 UTC 版)

寄附行為(きふこうい)とは、財団である職業訓練法人、財団である医療法人学校法人及び私立学校法64条4項に基づく法人(専修学校又は各種学校の設置のみを目的とする法人)において、




「寄附行為」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「寄附行為」の関連用語

寄附行為のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



寄附行為のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
公益法人協会公益法人協会
Copyright (C) 2019 公益法人協会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの寄附行為 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS