説明責任とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 責任 > 説明責任の意味・解説 

説明責任

読み方せつめいせきにんあかうんたびりてぃ
別名:アカウンタビリティ

受託者委託者への報告
または、承認による責任解除のこと。

例えば・・
経営者受託者)は株主委託者に対して説明する義務がある。
合併始めとした大きなことをする場合は、株主委託者)の承認を得ることが必要だということ

会計はこれを果たすための道具一つ


説明責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/11 20:14 UTC 版)

説明責任(せつめいせきにん、アカウンタビリティー英語: accountability)とは、政府企業団体政治家官僚などの、社会に影響力を及ぼす組織で権限を行使する者が、株主従業員(従業者)、国民といった直接的関係をもつ者だけでなく、消費者取引業者、銀行、地域住民など、間接的関わりをもつすべての人・組織(利害関係者/ステークホルダー; 英: stakeholder)にその活動や権限行使の予定、内容、結果等の報告をする必要があるとする考えをいう。本来の英語のアカウンタビリティの意味としては統治倫理に関連し「説明をする責任と、倫理的な非難を受けうる、その内容に対する(法的な)責任、そして報告があることへの期待」を含む意味である。


  1. ^ 井之上喬『説明責任とは何か』PHP新書
  2. ^ 上久保誠人 「説明責任」――客観的な基準を明らかにすべき 説明責任、推定無罪、問責閣僚の交代、参院改革――小沢問題とねじれ国会をめぐる4つのキーワードで考える「政治の自殺行為」『ダイヤモンド・オンライン』2011年2月9日
    ただし上久保は小沢の事務所入りを希望して面接を受けに行ったり、自己のブログで擁護を繰り返しているという立ち位置を取っていることを付記しておく。


「説明責任」の続きの解説一覧

説明責任

出典:『Wiktionary』 (2009/07/25 13:49 UTC 版)

名詞

説明責任 説明責任)

  1. 自身行為説明する義務持っていること。
  2. 政府企業団体などの社会影響力を及ぼす組織権限行使する者が、株主従業員又は債権者取引業者銀行等)といった直接的関係をもつ者だけでなく、消費者金融市場地域住民など、間接的関わりをもつすべての利害関係者にその活動権限行使予定内容結果等の報告をする責任があるとする考え方

翻訳




説明責任と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「説明責任」の関連用語

説明責任のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



説明責任のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2020 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの説明責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの説明責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS