説明責任とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 契約 > 責任 > 説明責任の意味・解説 

せつめい‐せきにん【説明責任】

読み方:せつめいせきにん

アカウンタビリティー


説明責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 03:01 UTC 版)

説明責任(せつめいせきにん)または答責性(とうせきせい)並びにアカウンタビリティー英語: accountability)とは、政府企業団体政治家官僚などの、社会に影響力を及ぼす組織で権限を行使する者が、株主や従業者従業員)や国民といった直接的関係者だけでなく、消費者取引業者、銀行、地域住民など、間接的関係を持つ全ての人・組織(利害関係者/ステークホルダー; 英: stakeholder)にその活動や権限行使の予定、内容、結果等の報告をする必要があるとする考えをいう。本来の英語のアカウンタビリティの意味としては統治倫理に関連し「説明をする責任と、倫理的な非難を受けうる、その内容に対する(法的な)責任、そして報告があることへの期待」を含む意味である。


  1. ^ 井之上喬『説明責任とは何か』PHP新書
  2. ^ 上久保誠人 「説明責任」――客観的な基準を明らかにすべき 説明責任、推定無罪、問責閣僚の交代、参院改革――小沢問題とねじれ国会をめぐる4つのキーワードで考える「政治の自殺行為」『ダイヤモンド・オンライン』2011年2月9日


「説明責任」の続きの解説一覧

説明責任

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 08:36 UTC 版)

アメリカ糖尿病協会」の記事における「説明責任」の解説

2000年代初頭ADAは、『Diet Rite』(ゼロカロリーの飲み物)、『Snapple』の無糖、『Mott's』の炭酸水知られるキャドバリー・シュウェップス(Cadbury Schweppes)と「3年間で150ドル」という資金提供契約結んだ2006年ニューヨーク・タイムズ公表した記事によれば、「ある批評家が、『ADA提携している企業ドクターペッパーやキャドバリー・クリームエッグのような甘くて太りすいもの食料雑貨店供給しているにもかかわらず砂糖菓子製造会社による企業市民(Corporate Citizen)のふりをするのに役立った』と述べた」。さらに、「ADAは、砂糖含まない商品作ったとしても、企業、とくに高カロリー食品飲料販売主要な事業にしている企業からどのように資金調達すれば良いかを再考し始めた。この団体は、一部食品会社との取引満了となるのを許可し新たな資金提供契約数百万ドル削減した」という。 ADAは、コールセンター企業『InfoCision』との契約含めて電話勧誘販売(Telemarketing)に多額の費用費やしている。この電話による勧誘活動従事した者たちは、寄付をしてくれそうな人たちに対して寄付金多くADA向かいます」と嘘を吐くよう指示された」という。ADAからの最大の補償受けた20人の個人は、530ドル平均266000ドル)を受け取った非営利団体Charity Navigator』は、ADAに対し総合評価面で二つ星財務評価面で一つ星、説明責任及び透明性面で四つ星の評価下した

※この「説明責任」の解説は、「アメリカ糖尿病協会」の解説の一部です。
「説明責任」を含む「アメリカ糖尿病協会」の記事については、「アメリカ糖尿病協会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「説明責任」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

説明責任

出典:『Wiktionary』 (2014/05/04 00:55 UTC 版)

名詞

説明責任 説明責任)

  1. 自身の行為説明する義務を持っていること。
  2. 政府企業団体などの社会影響力を及ぼす組織権限行使する者が、株主従業員又は債権者取引業者銀行等)といった直接的関係をもつ者だけでなく、消費者金融市場地域住民など、間接的関わりをもつすべての利害関係者その活動権限行使予定内容結果等の報告をする責任があるとする考え方

翻訳


「説明責任」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



説明責任と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「説明責任」の関連用語

説明責任のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



説明責任のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
株式会社シクミカ株式会社シクミカ
Copyright (C) 2022 株式会社シクミカ. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの説明責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのアメリカ糖尿病協会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの説明責任 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS