日本の市町村の廃置分合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本の市町村の廃置分合の意味・解説 

日本の市町村の廃置分合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 05:19 UTC 版)

日本の市町村の廃置分合(にほんのしちょうそんのはいちぶんごう)では、日本における市町村分割・分立・合体・編入について説明する。


  1. ^ 未実施期間は2022年7月時点で8年3ヶ月に達しており、これは1979年兵庫県加古川市印南郡志方町を編入してから、1984年長野県飯田市下伊那郡鼎町を編入するまでの期間(5年10ヶ月)よりも長い。
  2. ^ 鹿児島県は「財政的に適正となる基準」として12,000人以上を標準とした(『鹿児島県市町村変遷史』 1967年昭和42年) pp.332-334)。
  3. ^ “全国の「市」と「町」、同数の784に”. YOMIURI ONLINE (読売新聞社). (2010年2月1日). http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20100201-OYT1T01139.htm 2010年2月1日閲覧。 
  4. ^ a b 三島村(1990) p.327
  5. ^ 三島村(1990) p.328
  6. ^ 鹿児島県市町村変遷史 p.110
  7. ^ a b c 平成の大合併、自治体の手応えは 福井県内の市町は大半が肯定的 | 政治・行政 | 福井のニュース” (日本語). 福井新聞ONLINE. 2019年4月1日閲覧。
  8. ^ a b 県内9市町「成果」、3市「判断見送り」 平成の大合併アンケート” (日本語). 福島民友新聞社. 2019年4月1日閲覧。[リンク切れ]
  9. ^ 市町村の議員定数半減「387」 「大合併」前比”. 宮崎日日新聞社 Miyanichi e-press. 2019年4月1日閲覧。
  10. ^ コンパクトなまちづくり 人口減見据え早期対策を|論説|佐賀新聞LiVE” (日本語). 佐賀新聞LiVE. 2019年4月1日閲覧。
  11. ^ 中澤克佳・宮下量久, ed (2016). 「平成の大合併」の政治経済学. 勁草書房. pp. 187-207 





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本の市町村の廃置分合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本の市町村の廃置分合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本の市町村の廃置分合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS