地方分権一括法とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 地方分権一括法の意味・解説 

地方分権一括法(ちほうぶんけんいっかつほう)

地方分権一括法は、1999年7月成立し、2000年4月から施行されている。全部475本の関連法案からなる

地方分権一括法のコンセプトは、地方分権だ。もっと地方の力を強くしよう、というねらいから設けられた。この目的から、地方自主裁量高め逆に国の管理少なくする。

1.法定受託事務
地方分権一括法によって、機関委任事務廃止された。機関委任事務とは、特に国の機関地方機関指図して、あれこれ仕事をさせることを言う。これまで地方機関委任事務をこなすのに追われていた。機関委任事務の量は非常に多かったのだ。

しかし、これでは地方自分自身仕事をするひまがない。そこで機関委任事務廃止して、かわりに法定受託事務自治事務という制度制度あたらしく設けることにした。

法定受託事務は、国が地方委託して事務を行わせるものだ。これまでの機関委任事務性格受け継ぐものだが、量・項目数大幅少なくなっている。また、もうひとつ自治事務は、自治体主体となって行う事務だ。

2.法定外普通税
地方自治体は、あらたに法定外普通税設けることができるようになった法定外普通税は、地方税法規定されていないので法定と言われる。これが自治大臣との事前協議制新設可能になった。

参考法定外目的税

(2000.10.24更新


地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律

(地方分権一括法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/01/22 07:44 UTC 版)

地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律(ちほうぶんけんのすいしんをはかるためのかんけいほうりつのせいびとうにかんするほうりつ)は、地方自治法を主とした地方分権に関する法規の改正に関する日本の法律




「地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「地方分権一括法」の関連用語

地方分権一括法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



地方分権一括法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地方分権の推進を図るための関係法律の整備等に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS