新産業都市とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 区域 > 新産業都市の意味・解説 

新産業都市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/28 15:46 UTC 版)

新産業都市(しんさんぎょうとし、略称:新産都)は、かつての日本の開発拠点。1962年に制定された新産業都市建設促進法(昭和37年法律第117号、新産法)に基づいて、「産業の立地条件及び都市施設を整備することにより、その地方の開発発展の中核となるべき」(第1条)として指定された地域である。


  1. ^ a b c d e f g h i j k 蓮見音彦編『講座社会学3 村落と地域』(東京大学出版会2007年)137 - 142ページ
  2. ^ 新産業都市や工業整備特別地域における 土地利用整序の再検討に関する研究
  3. ^ 『講座社会学3 村落と地域』166ページ
  4. ^ 『講座社会学3 村落と地域』153ページ


「新産業都市」の続きの解説一覧



新産業都市と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「新産業都市」の関連用語

新産業都市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



新産業都市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの新産業都市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS