訓令とは? わかりやすく解説

くん‐れい【訓令】

読み方:くんれい

[名](スル)上級官庁下級官庁に対して権限行使指揮するために命令を発すること。また、その命令。→通達

「訓令」に似た言葉

訓令

読み方:クンレイ(kunrei)

上級官庁がその職務上事項に関して下級官庁発する命令


訓令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 10:20 UTC 版)

訓令(くんれい)とは、行政機関(上級官庁)が所管の別の行政機関(下級官庁)及び職員に対して有する指揮監督権の一つ[1]


注釈

  1. ^ 国家公務員法98条1項、地方公務員法33条からの服従義務。公務員がこれに違反する事は、職務上の義務への違反(国家公務員法82条1項2号、地方公務員法29条1項2号)にあたる事となり、懲戒の対象になる。また、国家公務員及び地方公務員については、国家公務員法98条1項及び地方公務員法32条からの法令等遵守義務及び職務命令服従義務により、当該職員に対して適用される法に基づく全ての訓令についてその違反は国家公務員法82条1項1号及び地方公務員法29条1項1号による懲戒の対象になる。

出典

  1. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典. “指揮監督権”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 日本大百科全書. “訓令”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月5日閲覧。
  3. ^ a b c 世界大百科事典. “訓令”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月5日閲覧。
  4. ^ 百科事典マイペディア. “訓令”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月5日閲覧。
  5. ^ a b ブリタニカ国際大百科事典. “訓令”. コトバンク. 株式会社DIGITALIO. 2022年5月5日閲覧。
  6. ^ 防衛省における文書の形式に関する訓令(昭和38年防衛庁訓令第38号)防衛省情報検索サービス


「訓令」の続きの解説一覧

訓令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 12:27 UTC 版)

刑務官」の記事における「訓令」の解説

施行 訓令 変更内容 2001年3月31日 平成12年12月21日矯保訓第3789号 警備服用階級章制定制服制定されている主任看守部長階級章については設定無し2011年4月1日 平成23年3月14日矯成訓1428法務大臣訓令 常装として着装される被服の名称を通常勤務服に変更階級章警備服と同一にする。記章任用研修課程高等科又は任用研修課程中等科法務教官応用若しくは法務技官応用課を修了した主任矯正処遇官及び係長着装させる。主任看守部長記載全て無くなる。 2014年4月1日 平成26年2月13日矯成訓1 通常勤務服の階級章変更副看守長階級章主任矯正処遇官及び係長にある者とそれ以外分ける。警備服の階級章変更無し、但し主任矯正処遇官及び係長である副看守長階級章の上に記章着装する2020年4月1日 令和2年3月30日矯成訓1 通常勤務服階級章副看守長区分任用グループ区分及び監督業従事者そうでない者との区分明確にするため、中等科応用科及び高等科グループ副看守長監督業務に従事する副看守長監督業務に従事しい副看守長3区分に変更した記章は、主任副看守長着装する警備服・特別機動警備隊警備階級章 上記通常勤務と同様副看守長区分変更に伴う製式の変更のほか、記章着装通常勤務服の階級章整合するよう、矯正監、矯正副長看守長等の階級章の製式を変更した

※この「訓令」の解説は、「刑務官」の解説の一部です。
「訓令」を含む「刑務官」の記事については、「刑務官」の概要を参照ください。


訓令

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 02:38 UTC 版)

法令」の記事における「訓令」の解説

行政機関およびその職員対象として定められる命令である。各省大臣各委員会及び各庁の長官が、その機関所掌事務について命令するため、所管の諸機関及び職員に対し発するものである公共性強く官報各行政機関のホームページ等に掲載されるものと、行政機関中堅幹部下の役職配置定めるなどの非公表扱いものがある

※この「訓令」の解説は、「法令」の解説の一部です。
「訓令」を含む「法令」の記事については、「法令」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「訓令」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「訓令」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「訓令」の関連用語

訓令のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



訓令のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの訓令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの刑務官 (改訂履歴)、法令 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS