信念とは? わかりやすく解説

しん‐ねん【信念】

読み方:しんねん

正しいと信じ自分の考え。「—を貫き通す」「固い—」

宗教を信じる気持ち信仰心


信念

作者アイザック・アシモフ

収載図書変化の風
出版社東京創元社
刊行年月1986.8
シリーズ名創元推理文庫


信念

作者武田泰淳

収載図書日本掌編小説秀作選 上 雪・月
出版社光文社
刊行年月1987.12
シリーズ名光文社文庫

収載図書小説 1
出版社文英堂
刊行年月1995.3
シリーズ名近代名作

収載図書高校生におくる近代名作館 3 小説1を読んでませんか 新装版
出版社文英堂
刊行年月1998.9


信念

作者関口誠人

収載図書青春ちゃん
出版社CBS・ソニー出版
刊行年月1988.1


信念

作者小林正樹

収載図書“浅”見の明
出版社彩図社
刊行年月1999.10
シリーズ名ぶんりき文庫


信念

作者星新一

収載図書妄想銀行
出版社双葉社
刊行年月1999.11
シリーズ名双葉文庫


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/25 22:31 UTC 版)

信念(しんねん、英語:belief)とは信じられる内容のことである[要出典]。それを裏付ける証拠が有るか無いかは問われない。






「信念」の続きの解説一覧

信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 06:19 UTC 版)

ミーム」の記事における「信念」の解説

それ自身盲目的に信じること要求するようなミーム。どんな議論突き当たって心から追い出されない。伝道結びつくと、どんな内容でも拡散できるマインド・ウイルスとなる。

※この「信念」の解説は、「ミーム」の解説の一部です。
「信念」を含む「ミーム」の記事については、「ミーム」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/10 05:35 UTC 版)

サント・ニランカーリー・ミッション」の記事における「信念」の解説

サントニランカリミッションは、神の実現を通して自己実現目指してます。 人間は、神によって創造され他のすべての種よりも優れていると言われています。彼が永遠の真実一時的な存在現実非現実望ましいものと望ましくないものを区別することを可能にする知性授けられたのは人間だけです。ただし、このためには、何が真実で現実で、望ましいのかを理解している必要があります通常私たち私たち取り巻くすべてのものを見つけます。それは日常生活の中で起こり私たちが行すべてのことは真実現実、そして事実の問題です。しかし、これらすべてを注意深く見ると、これらの現実永遠に続くものでも、永遠に一定のものでもないことがわかります時間、場所、人の変化とともに変化しますしたがって、私たち必要なのは、究極真実究極現実無限で永遠時を超えて誕生と死を超えて、場所を超えて-どこでも同じですべてのアイデンティティを超えて-カーストや色に関係なくすべての人にとって同じです人種宗教国籍など そして、この究極真実究極現実。この至高の永遠の無限の実体は神です。彼の形のない存在において、何も存在しないときにそこにいたのは彼であり、すべてが存在するときに彼はそこにあり、そして何も存在しないときにそこにいるでしょう-生物または無生物したがって、人間の生活の主な目的は、この形のない属性のない遍在する全知の、そして全能の神を知ることです。 これが私たち生きる目的です。それが成し遂げられ、神が私たち考え言葉行動関連付けられると、私たち何が真実で現実で、望ましいかを知ることができます。 ですから、いつでもどこでも、どんな状況でも、心と神を結びつけなければなりません。これは人生意味のある楽しい、そして満足のいくものにします。これは完全な調和の状態につながり、ここでの生活を幸せにし、来世永遠の至福獲得します。 ミッション信者は、ミッションさまざまなセンター開催される定期的な会衆を通して霊性実践します。サントニランカリサマガムと呼ばれる毎年恒例会衆は、サマルカのサントニランカリスピリチュアルコンプレックスでも開催され多くの信者集まってスピリチュアリティについての考え共有してます。

※この「信念」の解説は、「サント・ニランカーリー・ミッション」の解説の一部です。
「信念」を含む「サント・ニランカーリー・ミッション」の記事については、「サント・ニランカーリー・ミッション」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 05:46 UTC 版)

フランク・W・ボイキン」の記事における「信念」の解説

ボイキン1963年7月陰謀利益相反有罪判決を受け 、議会影響利用してJ・ケネス・エドリンに対する郵便詐欺告発取り消すことにより、陰謀利益相反罪で有罪判決受けた彼は6か月保護観察務め罰金科された。 彼は後にロバート・F・ケネディ司法長官による要請で、1965年ジョンソン大統領から全面的な恩赦受けた

※この「信念」の解説は、「フランク・W・ボイキン」の解説の一部です。
「信念」を含む「フランク・W・ボイキン」の記事については、「フランク・W・ボイキン」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

勝利 (教会)」の記事における「信念」の解説

すべての国の教会会員教会として、ビクトリーフィリピン福音教会評議会信仰声明順守します。

※この「信念」の解説は、「勝利 (教会)」の解説の一部です。
「信念」を含む「勝利 (教会)」の記事については、「勝利 (教会)」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「信念」の解説

『OG2』登場1ターンの間、特殊武器によるステータス異常を受けなくなる。移植版である『OGS』には存在しないが、『無限のフロンティア』で再登場した。『無限のフロンティア』では、効果が3ターン持続する

※この「信念」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「信念」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 04:57 UTC 版)

ケムトレイル」の記事における「信念」の解説

ケムトレイル陰謀論は、様々な種類のものがインターネットラジオ番組を介して拡散されてきた。ケムトレイル陰謀論特化したウェブサイト存在しており、政府に対する懐疑合致していることから、特に極右集団好まれている。 2014年ケムトレイル陰謀論に関する20個のウェブサイト対象行われた調査では、信奉者科学に訴える部分もあるが、学者政府系科学者による発言信じていないことが判明した科学者連邦政府機関は、ケムトレイル存在一貫して否定しており、空にある軌跡は、単に長時間持続している飛行機雲であると説明しているまた、ケムトレイル世界的な陰謀がある証拠であると考えている信奉者が多いことも判明した疑われている陰謀目的様々であり代表的なものとしては、利益獲得例えば、先物価格操作や、製薬会社利益のために人々病気にさせるなど)や人口抑制、および兵器の実験天候兵器として利用することや、生物兵器実験など)が挙げられるそのような信念の一つには、「高周波活性オーロラ調査プログラムHAARP)を中心とした大規模な電磁超兵器計画の一環として、伝導性物質混入されている」とするものもある。2014年行われた報告によると、信奉者一般的にすべての人攻撃を受けていると感じており、これについて恐怖や不安、悲しみ怒り表明することが多い。アメリカ、カナダイギリスの人々対象とした2011年調査では、陰謀論完全に信じているサンプルは2.6%であり、部分的に信じているサンプル14%であった2016年の「Cooperative Congressional Election Studyに対する回答分析によると、36,000人の回答者のうち9%が「政府航空機使用して有害な化学物質空中散布する秘密計画実施している」ことを「完全に真実」だと信じていた。さらに19%が「部分的に真実」であると信じていた。

※この「信念」の解説は、「ケムトレイル」の解説の一部です。
「信念」を含む「ケムトレイル」の記事については、「ケムトレイル」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:25 UTC 版)

ボーア人」の記事における「信念」の解説

境界地域ボーア人独立精神機知忍耐力自給自足知られており、その政治的概念無政府状態近かった共和主義による影響を受け始めていた。 ボーア人は、トレックボーア集団から顕現したヨーロッパとの関係を断ち切ったボーア人明確なプロテスタント文化所有しており、ボーア人その子孫大部分改革派教会信徒だった。オランダ改革派教会(Nederlandse Hervormde Kerk)が南アフリカ共和国(1852-1902)の国立教会であったオレンジ自由国(1854-1902)は、オランダプロテスタントであるオラニエ=ナッサウ家(通称House of Orange)にちなん命名されものである無条件の予定説神の摂理といった基本的なカルヴァン主義教義影響は、ボーア文化少数ながら残り続けており、彼らは国内法遵守したり災難と苦難キリスト教義務一部として受け入れることを社会における自分達の役割だと見なしている。多くのボーア人その後改宗しており、現在はバプテスト派カリスマ派ペンテコステ派ルーテル教会信徒である。

※この「信念」の解説は、「ボーア人」の解説の一部です。
「信念」を含む「ボーア人」の記事については、「ボーア人」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 02:18 UTC 版)

吉田哲哉」の記事における「信念」の解説

社台ファームにはノーザンファーム追分ファームリリーバレーのような屋根付き全天候型坂路存在しないが、吉田は「屋根かけても馬の脚速くなるわけではありません」と述べており、導入には消極的である

※この「信念」の解説は、「吉田哲哉」の解説の一部です。
「信念」を含む「吉田哲哉」の記事については、「吉田哲哉」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 02:48 UTC 版)

オルタナ右翼」の記事における「信念」の解説

オルタナ右翼には公式のイデオロギーがあるわけではないAP通信も、「(オルタナ右翼という)思想定義する唯一の方法など存在しない」と述べている。 オルタナ右翼には、次のような思想要素含まれるとされている白人ナショナリズム白人至上主義反ユダヤ主義右翼ポピュリズム排外主義新反動主義運動。 『Newsday』のコラムニストであるキャシー・ヤングによると、オルタナ右翼合法違法を問わず移民に対して強く反対しており、ヨーロッパ難民危機に対して強硬な態度を取るという特徴がある。『The Federalist』のロバート・トラシンスキの記事によると、オルタナ右翼異種族混交反対し、集産主義部族主義支持している。ニコル・ヘマーが『NPR』で述べるところでは、オルタナ右翼にとってポリティカル・コレクトネスは「自らの自由に対す最大の脅威」として考えられている。 ゆるく定義されオルタナ右翼共通する特徴としては、主流政治に対する軽蔑的態度と、2016年大統領選挙におけるドナルド・トランプ候補への支持挙げられる。しかし、トランプ自身は活気づけたい集ではなく私は否定する」とオルタナ右翼否定的である。 インディアナ大学研究チームが#AltRghtMeansのハッシュタグ付いたツイート5万件を分析した結果次のテーマオルタナ右翼頻出するという。反フェミニズム、反多文化主義、反ポリティカル・コレクトネス白人罪悪感特権レイシズムミソジニー、そしてヒラリー・クリントンへの嫌悪憎悪また、Twitter上でオルタナ右翼は、ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアーと似たような性格プロフィール持ち他の人々よりも感情的である。Twitterでの感情表現において、オルタナ右翼はよりポジティブな感情表現行い、ソーシャル・ジャスティス・ウォーリアーはよりネガティブな感情表現行っている

※この「信念」の解説は、「オルタナ右翼」の解説の一部です。
「信念」を含む「オルタナ右翼」の記事については、「オルタナ右翼」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 16:36 UTC 版)

デジ・アーナズ」の記事における「信念」の解説

アーナズボールエスニックジョーク身体的障害精神的障害笑い繋げることを避けた。ただしリッキー・リカードのスペイン語訛りの英語だけは例外とし、これをジョークできるのは妻であるルーシーのみの設定となった。 「世界中で他の国知らない」「16歳のほんの子供がやって来て、言葉話せない」のに成功掴んだことについて語ったことがある9年亘る番組のリッキー・リカードの役どころ典型的な1950年代アメリカン・ドリーム反映している番組開始当初小さなブラウンストーンアパートメント住んでいた。後にリカード大きなチャンス掴み一時的に仕事先ハリウッドにあるおしゃれなホテルスイート・ルーム宿泊したその後ニューヨーク戻りヨーロッパ中を旅行した最終的にリカード一家コネチカット州ウエストポート豪華な邸宅引っ越した

※この「信念」の解説は、「デジ・アーナズ」の解説の一部です。
「信念」を含む「デジ・アーナズ」の記事については、「デジ・アーナズ」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/10 04:44 UTC 版)

藤井恵照」の記事における「信念」の解説

保護の裏付けなくして刑務教誨徹底期し得ない

※この「信念」の解説は、「藤井恵照」の解説の一部です。
「信念」を含む「藤井恵照」の記事については、「藤井恵照」の概要を参照ください。


信念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 09:45 UTC 版)

ジェイムズ・ラッセル・ローウェル」の記事における「信念」の解説

ローウェル奴隷制度廃止運動家だったが、そのアフリカ系アメリカ人に関する意見揺れ動いたローウェル黒人への選挙権付与提唱したが、彼らが投票できるということはトラブルになりうると述べていた。それでも、「我々は、白人がその知性伝統的優越性によって、新し物事秩序から重大な誤りを防ぐだけの支配力維持する考えている」と記していた。解放された奴隷は、「汚く怠け者で、寝てばかりだ」と書いていた。奴隷制度廃止運動家のマリア・ホワイトと結婚するであっても、「奴隷制度廃止運動家は現在ある党の中で私が同調する唯一のものである。」と記した結婚後、当初はマリア運動に対する熱心さには行きつかなかったが、最後引き込まれた。この夫婦逃亡奴隷に金を与えることが多く、それは自分たちの財政状態それほど良くないときでもそうであり、特に配偶者や子供を自由にしたいと求められればなおさらだった。それでもローウェル運動のフォロワーと常に意見が一致したわけではなかった。そのような人々大半は、「無知な人チェリーを扱うように概念を扱う。彼らは石も何も飲み込むならば不健全であると考える」と言っていた。ローウェルは『ビッグロー・ペーパーズ』第2集南部人を好ましくないように描いたが、1855年までに、南部人は「弱いこと有罪である」と認め1868年には、南部人と奴隷制度に関するその見解同調すると言っていた。ローウェルの敵と友人同じように奴隷制度問題に関するその揺れ動く見解問題にした。奴隷制度廃止運動家のサミュエル・ジョセフ・メイはローウェルハーバード関わり、ボストン・ブラーミン文化親しんでいるので運動止めようとしていると非難した。「カレッジボストン・サークル滑らかで威厳があり、自己満足で、変化を嫌う社会没入していたローウェルは全く超越し、「世間体」を気にしていた」と言っていた。 ローウェルはまたその他の改革運動にも関わった工場労働条件改善促し極刑反対し、禁酒運動支持した友人であるロングフェローはその禁酒運動に関する熱狂さを特に心配しローウェル自分のワインセラー破壊しと言うではないか心配していた。ローウェル学生時代に酒を飲んでいたという話が多く学校におけるその評判一部はそれに基づいていた。友人のエドワード・エバレット・ヘイルはこれらの逸話否定しその時代でもローウェルは「反ワインクラブ加入することを検討し後に結婚生活初期には絶対禁酒主義者になった。しかし、ローウェル名声を得るうになると、社交界クラブ人気を得て、妻と離れているところではむしろ大酒飲んだローウェル酒を飲むとき高揚感から逆上まで気分振幅激しかった

※この「信念」の解説は、「ジェイムズ・ラッセル・ローウェル」の解説の一部です。
「信念」を含む「ジェイムズ・ラッセル・ローウェル」の記事については、「ジェイムズ・ラッセル・ローウェル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「信念」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

信念

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 10:18 UTC 版)

名詞

しんねん

  1. 物事深く信じ疑わない心。

発音(?)

し↘んねん

「信念」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



信念のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの信念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのミーム (改訂履歴)、サント・ニランカーリー・ミッション (改訂履歴)、フランク・W・ボイキン (改訂履歴)、勝利 (教会) (改訂履歴)、精神コマンド一覧 (改訂履歴)、ケムトレイル (改訂履歴)、ボーア人 (改訂履歴)、吉田哲哉 (改訂履歴)、オルタナ右翼 (改訂履歴)、デジ・アーナズ (改訂履歴)、藤井恵照 (改訂履歴)、ジェイムズ・ラッセル・ローウェル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの信念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS