決定論とは?

けってい‐ろん【決定論】

哲学で、一切の事象、特に自由と考えられている人間意志やそれに基づく行為は、何らかの原因によってあらかじめ全面的決定されているとする説。必然論。デターミニズム。→偶然論


決定論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/26 07:09 UTC 版)

決定論(けっていろん、: determinism: determinare)とは、あらゆる出来事は、その出来事に先行する出来事のみによって決定している、とする立場。






「決定論」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「決定論」の関連用語

決定論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



決定論のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの決定論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS