場の量子論とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 場の量子論の意味・解説 

ば‐の‐りょうしろん〔‐リヤウシロン〕【場の量子論】


場の量子論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 08:31 UTC 版)

場の量子論(ばのりょうしろん、英:Quantum Field Theory)は、量子化された素粒子物理ではこれが素粒子そのものに対応する)の性質を扱う理論である。


  1. ^ 清水明 『新版 量子論の基礎―その本質のやさしい理解のために―』サイエンス社、2004年。ISBN 4-7819-1062-9 
  2. ^ 新井朝雄「場の量子論の数理 : Mathematical Aspects of Quantum Field Theory」応用物理, Vol3, No.4, P.292-306 (1993).
  3. ^ a b c 長島順清 『素粒子物理学の基礎I』朝倉書店〈朝倉物理学大系〉、2002年。ISBN 4-254-13673-0 
  4. ^ 吉田伸夫 『素粒子論はなぜわかりにくいのか~場の考え方を理解する』技術評論社、2013年。ISBN 978-4774161310 
  5. ^ 坂本眞人 『場の量子論-普遍性と自由場を中心として-』裳華房〈量子力学選書〉、2014年。ISBN 978-4785325114 
  6. ^ Wigner Biography Archived 2011年9月23日, at the Wayback Machine.
  7. ^ Ann. of Math. (2) 40 (1939), 149-204
  8. ^ 南部理論と物性物理学
  9. ^ Symmetry and Symmetry Breaking


「場の量子論」の続きの解説一覧

場の量子論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/28 02:54 UTC 版)

AdS/CFT対応」の記事における「場の量子論」の解説

詳細は「場の量子論」および「共形場理論を参照 空間と時間広がっている電磁場のような物理的対象量子力学応用は、場の量子論として知られている素粒子物理学では、場の量子論は基本粒子理解基礎をなし、基本的な場の励起としてモデル化される。場の量子論は、また準粒子呼ばれる対象のような粒子モデル化するため凝縮系物性全体に使われるAdS/CFT対応では、量子重力理論に加えて共形場理論呼ばれるある場の量子論の一種考える。この場理論は、特別な対称性持ち数学的に扱い易いタイプの場量子論である。 この理論は、よく弦理論脈絡の中で研究され時空の中を伝播する弦の軌跡としてワールドシート(英語版)と結びつき統計力学では、熱力学的臨界点で系をモデル化している。

※この「場の量子論」の解説は、「AdS/CFT対応」の解説の一部です。
「場の量子論」を含む「AdS/CFT対応」の記事については、「AdS/CFT対応」の概要を参照ください。


場の量子論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/10 17:58 UTC 版)

時間順序積」の記事における「場の量子論」の解説

場の量子論においても同様に場の演算子の積に対して時間順序積定義される。但し、場の演算子の場合はボソン演算子フェルミオン演算子では、並べ替えにおける符号付加有無異なる。2つの場演算子A1(t1)、A2(t2)の積において、その時順序積は T { A 1 ( t 1 ) A 2 ( t 2 ) } = { A 1 ( t 1 ) A 2 ( t 2 ) ( t 1 > t 2 ) ± A 2 ( t 2 ) A 1 ( t 1 ) ( t 2 > t 1 ) = θ ( t 1t 2 ) A 1 ( t 1 ) A 2 ( t 2 ) ± θ ( t 2t 1 ) A 2 ( t 2 ) A 1 ( t 1 ) {\displaystyle {\begin{aligned}T\{A_{1}(t_{1})A_{2}(t_{2})\}&=\left\{{\begin{matrix}A_{1}(t_{1})A_{2}(t_{2})&\quad (t_{1}>t_{2})\\\pm A_{2}(t_{2})A_{1}(t_{1})&\quad (t_{2}>t_{1})\end{matrix}}\right.\\&=\theta (t_{1}-t_{2})A_{1}(t_{1})A_{2}(t_{2})\pm \theta (t_{2}-t_{1})A_{2}(t_{2})A_{1}(t_{1})\end{aligned}}} で与えられる。ここで、符号±は+がボソン演算子、−がフェルミオン演算子の場合に対応する。この符号与え方により、反交換するフェルミオンの場合にもt1t2としたときに、t1>t2結果t2>t1結果一致するより一般にn 個の場の演算子A1(t1)、...、An(tn)の積において、時間順序積が T { A 1 ( t 1 ) A 2 ( t 2 ) ⋯ A n ( t n ) } = ∑ p θ ( t p 1 > t p 2 > ⋯ > t p 2 ) ϵ ( p ) A p 1 ( t p 1 ) A p 2 ( t p 2 ) ⋯ A p n ( t p n ) {\displaystyle T\{A_{1}(t_{1})A_{2}(t_{2})\dotsb A_{n}(t_{n})\}=\sum _{p}\theta (t_{p_{1}}>t_{p_{2}}>\dots >t_{p2})\epsilon (p)A_{p_{1}}(t_{p_{1}})A_{p_{2}}(t_{p2})\dotsb A_{p_{n}}(t_{p_{n}})} で定義される。ここで、添え字p についての和は、n 次の対称群における置換全てにわたる和を意味し記号ε(p)ボソン演算子の場合には1、フェルミオン演算子には置換の符号を表すものとする

※この「場の量子論」の解説は、「時間順序積」の解説の一部です。
「場の量子論」を含む「時間順序積」の記事については、「時間順序積」の概要を参照ください。


場の量子論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/27 05:38 UTC 版)

反粒子」の記事における「場の量子論」の解説

場の量子論においてはディラック方程式の解を運動量空間展開し負の振動モードを表す場に対して反粒子と呼ぶ。この枠組みでは、粒子反粒子衝突し光子変わる、などの過程生成消滅演算子用いて数学的に記述することが出来る現在の素粒子論は、場の量子論に立脚した標準模型実験結果を非常に正確に記述することが分かっており、粒子反粒子散乱断面積崩壊幅などは場の理論用いて計算することが出来る数学的取り扱いにおいては粒子時間軸過去に向かって進んでいるものを反粒子である、と解釈することもある(CPT定理)。

※この「場の量子論」の解説は、「反粒子」の解説の一部です。
「場の量子論」を含む「反粒子」の記事については、「反粒子」の概要を参照ください。


場の量子論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/17 21:26 UTC 版)

パリティ (物理学)」の記事における「場の量子論」の解説

場の量子論において以下の3つの条件全て満たされている場合全ての状態に対して固有パリティ定義することができ、このパリティあらゆる反応において保存することとなる。 真空状態パリティの下で不変である。 (P|0> = |0>) ハミルトニアンパリティ不変である。 ([H, P] = 0) 量子化条件パリティの下で不変性を保つ。 量子電磁力学パリティ保存する理論代表的な例である。このことを示すためには、その作用パリティ不変であり量子化パリティ破らないことを証明する必要がある以下では簡単のため、正準量子化用いられることを仮定する。このとき、その真空状態量子化構築によってパリティの下で不変である作用不変性マクスウェル方程式古典的不変性から得られる正準量子化手続き不変性達成することができるが、消滅演算子変換依存することが分かるPa(p, ±)P+ = −a(−p, ±) ここで p は光子運動量表し、± はその偏光状態を表す。これは、光子は奇の固有パリティを持つことを意味する同様に全てのベクトル粒子奇数固有パリティ持ち全てのベクトル中間子は偶の固有パリティを持つことを示すことができる。

※この「場の量子論」の解説は、「パリティ (物理学)」の解説の一部です。
「場の量子論」を含む「パリティ (物理学)」の記事については、「パリティ (物理学)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「場の量子論」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



場の量子論と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「場の量子論」の関連用語

場の量子論のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



場の量子論のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの場の量子論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのAdS/CFT対応 (改訂履歴)、時間順序積 (改訂履歴)、反粒子 (改訂履歴)、パリティ (物理学) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS