ヒッグス機構とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > ヒッグス機構の意味・解説 

ヒッグス機構

読み方:ヒッグスきこう
英語:Higgs mechanism

ヒッグス粒子作用によって物質質量発生する仕組み過程

ヒッグス粒子満ちていると仮定される空間ヒッグス場)の中を物体が進むことにより、粒子ヒッグス粒子抵抗を受けて、動きにくくなる。これが質量となる、という考え方である。

ヒッグス機構

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 20:49 UTC 版)

ヒッグス機構(ヒッグスきこう、Higgs mechanism)とは、ピーター・ヒッグス1964年に提唱した、ゲージ対称性の自発的破れと質量の生成に関する理論である[1]


  1. ^ Higgs (1964)
  2. ^ a b c 『改訂 物理学事典』 p.1710 「ヒグス機構」
  3. ^ Englert–Brout–Higgs–Guralnik–Hagen–Kibble Mechanism on Scholarpedia”. Scholarpedia.org. 2012年6月16日閲覧。
  4. ^ Liu, Guo-Zhu; Cheng, Geng (2002). “Extension of the Anderson-Higgs mechanism”. Physical Review B 65 (13). doi:10.1103/PhysRevB.65.132513. ISSN 0163-1829. 
  5. ^ a b Close, Frank (2011). The Infinity Puzzle: Quantum Field Theory and the Hunt for an Orderly Universe. Oxford: Oxford University Press. ISBN 978-0-19-959350-7. 
  6. ^ a b 標準模型(電弱対称性)のもののみを指して使われる場合もあるが、通常は大統一論に現れる大きなゲージ群を破る場や標準模型の拡張版のヒッグス場など自発的に対称性を破るスカラー場一般をヒッグス場と呼ぶ。
  7. ^ 九後 (1989) (「摂動計算に不向き」は原文ままである)


「ヒッグス機構」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヒッグス機構」の関連用語

ヒッグス機構のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヒッグス機構のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒッグス機構 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS