重力とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 物理学 > 重力 > 重力の意味・解説 

じゅう りょく ぢゆう- [1] 【重力】

万有引力」に同じ。
大きな力。 〔オランダ語 zwaartekracht を zwaarte (重さ)と kracht (力)とに分け漢字をあてた訳。「求力法論」(1784年)や「暦象新書」(1798~1802年)にある〕


【重力】(じゅうりょく)

推力抗力揚力と並ぶ航空機にかかる4つの力一つ
一般に天体(特に地球)の引力のことをいう。地球引力を「1G=9.8m/s*s=1N(ニュートン)」としている。この加速度重力加速度と呼ぶ。

式で表すと
重力=(G*M*m)/(d^2) (G:万有引力定数=6.67×10^-11 M,m:2物体質量 d:物体間の距離)
となる。
引力あらゆる物体持っているが、運動によって起こる力(遠心力)に比べれば非常に小さい。
だが、巨大質量を持つ物体であれば意味を持つ。

また、距離の2乗反比例するため、物体から離れるたちどころに弱くなる。
だが、重心位置間の距離であるため、地球表面でもdの値は十分に大きく高々10km程度上昇したところで重力の変化感じることは無い。

しかしながら人工衛星程の高度では意味を持つ。
人工衛星地球引っ張る力(重力)を上向きにかかる遠心力相殺して常に同じ高度に位置しているが、衛星の高度が高ければ高いほど遠心力小さくてよい。(軌道速度低)
ちなみに地球表面上すれすれの衛星となるための速度第一宇宙速度(7.9km/s 2.8km/h)という。
静止軌道での軌道速度は、3.0km/s(1.1km/h)となる。

宇宙飛行士訓練で、1G上の加速度降下する航空機に乗って大気圏内で無重力状況体験させるプログラムがあるが、高度や速度制約から、落下1回当り20程度限界である。


重力 gravity

gravitaionともいう。質量を持つ二つ物体が、互いに引き合う力(引力)のこと。惑星質量が多いほど重力が強くなる。人間質量のより大きな惑星降り立てば、その人質量変わらない体重はより重くなる。しかし、重力は距離が大きくなればなるほと弱くなる。木星質量地球318倍あるが、木星表面では、体重318倍にはならない。それは表面中心から非常に離れているからである。

重力

17世紀ニュートン全ての物体おたがいに引き合う考えた(万有引力)。これ が重力である。今世紀になって,アインシュタインは,重力はエネルギー質量もこの 一形態)が時空間ゆがめることにより発生するという一般相対性理論提唱した。一 般相対性理論今のところ正しそうであるが,素粒子世界では量子力学との整合性が 悪く根本的理論ではないとされている。超重力理論最近では超弦理論などが提唱さ れ,研究されているが,非常にむずかしい問題を含んでおりまだ決着見ていない。

重力

作者アン・ビーティ

収載図書燃える家
出版社ブロンズ新社
刊行年月1989.3

収載図書燃える家―ほか15短篇
出版社ソニー・マガジンズ
刊行年月2002.10
シリーズ名ヴィレッジブックス


重力

作者デイヴィッド・レーヴィット

収載図書行ったことのないところ
出版社河出書房新社
刊行年月1993.5


重力(じゅうりょく)

 空を飛ぶパラグライダーには、一見、重力は邪魔な存在かのように見える。しかし実はこの重力が働くからこそ、自由に滑空する事が可能となっている。

重力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/22 14:31 UTC 版)

重力(じゅうりょく)とは、


  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 村田一郎 「重力、重力異常」『世界大百科事典』、1988年。
  3. ^ a b c d e f 横山雅彦 「重力」『哲学・思想事典』、1998年。
  4. ^ a b c 矢野健太郎 『アインシュタイン』 講談社学術文庫、1991年、127–166頁。ISBN 4-0615-8991-1
  5. ^ a b 高橋憲一 「太陽中心説」『哲学・思想事典』、1998年。
  6. ^ マックス・ボルン; 林 一訳 『アインシュタインの相対性理論』 東京図書、1980年、82頁。ISBN 4-4890-1007-9 
  7. ^ a b 佐藤文隆; 松田卓也 『相対論的宇宙論』 講談社、1981年、232頁。 
  8. ^ 朝永振一郎 『物理学読本』 (第2版) みすず書房、1981年、28頁。ISBN 4-622-02503-5 
  9. ^ 前田恵一 (2013). 重力とは何か?―宇宙を支配する不思議な力 (ニュートンムック Newton別冊). ニュートンプレス. p. p.37. 
  10. ^ ペーター・G・ベルグマン; 谷川安孝訳 『重力の謎 一般相対性理論入門』 講談社、1981年、163頁。 



重力

出典:『Wiktionary』 (2011/07/09 20:00 UTC 版)

名詞

じゅうりょく

  1. ある天体表面付近、または付近宇宙空間にある物体に対して、その天体自体が及ぼす一般に地球におけるそれを指す。
  2. 転じて質量によって発生する引力

発音

じゅ↘ーりょく

関連語

派生語

語義2

翻訳




重力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重力」の関連用語

重力のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



重力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2019.
素粒子事典素粒子事典
(C) Copyright 2019 Sadaharu UEHARA and Junpei SHIRAI
この記事は、「素粒子事典」の2006年8月3日版を転載しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
浜名湖パラグライダースクール浜名湖パラグライダースクール
Copyright (C) 2019 浜名湖パラグライダースクール All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの重力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS