回転運動とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > スポーツ > 競技 > 運動 > 回転運動の意味・解説 

回転運動

読み方:かいてんうんどう

円または円に近い軌跡描いて元の位置戻ってくる動きを指す語。回転による運動

かいてん‐うんどう〔クワイテン‐〕【回転運動】

読み方:かいてんうんどう

物体あるいは質点系が、相互相対的位置変えずに、一定ののまわりを回る運動


回転運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/03/26 00:23 UTC 版)

真空フィードスルー」の記事における「回転運動」の解説

回転に対しては以下のようなフィードスルーがある。 Oリング オイルシール ウィルソンシール 磁性流体シール マグネットカップリング 溶接ベローズ --- 溶接により製作され蛇腹真空から隔てられた、ベアリングとwobbling機構により伝えられる

※この「回転運動」の解説は、「真空フィードスルー」の解説の一部です。
「回転運動」を含む「真空フィードスルー」の記事については、「真空フィードスルー」の概要を参照ください。


回転運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/10 12:55 UTC 版)

操船術」の記事における「回転運動」の解説

船首揺れヨーイング; Yawing)……垂直を中心軸に、水平面時計廻り反時計廻り回転する横揺れローリング; Rolling)……船首船尾中心軸に、右廻り左廻り回転する縦揺れピッチング; Pitching)……左右中心軸に、前転後転回転する

※この「回転運動」の解説は、「操船術」の解説の一部です。
「回転運動」を含む「操船術」の記事については、「操船術」の概要を参照ください。


回転運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/14 19:42 UTC 版)

二原子分子」の記事における「回転運動」の解説

古典力学における回転運動エネルギーは、 E r o t = L 2 2 I {\displaystyle E_{\mathrm {rot} }={\frac {L^{2}}{2I}}} L は角運動量、I は分子の慣性モーメント である。しかし、原子レベル微小な系は量子力学により記述されるため、角運動量L 2 = l ( l + 1 ) ℏ 2 {\displaystyle L^{2}=l(l+1)\hbar ^{2}} l は正の整数、 ℏ {\displaystyle \hbar } はプランク定数を2πで割ったもの(ディラック定数) となる。また、分子慣性モーメントは I = μ r 0 2 {\displaystyle I=\mu r_{0}^{2}} μは分子の換算質量 ( μ = m 1 m 2 m 1 + m 2 ) {\displaystyle (\mu ={\frac {m_{1}m_{2}}{m_{1}+m_{2}}})} 、r0は2原子平均距離 となる。よって、二原子分子のErotは次のように表されるE r o t = l ( l + 1 ) ℏ 2 2 μ r 0 2 l = 0 , 1 , 2 , … {\displaystyle E_{\mathrm {rot} }={\frac {l(l+1)\hbar ^{2}}{2\mu r_{0}^{2}}}\quad l=0,1,2,\dots } ただし、二つ原子核が全く同一の場合特定のスピン状態に対して偶数奇数回転量子数しかとり得ない。これは、運動スピン合わせた全波関数が、交換に対して対称(スピン整数)もしくは反対称(スピン半奇数)となるためである。 「回転準位」も参照

※この「回転運動」の解説は、「二原子分子」の解説の一部です。
「回転運動」を含む「二原子分子」の記事については、「二原子分子」の概要を参照ください。


回転運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/05 16:05 UTC 版)

VIRGOHI21」の記事における「回転運動」の解説

VIRGOHI21は、異な位置では異な方向へと運動しているように見える。これは渦巻銀河などにみられる回転運動であると考えられるVIRGOHI21あまりにも高速で回転運動をしているので、水素質量のみでは銀河の形を保つことできない。その回転速度は、水素質量保てる速度1000を超えている。これは、通常の光っている銀河でも同様の問題抱えており、銀河の回転曲線問題呼ばれている。この問題解消には、一般的には光らないダークマター存在仮定するが、VIRGOHI21の場合、その量は太陽質量500億倍もあると考えられている。これはVIRGOHI21水素の量の500倍であり、通常の銀河比べると割合はかなり高い(通常の銀河50倍である)。通常の割合ら行けば、VIRGOHI21極めて明る銀河でなければならず、このことは、VIRGOHI21暗黒銀河であることを強く示唆する。しかし、その挙動修正ニュートン力学矛盾して見える。この問題解消するために、回転運動は水素手前にあることによる錯覚であるという説もあるが、やや無理がある

※この「回転運動」の解説は、「VIRGOHI21」の解説の一部です。
「回転運動」を含む「VIRGOHI21」の記事については、「VIRGOHI21」の概要を参照ください。


回転運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/09 04:32 UTC 版)

回転」の記事における「回転運動」の解説

回転の方向は時計運針方向基準時計回り (CW:Clockwise)、反時計回り (CCW:Counter Clockwise) あるいは、右回り左回りなどと称される物理的な説明円運動を、分子運動については回転準位を参照

※この「回転運動」の解説は、「回転」の解説の一部です。
「回転運動」を含む「回転」の記事については、「回転」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「回転運動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「回転運動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



回転運動と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

回転運動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



回転運動のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの真空フィードスルー (改訂履歴)、操船術 (改訂履歴)、二原子分子 (改訂履歴)、VIRGOHI21 (改訂履歴)、回転 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS