時の流れとは? わかりやすく解説

時の流れ

作者アン・ビーティ

収載図書あなたが私を見つける所
出版社草思社
刊行年月1990.4


時の流れ

作者アイザック・アシモフ

収載図書カリストの脅威
出版社早川書房
刊行年月1996.3
シリーズ名ハヤカワ文庫SF


時の流れ

作者フランク・ハイラー

収載図書救命センター36時間
出版社集英社
刊行年月2001.6


時の流れ

作者塚原晃

収載図書暇つぶし短編集
出版社文芸社
刊行年月2005.5


時の流れ

作者吉田かつよ

収載図書純愛短編小説集
出版社万葉の会
刊行年月2006.7


時の流れ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 09:38 UTC 版)

ドカベン プロ野球編」の記事における「時の流れ」の解説

プロ野球編高校野球編との最大の相違点は、高校野球編が現実時間の流れと全く関わりなく進行していたのに対してプロ野球編シーズン1年単位ではあるものの時間リアルタイムで進行している事である。 それを顕著に示しているのが、山田太郎の妹・サチ子成長である。高校野球編では小学校低学年だった彼女もリアルタイムで成長し泣き虫だった性格徐々に改善され一人前女性成長する。その逆もあり、前作先にプロ球団入団した土井垣将犬飼小次郎当時の日本ハム南海入団したのに、殆ど同世代として登場しその間時間空白にしている。 そして9年経過しFA権獲得すると、総裁崖渕壮兵衛大リーグ入り希望する山田世代選手たち日本球界繋ぎ留めるために、パ・リーグに「東京スーパースターズ」と「四国アイアンドッグス」という2つ新球団を誕生させ、山田らはその2球団移籍これにより作中パ・リーグ従来の6球団から8球団増加したちなみにその新球団にはプロでもない旧・ドカベン旧友ライバル集結したりと、やや強引な結末続編スーパースターズ編」へとシフトしていく事になる

※この「時の流れ」の解説は、「ドカベン プロ野球編」の解説の一部です。
「時の流れ」を含む「ドカベン プロ野球編」の記事については、「ドカベン プロ野球編」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「時の流れ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「時の流れ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「時の流れ」の関連用語

時の流れのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



時の流れのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドカベン プロ野球編 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS