科学革命とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会運動 > 革命 > 科学革命の意味・解説 

科学革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/30 08:39 UTC 版)

天文学
生物学
植物学英語版
化学
生化学
生態学英語版
地質学
古生物学英語版
物理学
数学
代数学英語版
微分積分学英語版
組合せ数学英語版
幾何学英語版
論理学
確率
統計学
三角法英語版
社会科学英語版
人類学英語版
経済思想
地理学
言語学英語版
政治学
心理学
社会学
持続可能性英語版
テクノロジー
農学史
計算機科学英語版
物質科学英語版





科学革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:24 UTC 版)

ガリレオ・ガリレイ」の記事における「科学革命」の解説

ガリレオは、ニコラウス・コペルニクスヨハネス・ケプラーアイザック・ニュートン並び、科学革命の中心人物とされている読者同一の実験促して検証させることによって、自説正しさ証明するという手段をとった、最初期科学者である。ただし、そのような手段をとった科学者ガリレオ以前にイブン・アル・ハイサムラテンアルハゼン)、ウイリアム・ハーベーウィリアム・ギルバートなどがいる(ハーベーギルバートも科学革命を推し進めた人物とされているまた、ガリレオ自著の中でたびたびギルバート言及している)。また、実験結果積極的に公表した最初期人物で、落体運動の定量的研究ニュートン研究促した。さらに、人工的に設定された状況での物体運動実験した最初の人物の一人ともされる

※この「科学革命」の解説は、「ガリレオ・ガリレイ」の解説の一部です。
「科学革命」を含む「ガリレオ・ガリレイ」の記事については、「ガリレオ・ガリレイ」の概要を参照ください。


科学革命

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/03 07:36 UTC 版)

近世における世界の一体化」の記事における「科学革命」の解説

詳細は「科学革命」を参照 科学革命とは歴史学者ハーバート・バターフィールド1949年提唱した時代名称で、ニコラウス・コペルニクスポーランド16世紀)、ヨハネス・ケプラードイツ)、ガリレオ・ガリレイイタリア)、アイザック・ニュートンイングランド)らによる科学上の発見と、科学哲学上の変化のことである。これは主として17世紀生じた大変革だった。この時期に起きた科学認識変化はまず、宇宙観にあったそれ以前天動説否定され地動説唱えられた。地動説は、単に惑星位置の計算方法変更とどまらず大きなパラダイム変革だった。ニュートン若くして微分積分学光学万有引力などの諸法則・定理発見した誰にでも検証可能な方法によって自説正しさ証明するという方法採らはじめたのもまた、この時代からだった。それ以前哲学的真理追究中心であり、科学的証明はあまり重要視されてこなかった。ガリレイは球を転がし振り子往復させ、誰でもじ実験を再現できることを示すことによって自説証明したケプラールドルフ星表作り天動説よりも地動説のほうが、より精密に惑星運行計算できることを明示したこれらの手法哲学にも大きな影響与えたフランシス・ベーコンジョン・ロックなどのイギリス経験論ルネ・デカルトブレーズ・パスカルなどの大陸合理論あらわれ近代哲学はじまったのも17世紀だった。 ピューリタン革命避けてフランス亡命したトマス・ホッブズは、『リヴァイアサン』を著して絶対王政擁護したが、社会国家人民契約により成立するとした社会契約説説いた点に新しさがあった。経験論哲学ロック社会契約説き、『市民政府二論』では自然権中心財産権におき、革命権唱えて名誉革命支持したまた、その思想アメリカ独立戦争にも影響与えた

※この「科学革命」の解説は、「近世における世界の一体化」の解説の一部です。
「科学革命」を含む「近世における世界の一体化」の記事については、「近世における世界の一体化」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「科学革命」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



科学革命と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「科学革命」の関連用語

科学革命のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



科学革命のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの科学革命 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガリレオ・ガリレイ (改訂履歴)、近世における世界の一体化 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS