微分積分学とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 専攻 > 積分学 > 微分積分学の意味・解説 

微分積分学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/01 11:15 UTC 版)

微分積分学(びぶんせきぶんがく, calculus)とは、解析学の基本的な部分を形成する数学の分野の一つである。微分積分学は、局所的な変化を捉える微分と局所的な量の大域的な集積を扱う積分の二本の柱からなり、分野としての範囲を確定するのは難しいが、大体多変数実数関数の微分と積分に関わる事柄(逆関数定理やベクトル解析も)を含んでいる。




  1. ^ どのようにして正解を導いたのかは明らかでない。モリス・クライン (Mathematical thought from ancient to modern times Vol. I) は試行錯誤の結果ではないかと示唆している。
  2. ^ a b Helmer Aslaksen. Why Calculus? National University of Singapore.
  3. ^ Archimedes, Method, in The Works of Archimedes ISBN 978-0-521-66160-7
  4. ^ Victor J. Katz (1995). "Ideas of Calculus in Islam and India", Mathematics Magazine 68 (3), pp. 163-174.
  5. ^ Ian G. Pearce. Bhaskaracharya II.
  6. ^ J. L. Berggren (1990). "Innovation and Tradition in Sharaf al-Din al-Tusi's Muadalat", Journal of the American Oriental Society 110 (2), pp. 304-309.
  7. ^ Madhava”. Biography of Madhava. School of Mathematics and Statistics University of St Andrews, Scotland. 2006年9月13日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ An overview of Indian mathematics”. Indian Maths. School of Mathematics and Statistics University of St Andrews, Scotland. 2006年7月7日閲覧。
  9. ^ Science and technology in free India (PDF)”. Government of Kerala — Kerala Call, September 2004. Prof.C.G.Ramachandran Nair. 2006年8月21日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年7月9日閲覧。
  10. ^ Charles Whish (1835). Transactions of the Royal Asiatic Society of Great Britain and Ireland. 
  11. ^ 矢沢サイエンスオフィス 『大科学論争』 学習研究社〈最新科学論シリーズ〉、1998年、119頁。ISBN 4-05-601993-2 
  12. ^ 矢沢サイエンスオフィス 『大科学論争』 学習研究社〈最新科学論シリーズ〉、1998年、123-125頁。ISBN 4-05-601993-2 
  13. ^ UNESCO-World Data on Education [1]


「微分積分学」の続きの解説一覧



微分積分学と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「微分積分学」の関連用語

微分積分学のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



微分積分学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの微分積分学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS