ベルンハルト・リーマンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 学者・研究者 > 数学者 > 19世紀の数学者 > ベルンハルト・リーマンの意味・解説 

ベルンハルト・リーマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/18 00:09 UTC 版)

ゲオルク・フリードリヒ・ベルンハルト・リーマンドイツ語: Georg Friedrich Bernhard Riemann, 1826年9月17日 - 1866年7月20日)は、ドイツ数学者解析学幾何学数論の分野で業績を上げた。アーベル関数に関する研究によって当時の数学者から高く評価されたが、先駆的な彼の研究は十分に理解されず、20世紀になって彼のそれぞれの研究分野で再評価されるようになった。19世紀を代表する数学者の一人である。




「ベルンハルト・リーマン」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ベルンハルト・リーマン」の関連用語

ベルンハルト・リーマンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ベルンハルト・リーマンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベルンハルト・リーマン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS