考え方などとは? わかりやすく解説

考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/12 06:15 UTC 版)

松本薫 (柔道)」の記事における「考え方など」の解説

親からは「頭下げるな」「下を向いててもいいことはない。どんなときでも消極的になるな」と教えられ育ってきた 。 松本家モットーは、「一番以外はビリと同じ」。 柔道海外遠征をするようになると、母親から「薫はいろん所に行けていいね」と言われたその時に将来オリンピックに連れて行くこと約束したという。「7人家族私の家では、両親はいつも働きづめだった。旅行なんてなかった。連れて行くとしたら、柔道しかない思っていた。それで、『オリンピックに連れて行く』と約束しました」。 それまではきつい練習をすることによって強くなるとばかり考えていたが、大学2年時に監督である稲田チームメイト楽しんで柔道に取組んでいるのに気付いて、きついとは思わ楽しんで取り組めばよいと考えるようになってから、気が楽になって結果出し始めたという。 2009年あたりまではアイスクリームチョコレートなどお菓子を主食にするというジャンクフード中心食生活送っていたことも影響して頻繁に骨折をしていたが、それ以降は食生活改善努めるようになり、ケガしなくなってきたという。 2010年世界選手権日本代表になった際の記者会見において、他の代表選手好きな言葉として「不屈」、「努力」などといった如何にも言葉色紙認めるなか、「空」という言葉書いたその言葉を書いた理由尋ねられると、「好きな物かと思って…。でも空は好きです」と返答したロンドンオリンピックから帰国メダリストとして東日本大震災の被災地訪れた際、会場から「憧れ選手はいますか?」との問いに、松本は「目指しているのはドラゴンボール孫悟空」と答えている。 自らについては寂しがり屋反面多くの人一緒にいたり、誰かべったりし続けるのが苦手で、結構面倒な性格だと語っている。一方2010年世界選手権63kg級で2位になった了徳寺柔道クラブ田中美衣は、気軽に連絡取り合って食事誘え同じ年数少ない友達だという。 元テニス選手タレント松岡修造インタビュー受けた際に、「野獣」には意識的に変貌していくと語った試合1ヶ月前になると、女性用品の着用をやめて“女を捨てる”と、縄文時代狩りをする男をイメージして男らしく振舞う。さらに、1週間前には山や空、風などのエネルギーを体に取込み自然と一体化して、男でも女でもない状態になり、本能ひたすら従って“勝ちたい”という気持ちだけになっていくという。 リオデジャネイロオリンピック女子柔道代表チームを「おでんジャパン」と命名したリリー・フランキー原作の餅巾着をモチーフにしたおでんくんキャラクターに、78kg級代表である環太平洋大学4年梅木真美似ていることもあって、そのように名付けたまた、自分たち先輩がだしになって年少の梅木良い具材仕立てあげていくという。

※この「考え方など」の解説は、「松本薫 (柔道)」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「松本薫 (柔道)」の記事については、「松本薫 (柔道)」の概要を参照ください。


考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 05:19 UTC 版)

森雅之 (俳優)」の記事における「考え方など」の解説

親の七光り嫌がり芸名の“森雅之”を名乗り始めたが、デビューからそれほど経っていない頃に意図せずマスコミによって「有島武郎息子であることが報じられてしまった。 は、「間を大事にする演技」を第一に自分に課していたという。生涯役者としての芸を、ジャンルを問わず貪欲に追い求めた次男によると「父は、どこかに所属するのが嫌いな質でいつもフリーな立場いました戦後一時期新劇界に左翼的な運動吹き荒れた時も父は『芝居政治無関係と言って映画界移ったとのことまた、若手役者たちには、『芝居という虚構の世界で、観る人にそれを感じさせずにリアルなものと思わせることが役者冥利なんだ』と説いていた」という。

※この「考え方など」の解説は、「森雅之 (俳優)」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「森雅之 (俳優)」の記事については、「森雅之 (俳優)」の概要を参照ください。


考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 19:48 UTC 版)

西川悟平」の記事における「考え方など」の解説

元々は恥ずかしがり屋赤面症だった。小さい頃から映画好き『バック・トゥ・ザ・フューチャー』シリーズ、『インディ・ジョーンズシリーズキョンシー映画などを「何百回も見たとのことこのため小学生の頃の将来の夢は、国際的映画スターになることだった。 短大入学した直後は、「15歳ピアノを始め自分プロピアニストになんてなれない。ただカッコよくピアノ弾きたい」との思いで練習励んでいた。当時は将来ピアノ先生になれるといいな”程度考えていたという。 病気経て復活した現在(2019年)、「僕にとってピアノ存在自己表現ツールであり、自己表現そのもの一度失ってまた弾けるようになった。今となっては病気(ジストニア)は神様からのギフトだと思ってます」と語っている。 自身作った最悪の出来事もちょっとした考え方行動違いで、最高の出来事変わることもある」という言葉座右の銘のように大切にしているリハビリ影響で復帰後は「いかに美しく一音一音どれだけ魂のこもった音色作れるか」ということこだわって弾くようになったとのことちなみにリハビリ用いたプーランクの「即興曲15番ハ短調」は、復帰後によく弾くレパートリー一つとなった

※この「考え方など」の解説は、「西川悟平」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「西川悟平」の記事については、「西川悟平」の概要を参照ください。


考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 05:29 UTC 版)

森口博子」の記事における「考え方など」の解説

若い頃多忙なスケジュール気合で乗り切れたが、厄年である32歳(2000年頃)になった頃から胃腸の調子悪くなるなど、忙しさからくる体調変化はっきりと出るようになった。これについて本人は、“生き方仕事生活環境)を見直神様からのメッセージ”として、それ以降体を温めるものを取り入れるなど食事気にしたり、毎朝20分間のストレッチを始めた。また、母から「笑顔でいれば運気上がる」との助言ももらい、これらにより回復するバラエティ仕事中心だったのが徐々に歌の仕事や『タイタニック』の舞台などの仕事増えて行き声量増えるなど全て好転したとのこと恋愛について若い頃は、「年上好きで年下チャラチャラしてそうで嫌」と思っていた。ただし、その後考え少し変わったようで2016年頃にタクシー待ちで偶然出会った20代イケメンナンパされた時は「ちょっと嬉しかった」としている。また結婚に対して当時は、「白馬の王子様30歳までにしたい」などと言っていた。 実生活ではこれまでに何度か結婚の話はあったそうだが、「仕事辞めて家庭入ってほしい」という考え男性がほとんどで、本人は「その選択考えられなかった」として破局至ったという。現在(2021年9月)は少なからず結婚願望持ちながらも一人自由な生活が気に入っているという。 酒類は、一切飲めない

※この「考え方など」の解説は、「森口博子」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「森口博子」の記事については、「森口博子」の概要を参照ください。


考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 06:32 UTC 版)

林家ペー」の記事における「考え方など」の解説

芸人年齢なし」という信念から、生年をあまり公表したがらず誕生月日のみ言場合や「年齢公表」とする場合があるマネージャーはいるが、スケジュール管理夫婦行っている身長157cmの小柄な体型で、パー子とは背格好似ている髪型アフロヘアーは、妻のパー子郷ひろみ一時期髪型アフロヘアーにしていた)のファンあるため行っているペーアフロにした当時、郷の母親原宿美容院開いており、ペーもそこで長年パーマかけてもらっていた。 テリー伊藤助言以降仕事増えたことからテリーさんは、僕ら夫婦にとって恩人」と評している。 夫婦目標は、きんさんぎんさんのように元気に100歳上長生きすること。

※この「考え方など」の解説は、「林家ペー」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「林家ペー」の記事については、「林家ペー」の概要を参照ください。


考え方など

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 06:32 UTC 版)

カルーセル麻紀」の記事における「考え方など」の解説

恋愛対象は、ノンケ(異性愛者)である。ちなみに体が男だった頃に一度だけ女性経験したことがあるとのこと恋愛について本人は「熱しやすく冷めやすい」としておりこれまでに数十人の男性同棲してきた。最初の3ヶ月ぐらいはしおらしく尽くすがだんだん飽きてしまい別れを繰り返しているため、友人たちから「ワンクールの女」と言われている。65歳過ぎたあたりから、「さすがに恋愛もういいや」という考え至ったとのこと本人によると大阪にいた頃に芸能界デビューしたことや、一時大阪レギュラー番組にたくさん出ていたことから、よく大阪出身間違えられるとのこと。このせいかは不明だが、映画ドラマでも関西人の役で出演依頼されることが何度かあったという。 今でこそ故郷に戻る地元住民から歓迎されるが、昔はキャバレーで名が売れた頃ですら仕事でたまに故郷に戻る冷たい対応をされた。このため家族の迷惑を考え、妹が結婚するまで(麻紀30歳の頃)は、マスメディアでは本名一切言わなかった。 麻紀性別適合手術をした1970年代は、性的少数者性別適合手術に対して今以上に強い偏見差別があった。帰国マスコミから誹謗中傷書き立てられたり、一般人から「生まれ持った性を変えるなんて悪魔魂を売ったようなもんだ」などと悪口言われたという。そんな中美輪明宏から「これからは“魔女”として生きていきなさい。今まで女を泣かせてきた男たちを、今度片っ端から泣かせておやり」と言われた本人後年「その言葉は、そのまま魔性の女カルーセル麻紀”の信念になった」と回想している。 性別適合手術に関して本人医療技術未発達の時代思い切っ手術したが、後輩ニューハーフたちには安易に手術踏み切らないよう助言する立場取っている。また性同一性障害については、後年インタビューで「個人的には病気じゃない思ってる。“障害っていうなら障害者手帳ちょうだいよって話なんだけど、性同一性障害扱い中途半端なのよ」との持論展開している。

※この「考え方など」の解説は、「カルーセル麻紀」の解説の一部です。
「考え方など」を含む「カルーセル麻紀」の記事については、「カルーセル麻紀」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「考え方など」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

考え方などのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



考え方などのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松本薫 (柔道) (改訂履歴)、森雅之 (俳優) (改訂履歴)、西川悟平 (改訂履歴)、森口博子 (改訂履歴)、林家ペー (改訂履歴)、カルーセル麻紀 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS