気合とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 気合 > 気合の意味・解説 

き‐あい〔‐あひ〕【気合(い)】

読み方:きあい

精神集中させて事に当たるときの気持ち勢いまた、そのとき掛け声。「―がこもる」「―をかける」

呼吸。いき。「―をはかる」「―が合う」

その場の状態や雰囲気

一重の垣が二人の間結ばれた様なになった」〈左千夫・野菊の墓

気性。きだて。

ああいう―は漸次(だんだん)なくなります」〈万太郎末枯

心持ち気分

「―ヲウカガウ」〈和英語林集成


気合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/03 04:51 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「気合」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「気合」を含むページの一覧/「気合」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「気合」が役に立つかも知れません。

関連項目



気合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/11 14:57 UTC 版)

精神コマンド一覧」の記事における「気合」の解説

自分の気力10『新』までと『リンクバトラー』では15上昇させる

※この「気合」の解説は、「精神コマンド一覧」の解説の一部です。
「気合」を含む「精神コマンド一覧」の記事については、「精神コマンド一覧」の概要を参照ください。


気合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 06:12 UTC 版)

豪鬼」の記事における「気合」の解説

ストIII 2nd』と『ストIII 3rd』で使用。『鉄拳7FR』では挑発として使用従来シリーズでの挑発ほぼ同じ動作だが、オーラ真・豪鬼登場シーンと同じ"滅"の文字浮かび掛け声をあげる。『IV以前は後足、『IV以降は前の足で、地を響かせ腰を低く構え気を高め動作を取る。この技を出すと次に出す技の攻撃力上昇する持続効果その1回のみ有効でありそのあと攻撃力元に戻る。再び気合を使用すれば再び次に出す技の攻撃力上昇する。また『鉄拳7FR』のスペシャルチャプターでは挑発を行うことで、スーパーコンボゲージ最大になる。

※この「気合」の解説は、「豪鬼」の解説の一部です。
「気合」を含む「豪鬼」の記事については、「豪鬼」の概要を参照ください。


気合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 21:41 UTC 版)

戦国大戦」の記事における「気合」の解説

三国志大戦での募兵相当する受けたダメージのうち一定割合(およそ1/3兵力ゲージ赤色部分)がダメージを受けていない間徐々に回復する。ただし、ダメージ計略受けたダメージは赤ゲージとして反映されない。R武田信豊計略「後典厩采配」などのように気合効果付与したり、強化できたりする計略存在する

※この「気合」の解説は、「戦国大戦」の解説の一部です。
「気合」を含む「戦国大戦」の記事については、「戦国大戦」の概要を参照ください。


気合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/04 17:19 UTC 版)

ゼルドナーシルト」の記事における「気合」の解説

必殺技を使うために必要なテクニカルポイントTP)をためることができる。通常は2ポイントたまるが、素手のときのみ3ポイントたまる。

※この「気合」の解説は、「ゼルドナーシルト」の解説の一部です。
「気合」を含む「ゼルドナーシルト」の記事については、「ゼルドナーシルト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「気合」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

気合

出典:『Wiktionary』 (2021/10/01 12:00 UTC 版)

和語の漢字表記

  1. きあい参照
  2. けあい参照

「気合」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



気合と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気合」の関連用語

気合のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気合のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの精神コマンド一覧 (改訂履歴)、豪鬼 (改訂履歴)、戦国大戦 (改訂履歴)、ゼルドナーシルト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの気合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS