キャバレーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > > 酒場 > キャバレーの意味・解説 

キャバレー【(フランス)cabaret】

読み方:きゃばれー

居酒屋の意》ダンスホール舞台のある酒場。歌や踊りコントなどのショー演じられホステスサービスによって飲食ダンス楽しめる。もともとは現在の日本の形態と異なり19世紀末パリ発生し社会風刺含んだ歌や寸劇見せた場所。


キャバレー

作者林真理子

収載図書ローマの休日小説ロマンチック洋画劇場
出版社角川書店
刊行年月1989.7

収載図書ローマの休日小説ロマンチック洋画劇場
出版社角川書店
刊行年月1992.11
シリーズ名角川文庫


キャバレー

作者立松和平

収載図書楽土の家
出版社筑摩書房
刊行年月1990.6


キャバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/06/20 05:09 UTC 版)

キャバレー: cabaret[† 1][† 2])とは、ダンスコメディショーなどパフォーマンスをする舞台のあるレストランナイトクラブのことである[1]


  1. ^ フランス語発音: [kabarɛ] カバレ、パリ周辺の発音[kabaʁɛ] キャバレ
  2. ^ イギリス英語発音:[ˈkæbəreɪ] キャバレイ、アメリカ英語発音:[ˌkæbəˈreɪ] キャバレイ


「キャバレー」の続きの解説一覧

キャバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 16:15 UTC 版)

日本ドリーム観光」の記事における「キャバレー」の解説

ユメノクニ1950年千日前大阪歌舞伎座5階開店したアルバイトサロン。元々は歌舞伎座観客用の大食堂終戦直後1945年10月6階アイススケート場占領軍向けの慰安所改装された。慰安所とはキャバレーの事であり、内務省通達で「占領軍向け慰安施設設置」が出されて、全国各地このような施設設置された。大阪でも特殊慰安所施設協会設立され会長松竹千土地副社長白井信太郎就任したため、大阪歌舞伎座白羽の矢立ったのである。この慰安所は「ドリームランド」と名付けられ朝鮮戦争勃発まで営業された。この慰安所閉鎖前後して慰安所と同じ大阪歌舞伎座5階開業したのが「ユメノクニ」であった。同店は一説にはアルバイトサロン嚆矢とされている。なお、アルバイトサロンとは酒場であり、飲食店一種で、現在のキャバクラに相当。一般的にはアルサロ略された。ホステスアルバイト公募していたため、学生会社員人妻多かった。(他説によればアルサロ第一号は「大劇サロン」(大阪劇場地下遊技場跡)とも言われるいずれにしても千土地経営であることに変わりはない。)チップ制の廃止明朗会計クリーンなイメージ打ち出した反面、暗い照明怪しげ雰囲気醸し出していた。これは顧客失望させない演出でもあったが、ホステス中には会社員多くバレないための工夫だったとも言える歌舞伎座改装時に向かいアシベ劇場内に移転1990年アシベ劇場取り壊しのため閉鎖された。接客用のキャッチコピー表看板新聞広告などで発表)が独特であった。これらのコピー支配人務めた磯田敏夫(織田作之助門人作家でもあった。)のアイデアだった。

※この「キャバレー」の解説は、「日本ドリーム観光」の解説の一部です。
「キャバレー」を含む「日本ドリーム観光」の記事については、「日本ドリーム観光」の概要を参照ください。


キャバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:30 UTC 版)

ドリフ大爆笑」の記事における「キャバレー」の解説

幼稚園風のキャバレー 呼び込み店主加藤が「若い子がいっぱいいるよ」と声をかけるが、中はまるで幼稚園そのものであり、ホステスも若すぎる幼稚園児女の子子供である故アルコールご法度であり、ミルクしか出さない上、1杯につき200円(哺乳瓶乳首がつくと1700円)を要求するオチでは請求保母役の女性により算数教育様に告げられた。 店主が言うサービスカラオケ(空の)、踊れる(ホステスの子供と童謡チューリップ」をオルガン伴奏つきで歌いながらお遊戯)、抱ける(同じくホステスの子供に抱っこせがまれる)だった。 ちなみにこの回ではいかりやがツッコむ際に「マスター!」と加藤怒鳴りつけるシーンがあるため本当にケンカしてると思われたのか女の子二人に「ケンカしないの」や「なかよくして」言われ加藤・いかりや両名慌て一幕がある。 オカマのキャバレー 店主志村)はまあマトモな人なのだが、客のいかりやに「日本的美女がいます」「帰国子女がいます」「清純派がいます」と誘って、自らが女装それぞれ石川さゆりアグネス・チャン山口百恵変装)していかりやの相手をする。普段軍艦マーチ流れるキャバレー店内だが、店主女装して現れる時は、その女装し女性持ち歌流れる。オチ店主が「かわいい子がいます」と誘い、いかりやを連れて二人でピンク・レディー格好をして登場するオカマのキャバレーその2落ちていたつられて入店したいかりや。引いて客寄せしていたママ志村)に「今日初の客」と歓迎されるものの、ホステスは「なおみ」・「ひろみ」・「まゆみ」・「あきな」と名と髪型違えど皆女装した顔の大きボーイコロッケ)の歌真似21世紀現在で言うならはるな愛の芸「エアあやや」に近い。ちなみに衣装はどのネタでも同じドレスだった)だった。オチでは口にものを詰め笑顔作った3人が互いに互いの顔を見てうめいていた。 家族経営のキャバレー 店主加藤。いかりやが店に入るといたって普通だが、ホステスは嫁(由紀)であり、加藤はいかりやといちゃいちゃする格好になって呼び出し、嫁と愛を確かめ合う。終いには奥さんから「こんな生活は嫌だ」と訴えられ夫婦そろっていかりやに「出て行け!!」。 女性がすぐ席を立つキャバレー ボーイ仲本呼び込みをするキャバレー。いかりやの相手として若いホステス次々呼ばれるものの、アラームが鳴るとすぐに他の席にいってしまう。最後ホステス全員囲まれるものの、火事によるアラーム全員避難する羽目に。 規則の多いキャバレー 店主仲本。「女の子ホステス)を呼んでくれ」といういかりやに対し、「この店ではお嬢様呼べと言うその後ホステス水前寺清子)が来たが、「相席ダメ」とか「アルコール類一切置いてない」など言った後、いかりやがホステス話そうとする前に、「20時ですよー」と店主が言うと店のホステス全員帰ってしまう。聞けばホステス高貴な家柄の娘で、門限21時だと言う。いかりやの相手役ホステス銀行頭取の娘だった。

※この「キャバレー」の解説は、「ドリフ大爆笑」の解説の一部です。
「キャバレー」を含む「ドリフ大爆笑」の記事については、「ドリフ大爆笑」の概要を参照ください。


キャバレー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/20 03:49 UTC 版)

マーニックス・カッパーズ」の記事における「キャバレー」の解説

1966年、カッパーズはキャバレーグループのデジャヴ一緒にカマレッテンフェスティバルで優勝し1年後、同じフェスティバルでパーソナリティアワードを受賞した。彼は、WimKanと、1978年から1980年までとイヴォ・デ・ウィイスキャバレー・グループの一員であった

※この「キャバレー」の解説は、「マーニックス・カッパーズ」の解説の一部です。
「キャバレー」を含む「マーニックス・カッパーズ」の記事については、「マーニックス・カッパーズ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「キャバレー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

キャバレー

出典:『Wiktionary』 (2021/08/04 09:33 UTC 版)

名詞

キャバレー

  1. ダンスをするホール舞台のある酒場

語源


「キャバレー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



キャバレーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「キャバレー」の関連用語

キャバレーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



キャバレーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのキャバレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本ドリーム観光 (改訂履歴)、ドリフ大爆笑 (改訂履歴)、マーニックス・カッパーズ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのキャバレー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS