原宿とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地図 > 地名 > 原宿の意味・解説 

はらじゅく【原宿】

読み方:はらじゅく

東京都渋谷区山手線原宿駅周辺通称。もとは神宮前千駄ヶ谷隣接した地名近年若者の集まる商業地区として発展


原宿


原宿


原宿


原宿


原宿


原宿

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

原宿

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒300-2702  茨城県常総市原宿
〒321-2423  栃木県日光市原宿
〒350-1205  埼玉県日高市原宿
〒245-0063  神奈川県横浜市戸塚区原宿
〒252-0102  神奈川県相模原市緑区原宿

原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/21 02:31 UTC 版)

原宿(はらじゅく)は、東京都渋谷区の汎称地名。おおよそ原宿駅周辺から表参道周辺までを指し、神宮前の町域がその大部分を占める。東京随一の「ファッションの街」として知られる。




「原宿」の続きの解説一覧

原宿(東京都渋谷区)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 01:53 UTC 版)

ヨドバシカメラ」の記事における「原宿(東京都渋谷区)」の解説

JR原宿駅近くの旧コクド本社跡地2013年取得当初延べ床面積1万平方メートル台前半の中規模店を2015年頃に出店する予定としていたが、建物2018年完成させたものの、2021年11月までの3年電通サニーサイドアップ貸し出し共同プロジェクト神宮前6丁目プロジェクト」として運用され2019年1月jingとしてオープンしている。

※この「原宿(東京都渋谷区)」の解説は、「ヨドバシカメラ」の解説の一部です。
「原宿(東京都渋谷区)」を含む「ヨドバシカメラ」の記事については、「ヨドバシカメラ」の概要を参照ください。


原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 18:50 UTC 版)

原宿AbemaNews」の記事における「原宿」の解説

原宿ニュース→ それな 1週間起きた話題に対して、原宿の街頭にいる若年層10代20代街頭インタビューしたVTRコーナー赤ペン瀧川の○っと原宿ネオ リニューアル前から単発行っていた瀧川プレゼンコーナー1つテーマ沿って特に「原宿」に重きを置いて取材しスライドショー使い若年層プレゼンする。スタジオが原宿の真ん中にあるため、食べ物関連スタッフによりそのまま運ばれていた。 議員GO 2018年1月20日開始国会議員カードゲームゲームキャラクター見立て名刺集めて当選回数役職レア度など番組独自のポイント集計により闘うコーナー名刺集めのため、議員プライベート政策をかみ砕いて伝える。プレイヤー内山奈月井上咲楽当該番組配信終了後、同年5月5日9月2日特番単独番組として配信された。9月版は井上咲楽紗蘭プレイヤーとなる。

※この「原宿」の解説は、「原宿AbemaNews」の解説の一部です。
「原宿」を含む「原宿AbemaNews」の記事については、「原宿AbemaNews」の概要を参照ください。


原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 05:03 UTC 版)

真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の記事における「原宿」の解説

セツナミライ住んでいる町。

※この「原宿」の解説は、「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の解説の一部です。
「原宿」を含む「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の記事については、「真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書」の概要を参照ください。


原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 05:04 UTC 版)

真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書」の記事における「原宿」の解説

主人公達住んでいる町。最初の舞台であり、体育館から戻ってくる事は可能である。

※この「原宿」の解説は、「真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書」の解説の一部です。
「原宿」を含む「真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書」の記事については、「真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書」の概要を参照ください。


原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 05:04 UTC 版)

真・女神転生 デビルチルドレン 白の書」の記事における「原宿」の解説

マサキタカハル住んでいる町。

※この「原宿」の解説は、「真・女神転生 デビルチルドレン 白の書」の解説の一部です。
「原宿」を含む「真・女神転生 デビルチルドレン 白の書」の記事については、「真・女神転生 デビルチルドレン 白の書」の概要を参照ください。


原宿

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/11 05:05 UTC 版)

真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書」の記事における「原宿」の解説

主人公達住んでいる町。物語が進むと原宿は荒廃するエンディングでは荒廃する前の原宿に戻る。

※この「原宿」の解説は、「真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書」の解説の一部です。
「原宿」を含む「真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書」の記事については、「真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原宿」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「原宿」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



原宿と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「原宿」の関連用語

原宿のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原宿のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2024 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原宿 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヨドバシカメラ (改訂履歴)、原宿AbemaNews (改訂履歴)、真・女神転生 デビルチルドレン 黒の書・赤の書 (改訂履歴)、真・女神転生 デビルチルドレン 光の書・闇の書 (改訂履歴)、真・女神転生 デビルチルドレン 白の書 (改訂履歴)、真・女神転生 デビルチルドレン 炎の書・氷の書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS