2021年11月とは? わかりやすく解説

2021年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:56 UTC 版)

2021年度の将棋界」の記事における「2021年11月」の解説

1日 - 第29期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第1局が行われ、里見香奈倉敷藤花加藤桃子女流三段に勝ち1勝目(里見 1-0 加藤)。 4日 - 第43霧島酒造杯女流王将戦三番勝負第3局が行われ、里見香奈女流四冠西山朋佳女流王将勝利し女流王将獲得西山 1-2 里見)。 5日 - 久保利明九段佐藤紳哉七段に勝ち、25人目となる公式戦通算800勝(将棋栄誉敢闘賞)を達成9日 - 第3期大成建設杯清麗戦五番勝負第4局が行われ、里見香奈清麗加藤桃子女流三段に勝ち、決着最終局へ(里見 2-2 加藤)。 12・13日 - 第34期竜王戦七番勝負第4局が行われ、藤井聡太王位叡王棋聖豊島将之竜王ストレートの4連勝竜王位奪取豊島 0-4 藤井)。これによって史上6人目四冠になり、19歳3か月羽生善治九段保持していた22歳9ヵ月抜いて最年少四冠記録更新15日 - 第11期リコー杯女流王座戦五番勝負第2局が行われ、里見香奈女流五冠が西山朋佳女流王座勝利し2勝目西山 0-2 里見)。 17日 - 第3期大成建設杯清麗戦五番勝負第5局が行われ、加藤桃子女流三段里見香奈清麗勝利し清麗獲得里見 2-3 加藤)。 19日 - 第71ALSOK王将戦挑戦者決定リーグ藤井聡太竜王リーグ優勝渡辺明王将への挑戦獲得。。 20日 - 第29期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第2局が行われ、加藤桃子清麗里見香奈倉敷藤花に勝ち1勝目(里見 1-1 加藤)。 21日第29期大山名人杯倉敷藤花戦三番勝負第3局が行われ、里見香奈倉敷藤花加藤桃子清麗に勝ち倉敷藤花防衛里見 2-1 加藤)。 将棋日本シリーズ決勝が行われ、豊島将之九段藤井聡太竜王勝利し将棋日本シリーズ優勝25日 - 第48期岡田美術館杯女流名人戦女流名人リーグ最終戦一斉対局が行われ、伊藤沙恵女流三段リーグ優勝決め里見香奈女流名人への挑戦獲得

※この「2021年11月」の解説は、「2021年度の将棋界」の解説の一部です。
「2021年11月」を含む「2021年度の将棋界」の記事については、「2021年度の将棋界」の概要を参照ください。


2021年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 16:25 UTC 版)

Green500」の記事における「2021年11月」の解説

2021年11月に発表されたGreen500リストの上位5位は以下の通り前回1位だったPreferred Networks社のMN-3がさらに効率上げて2連覇。 1 39.379 (日本Preferred Networks、MN-3) 2 33.983 (韓国サムスン電子、SSC-21 Scalable Module) 3 31.538 (アメリカNVIDIA社、Tethys) 4 30.797 (イギリスケンブリッジ大学、Wilkes-3) 5 29.521 (アメリカフロリダ大学、HiPerGator AI)

※この「2021年11月」の解説は、「Green500」の解説の一部です。
「2021年11月」を含む「Green500」の記事については、「Green500」の概要を参照ください。


2021年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 11:30 UTC 版)

新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の記事における「2021年11月」の解説

11月1日 - 世界全体死者数500万を超えた。 11月9日 - 世界全体感染者数が2億5000万人を超えた。 11月25日 - イギリス感染者数1000万人を超えた。

※この「2021年11月」の解説は、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の解説の一部です。
「2021年11月」を含む「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の記事については、「新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-)」の概要を参照ください。


2021年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 02:14 UTC 版)

2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応」の記事における「2021年11月」の解説

11月26日世界保健機関SARS-CoV-2進化に関するTechnical Advisory Groupは、PANGO識別子英語版)B.1.1.529を懸念される変異株宣言しギリシア文字オミクロンOmicron)として指定した。なお、前のミュー株次のギリシア文字だったニュークサイ/クシースキップされた。理由ニューが英語の「New」と、クサイ/クシー英語表記Xi一般的な中国の姓混同しやすいためである。特にクサイ/クシースキップについては、中国共産党総書記習近平Xi Jinping)の名字との重複回避した可能性指摘されたが、WHOは「クサイxi)は、よくある姓なので使用しなかった」、「我々は特定の文化社会国家地域民族職業に対する攻撃を防ぐ疾病命名法に従っている」と説明している

※この「2021年11月」の解説は、「2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応」の解説の一部です。
「2021年11月」を含む「2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応」の記事については、「2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応」の概要を参照ください。


2021年11月

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/20 17:06 UTC 版)

カルダノ (ブロックチェーン)」の記事における「2021年11月」の解説

IOG(IOHK)とSingularityNET(AGIX)がERC-20 Converterテスト開始

※この「2021年11月」の解説は、「カルダノ (ブロックチェーン)」の解説の一部です。
「2021年11月」を含む「カルダノ (ブロックチェーン)」の記事については、「カルダノ (ブロックチェーン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2021年11月」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

2021年11月のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2021年11月のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの2021年度の将棋界 (改訂履歴)、Green500 (改訂履歴)、新型コロナウイルス感染症の世界的流行 (2019年-) (改訂履歴)、2019年コロナウイルス感染症流行に対する世界保健機関の対応 (改訂履歴)、カルダノ (ブロックチェーン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS