習近平とは?

習近平

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/12 05:28 UTC 版)

習 近平(しゅう きんぺい、簡体字: 习近平繁体字: 習近平拼音: Xí Jìnpíng(シー・ジンピン、シー・チンピン)1953年6月15日 - )は、中華人民共和国政治家。同国第5代最高指導者(在任: 2012年11月15日 - 現職)。第5代中国共産党中央委員会総書記、第6代党中央軍事委員会主席、第4代国家軍事委員会主席、第7代国家主席を務めている。第17代中国共産党中央書記処常務書記、第9代国家副主席、第5代中央軍事委員会副主席などを歴任した。




注釈

  1. ^ 「シー・ジンピン」と表記する例もある[1]
  2. ^ 2007年12月21日、中央党校で行われていた新任党中央委員・中央候補委員の研修修了式に校長として出席し、校長職就任が確認された[16]
  3. ^ これらの選挙では「九二共識」を存在しないとしている蔡英文民進党が大勝し、国民党との政権交代が発生している。

出典

  1. ^ “米、中国の北朝鮮対応を評価「前例ない措置で北を孤立化」”. Record China. (2017年4月20日). http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=175800&ph=0 2017年4月20日閲覧。 
  2. ^ a b 川越一「中国共産党、習近平氏を総書記に選出 対日強硬姿勢加速に懸念」『産経新聞』2012年11月15日付記事(2012年11月16日閲覧)。
  3. ^ 中国共産党第18期中央委員会第1回全体会議コミュニケ」人民網日本語版、2012年11月15日付配信記事(2012年11月16日閲覧)。
  4. ^ 全人代、習近平氏を国家主席に選出」人民網日本語版、2013年3月14日付配信記事(2013年3月17日閲覧)
  5. ^ 中央国家安全委員会の設置決定 主席に習近平氏”. 中国網 (2014年1月25日). 2019年11月3日閲覧。
  6. ^ 中央全面依法治国委員会、第2回会議開く 習近平氏が重要演説”. 新華網 (2019年2月26日). 2019年11月3日閲覧。
  7. ^ 習近平主導「軍民融合」が示す軍事経済の始まり”. 日経ビジネス (2017年1月25日). 2019年11月3日閲覧。
  8. ^ 中央全面改革深化委第10回会議開く 習近平氏、制度の成熟化と定形化の推進を強調”. 新華網 (2019年9月10日). 2019年11月3日閲覧。
  9. ^ 習主席、中央審計委員会第1回会議を主宰”. 中国網 (2018年5月24日). 2019年11月3日閲覧。
  10. ^ 不只唸小學!習近平被爆僅受過7年正規教育 - 國際 - 自由時報電子報” (中国語). 自由電子報. 2019年7月19日閲覧。
  11. ^ 聂卫平回忆文革:我和习近平一起去打群架 文学城 2015年5月27日(2016年8月2日閲覧)
  12. ^ 柴田哲雄「習近平秘録 独裁者が送った洞窟生活」 『文藝春秋SPECIAL 総力特集 中国滅亡への法則』(平成二十八年度季刊夏号) p.92 文藝春秋 2016年7月1日
  13. ^ 習近平” (2012年11月15日). 2019年5月24日閲覧。
  14. ^ “駐中米国大使に習近平氏の「30年来の旧友」ブランスタッド氏(1)”. 中央日報. (2016年10月9日). http://japanese.joins.com/article/367/223367.html 2019年11月7日閲覧。 
  15. ^ 英媒:習近平法學博士論文曝光” (中国語). BBC News 中文. 2019年7月19日閲覧。
  16. ^ 习近平在新任中央委员、候补委员学习十七大精神研讨班结业式上讲话」新華網、2007年12月21日付配信記事(2013年1月23日閲覧)
  17. ^ Athens to Host 1st Ministerial Conference of 'Ancient Civilizations Forum'” (2017年4月18日). 2018年8月26日閲覧。
  18. ^ 木語:歴史利用の中国外交=坂東賢治” (2017年5月18日). 2017年10月20日閲覧。
  19. ^ “「他山の石もって玉をおさむべし」習副主席が北九州市の環境保護とハイテク産業を見学”. 中国網. (2009年12月17日). http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2009-12/17/content_19085610.htm 2017年11月13日閲覧。 
  20. ^ “習近平氏、党中央軍事委副主席に…胡後継が確定” (日本語). 読売新聞. (2010年10月18日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20101018-OYT1T00942.htm 2010年10月18日閲覧。 
  21. ^ 『産経新聞』2010年10月29日付朝刊。
  22. ^ 伊藤正 (2009年9月18日). “権力闘争激化との見方も”. 産経新聞. http://sankei.jp.msn.com/world/china/090918/chn0909182252003-n1.htm 2009年12月13日閲覧。 [リンク切れ]
  23. ^ a b 習近平の力量不足がもたらす新たな権力闘争”. 中央公論 (2013年8月23日). 2018年4月12日閲覧。
  24. ^ 政治的恩師、威容支えた101歳2人の長老 江沢民一派粛清の達成感を共有”. 産経ニュース (2017年11月7日). 2018年4月10日閲覧。
  25. ^ “習氏、中国次期最高指導者に 軍事委副主席に就任 12年党大会で交代へ 5中総会が終了”. 産経新聞. (2010年10月18日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/101018/chn1010181848003-n1.htm 2010年10月18日閲覧。 
  26. ^ “馬総統、習近平氏に初祝電 国民党主席名義で”. 中央通訊社. (2012年11月15日). http://japan.cna.com.tw/news/aall/201211150008.aspx 2017年5月8日閲覧。 
  27. ^ 国家主席に習氏選出 党、軍、国の三権掌握 『習-李体制』始動」『産経新聞』2013年3月14日付記事(2013年3月17日閲覧)。
  28. ^ 川越一「李克強氏を首相に選出 習・李体制本格始動」『産経新聞』2013年3月15日付記事(2013年3月17日閲覧)。
  29. ^ 石原聖「中国版NSC:トップに習主席」『毎日新聞』2014年1月24日付記事(2014年1月25日閲覧)。
  30. ^ 矢板明夫「中国版NSC、トップに習近平主席就任 新設される国家安全委」『産経新聞』2014年1月24日付記事(2014年1月25日閲覧)。
  31. ^ 続投視野?「ポスト習」登用せず、最高指導部7人判明も50代不在の理由”. ZAKZAK (2017年10月25日). 2017年10月25日閲覧。
  32. ^ 中国共産党大会閉会 習主席に権力集中した体制に移行”. NHK (2017年10月25日). 2017年10月24日閲覧。
  33. ^ 習氏の政治理念、名前付きで行動指針に 中国共産党大会”. 朝日新聞 (2017年10月25日). 2017年10月24日閲覧。
  34. ^ “完全支配体制めざす「党建」 民営にも党組織、逃れるには中国撤退しかない”. 産経新聞. (2017年6月29日). http://www.sankei.com/column/news/170629/clm1706290004-n1.html 2017年10月25日閲覧。 
  35. ^ “第19回共産党大会 企業統制も習カラー 国有、合併で海外進出 民間、社内にも党組織”. 毎日新聞. (2017年10月22日). https://mainichi.jp/articles/20171022/ddm/008/030/073000c 2017年10月25日閲覧。 
  36. ^ “習近平が私営企業に押す「共産党印」の不安”. ニューズウィーク. (2017年6月19日). http://www.newsweekjapan.jp/rebelpepper/2017/06/post-44.php 2017年10月25日閲覧。 
  37. ^ “カルフール、ノキア、ヒュンダイも・・・外資企業が社内に設立する「共産党組織」とは”. 週刊現代. (2012年11月13日). http://gendai.ismedia.jp/articles/-/34058 2017年10月25日閲覧。 
  38. ^ “中国企業に広がる「共産党支配」 3200社へ明文化を要求”. 産経新聞. (2017年8月18日). http://www.sankei.com/world/news/170818/wor1708180055-n1.html 2017年10月25日閲覧。 
  39. ^ “中国共産党委員会 企業の意思決定を左右”. 日本経済新聞. (2017年1月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXLASGU26H04_W6A221C1SHA000/ 2017年10月25日閲覧。 
  40. ^ “外資系、7割に党組織=経営関与の可能性も-中国”. 時事通信. (2017年10月19日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017101900977 2017年10月25日閲覧。 
  41. ^ “習近平演説が示唆する「外国企業・個人も共産党に忠誠を」”. 週刊ダイヤモンド. (2017年10月24日). http://diamond.jp/articles/-/146742 2017年10月25日閲覧。 
  42. ^ 中国共产党章程”. 人民網 (2017年10月28日). 2017年10月29日閲覧。
  43. ^ “「習思想」「強国」など追加=改正党規約の全文公表-中国共産党”. 時事通信. (2017年10月28日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017102800606 2017年10月29日閲覧。 
  44. ^ “全人代、賛成2958・反対2…憲法改正案可決”. 読売新聞. (2018年3月11日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20180311-OYT1T50067.html 2018年3月12日閲覧。 
  45. ^ “中国ネット 改憲批判拡大 国家主席終身制「暗黒支持するな」”. 産経新聞. (2018年2月28日). http://www.sankei.com/world/news/180228/wor1802280036-n1.html 2018年3月12日閲覧。 
  46. ^ ““皇帝化”する習近平の中国「笑ってはいけない検閲事情」”. 文藝春秋. (2018年3月5日). http://bunshun.jp/articles/-/6406 2018年3月12日閲覧。 
  47. ^ “陸社群媒體熱議修憲 「稱帝」、「反對」等詞遭封鎖”. 聯合新聞網. (2018年2月28日). https://udn.com/news/story/7331/3004714 2018年3月12日閲覧。 
  48. ^ “「習近平独裁」を中国人はなぜ歓迎するのか”. iRONNA. (2018年3月7日). http://ironna.jp/article/9111 2018年3月12日閲覧。 
  49. ^ “「信女願一生吃素」也不行! 中國修憲忙禁敏感詞”. 自由時報. (2018年3月1日). http://news.ltn.com.tw/news/world/breakingnews/2352848 2018年3月12日閲覧。 
  50. ^ “中国当局、なぜまたクマのプーさんを検閲? 主席任期延長案で”. BBC. (2018年2月27日). http://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-43208840 2018年3月12日閲覧。 
  51. ^ “全人代 副主席に王岐山氏起用 習主席を再選”. 時事通信. (2018年3月17日). https://mainichi.jp/articles/20180317/k00/00e/030/321000c 2018年3月17日閲覧。 
  52. ^ “中国李首相、再任も習体制で厳しい立場 結果にも無表情”. 朝日新聞. (2018年3月19日). https://www.asahi.com/articles/ASL3L4H15L3LUHBI00D.html 2018年3月19日閲覧。 
  53. ^ “第12期全国人民代表大会第1回会議における習近平氏の演説”. 理論中国. (2013年10月9日). http://jp.theorychina.org/xsqy_2477/201310/t20131009_295047.shtml 2019年10月25日閲覧。 
  54. ^ “韓経:【コラム】中国の夢、日本の夢”. 中央日報. (2018年1月11日). http://japanese.joins.com/article/398/237398.html 2019年10月25日閲覧。 
  55. ^ 『小康社会』建設を確認 新体制が本格始動」『産経新聞』2012年11月16日付記事(2012年12月7日閲覧)。
  56. ^ 『国家主権守る』と習主席 中央軍事委会議で強調」『産経新聞』2012年11月17日付記事(2012年12月7日閲覧)。
  57. ^ “6カ国緊急会合提案 中国、主導権奪還狙う 仲介努力の“言い訳も”. 産経新聞. (2010年11月29日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/101129/chn1011290150000-n2.htm 2010年11月29日閲覧。 
  58. ^ “【日々是世界 国際情勢分析】習路線へかじ切る外交”. 産経新聞. (2010年12月5日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/101205/chn1012050701000-n1.htm 2010年12月5日閲覧。 
  59. ^ “習近平政権の対北朝鮮外交の特徴と安全保障への影響”. 笹川平和財団. https://www.spf.org/oceans/analysis_ja02/b170515.html 2017年9月25日閲覧。 
  60. ^ “北朝鮮、中国への貿易依存度90%超”. 中央日報. (2017年4月29日). http://japanese.joins.com/article/298/195298.html 2018年3月28日閲覧。 
  61. ^ “北朝鮮の昨年貿易額 中国が9割超占める”. 聯合ニュース. (2017年4月6日). http://japanese.yonhapnews.co.kr/northkorea/2017/04/06/0300000000AJP20170406002200882.HTML 2017年4月29日閲覧。 
  62. ^ “北朝鮮経済の中国への依存度は90%以上、制裁は国民の生命線にも影響―韓国紙”. Record China. (2018年2月20日). http://www.recordchina.co.jp/b572519-s0-c10.html 2018年3月28日閲覧。 
  63. ^ “北朝鮮経済の中国への依存度は90%以上、制裁は国民の生命線にも影響―韓国紙”. Record China. (2018年2月20日). http://www.recordchina.co.jp/b572519-s0-c10.html 2018年3月28日閲覧。 
  64. ^ 金正恩委員長、習主席に「中国を先に訪問したのは当然…崇高な義務」”. 中央日報 (2018年3月28日). 2018年4月10日閲覧。
  65. ^ “習近平総書記が金正恩委員長と北京で会談”. 人民網. (2018年3月28日). http://www.afpbb.com/articles/-/3169001 2018年4月4日閲覧。 
  66. ^ “「初外遊、北京は当然」「中華復興、心から祈る」金正恩氏、訪中食事会であいさつ”. 産経ニュース. (2018年3月29日). https://www.sankei.com/world/news/180329/wor1803290028-n1.html 2018年3月30日閲覧。 
  67. ^ “觀察:從字裏行間解讀習近平會見金正恩”. 人民網. (2018年3月28日). http://www.bbc.com/zhongwen/trad/world-43568481 2018年4月8日閲覧。 
  68. ^ “<米朝首脳会談>習近平の専用機乗って世界に出てきた金正恩氏”. 中央日報. (2018年6月11日). http://japanese.joins.com/article/140/242140.html 2018年6月11日閲覧。 
  69. ^ “金正恩氏が習近平氏に書簡 朝鮮中央通信”. 日本経済新聞. (2018年6月16日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31866000W8A610C1NNE000/ 2018年6月17日閲覧。 
  70. ^ “金正恩氏、習近平氏と4回目の首脳会談後に盛大な誕生日晩餐”. 中央日報. (2019年1月9日). https://japanese.joins.com/article/912/248912.html 2019年3月4日閲覧。 
  71. ^ “金委員長、朝中「記録映画」で1泊2日間習主席に密着同行”. ハンギョレ. (2019年6月24日). http://japan.hani.co.kr/arti/politics/33733.html 2019年6月24日閲覧。 
  72. ^ “金正恩氏、中国との関係は「無敵で不変」 中朝首脳会談”. BBC. (2019年6月21日). https://www.bbc.com/japanese/48715695 2019年6月21日閲覧。 
  73. ^ “La visita di Xi Jinping: «Un patto strategico con l’Italia”. コリエーレ・デラ・セラ. (2019年3月20日). https://www.corriere.it/esteri/19_marzo_20/patto-strategicoassieme-all-italia-efa36c0c-4a8c-11e9-a7a3-5683e4dbacbc.shtml 2019年4月22日閲覧。 
  74. ^ “イタリアと中国が「一帯一路」で覚書-G7で初、米や欧州から懸念も”. ブルームバーグ. (2019年3月24日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-03-24/POUX2T6S972801 2019年4月22日閲覧。 
  75. ^ 倉重奈苗 (2014年7月29日). “中国が強めるメディア管理 記者への圧力、自殺者も”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG7P52XDG7PUHBI008.html 2014年7月29日閲覧。 
  76. ^ 林望 (2014年6月19日). “中国当局、記者のネット言論規制へ 報道各社に通告”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/articles/ASG6L5WC3G6LUHBI02S.html 2014年7月29日閲覧。 
  77. ^ “習政権、強まる言論抑圧 人権派弁護士・浦志強氏逮捕”. 朝日新聞. (2014年6月18日). http://www.asahi.com/articles/DA3S11195577.html 2014年7月29日閲覧。 
  78. ^ ““帰国できない” 風刺漫画家 中国で強まる言論統制”. NHK. (2014年11月26日). http://www.nhk.or.jp/kokusaihoudou/archive/2014/11/1126.html 2014年11月30日閲覧。 
  79. ^ 四中全会で法治を強調した習近平の思惑」『日経ビジネス』2014年10月29日付記事(2016年3月9日閲覧)
  80. ^ “授権発布:法による国家統治の全面的推進における若干の重大な問題に関する中共中央の決定 (2)”. 人民網. (2014年11月23日). http://j.people.com.cn/n/2014/1123/c94474-8812713-2.html 2016年10月26日閲覧。 
  81. ^ 及川淳子 (2015年1月21日). “中国に「法治」実現する日はいつか”. 朝日新聞. http://www.asahi.com/shimbun/aan/column/20150121.html 2016年10月26日閲覧。 
  82. ^ “「ルールを守らない中国人」は習政権の綱紀粛正で変われるか”. ダイヤモンド社. (2017年9月6日). http://diamond.jp/articles/-/141129 2017年9月6日閲覧。 
  83. ^ “マナーの悪い観光客の個人情報をブラックリストに記載、新法律が即日施行に=出国や銀行融資にも影響する可能性―中国”. Record China. (2015年4月9日). http://www.recordchina.co.jp/b105754-s0-c30.html 2017年8月28日閲覧。 
  84. ^ “街頭スクリーンでさらし者、信号無視10分の1に―中国”. Record China. (2017年6月28日). http://www.recordchina.co.jp/b105754-s0-c30.html 2017年8月28日閲覧。 
  85. ^ “中国人の「旅行客ブラックリスト」・・・マナー向上強要の「さらし者」=中国メディア”. サーチナ. (2015年5月14日). http://news.searchina.net/id/1573555 2017年8月28日閲覧。 
  86. ^ a b c d 朝日新聞(2016年4月29日)朝刊第11面「中国 海外NGO統制強化「国内活動管理法」が成立 警察が監督「国家安全」優先
  87. ^ “Xi Jinping calls for 'cyber sovereignty' at internet conference”. BBC. (2015年12月15日). https://www.bbc.com/news/world-asia-china-35109453 2019年6月7日閲覧。 
  88. ^ [FT中国、「サイバー主権」で孤立の危険(社説)]”. 日本経済新聞 (2017年8月1日). 2017年12月4日閲覧。
  89. ^ a b “中国が「ネット安全法」制定、企業や人権団体から批判集中”. CNN. (2016年11月8日). http://www.cnn.co.jp/tech/35091798.html 2017年5月3日閲覧。 
  90. ^ 中国共産党、ネット政策の司令組織を設立”. 日本経済新聞 (2014年2月27日). 2019年11月3日閲覧。
  91. ^ China holds 'World Internet Conference' as censorship intensifies”. CNN. CNN (2017年5月3日). 2017年12月4日閲覧。
  92. ^ What bigwigs are saying at World Internet Conference”. チャイナデイリー. チャイナデイリー (2014年11月19日). 2019年4月23日閲覧。
  93. ^ Conference offers platform to display and share internet technologies”. チャイナデイリー (2019年3月4日). 2018年11月7日閲覧。
  94. ^ Apple, Google at China internet fest shows lure of market”. ワシントン・ポスト (2017年12月4日). 2017年12月5日閲覧。
  95. ^ 第1回世界インターネット大会が開幕、グーグルやフェイスブックも出席”. 中国網 (2014年11月19日). 2017年12月4日閲覧。
  96. ^ 世界インターネット大会、中国の開放的な姿勢を示す”. 中国網 (2017年12月4日). 2017年12月4日閲覧。
  97. ^ “千年大计、国家大事--以习近平同志为核心的党中央决策河北雄安新区规划建设纪实”. 中華人民共和国人力資源社会保障部. (2017年4月14日). http://www.mohrss.gov.cn/SYrlzyhshbzb/dongtaixinwen/shizhengyaowen/201704/t20170414_269452.html 2018年4月4日閲覧。 
  98. ^ “「千年大計」の今 雄安新区設立から1周年”. 人民網. (2017年4月3日). http://j.people.com.cn/n3/2018/0403/c94475-9445093.html 2018年4月4日閲覧。 
  99. ^ “中国、国家情報法案を採択 国内外での諜報活動など規定”. ロイター. (2017年6月28日). https://jp.reuters.com/article/china-security-lawmaking-idJPKBN19J0RN 2019年6月7日閲覧。 
  100. ^ “中国が国家情報法を施行 国内外の組織、個人対象か”. 産経ニュース. (2017年6月28日). https://www.sankei.com/world/news/170628/wor1706280035-n1.html 2019年6月7日閲覧。 
  101. ^ "China's Domestic Security Spending: An Analysis of Available Data".2018, Jamestown Publication: China Brief Volume: 18 Issue: 4
  102. ^ 中国の国防費超える治安維持費、その意味とは”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2018年3月7日). 2019年11月4日閲覧。
  103. ^ 中国がAI活用のテロ対策 6兆8000億円投入の狙い”. NEWSポストセブン (2017年10月8日). 2017年10月8日閲覧。
  104. ^ [FTAIが増加中、中国のネット検閲作業で]”. 日本経済新聞 (2019年4月12日). 2018年5月23日閲覧。
  105. ^ 天安門事件30年の中国 「AI検閲」フル稼働で厳戒体制”. ニューズウィーク (2019年6月2日). 2019年6月1日閲覧。
  106. ^ No escape? Chinese VIP jail puts AI monitors in every cell ‘to make prison breaks impossible’”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト (2019年4月1日). 2019年4月11日閲覧。
  107. ^ No escape? Chinese VIP jail puts AI monitors in every cell ‘to make prison breaks impossible’”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト (2019年4月1日). 2019年11月18日閲覧。
  108. ^ “中国の社会スコアAIがバス広告の女性を「信号無視」判定”. ギズモード. (2018年11月30日). https://www.gizmodo.jp/2018/11/facial-recognition-flags-woman-on-bus-ad.html 2019年11月18日閲覧。 
  109. ^ “Jaywalkers under surveillance in Shenzhen soon to be punished via text messages”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト. (2018年3月27日). https://www.scmp.com/tech/china-tech/article/2138960/jaywalkers-under-surveillance-shenzhen-soon-be-punished-text 2019年11月18日閲覧。 
  110. ^ “歩行者の信号無視を顔認証で検知、信用記録に反映 南京”. AFPBB. (2019年7月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3234320 2019年11月18日閲覧。 
  111. ^ 労働者の脳波をスキャンして管理する「感情監視システム」が中国で開発されて実際に現場へ投入されている”. GIGAZINE (2018年5月7日). 2018年5月7日閲覧。
  112. ^ 中国企業、脳波ヘルメットで従業員の「感情」を監視”. MITテクノロジーレビュー (2018年5月7日). 2018年5月1日閲覧。
  113. ^ AIと顔認証で不審者監視=少数民族の人権侵害懸念も-中国”. AFPBB (2018年2月10日). 2018年2月11日閲覧。
  114. ^ 未来の街はロボットが運営? ドバイや中国では現実に”. BBC (2018年6月15日). 2019年4月25日閲覧。
  115. ^ 中国のAI犯罪者追跡システム「天網」に物議…2000万台の監視カメラとDBが連動”. ROBOTEER (2017年9月28日). 2017年9月30日閲覧。
  116. ^ Facial recognition, AI and big data poised to boost Chinese public safety”. 環球時報 (2017年10月18日). 2017年10月16日閲覧。
  117. ^ 14億人を格付けする中国の「社会信用システム」本格始動へ準備”. ニューズウィーク (2018年5月2日). 2018年5月7日閲覧。
  118. ^ ネットや現実の違反行為で点数を付け個人の信用レベルを格付けしブラックリスト化する恐るべき全人民監視計画”. GIGAZINE (2016年11月30日). 2017年8月28日閲覧。
  119. ^ 中国が強化する社会統制:市民を信用格付け”. =ウォール・ストリート・ジャーナル (2017年8月28日). 2017年6月30日閲覧。
  120. ^ 【寄稿】中国「サイバー監視システム」の野望”. =ウォール・ストリート・ジャーナル (2016年8月3日). 2017年8月28日閲覧。
  121. ^ “デジタル版「毛沢東語録」は文革時代の紙版よりも恐ろしい”. ニューズウィーク. (2019年11月8日). https://www.newsweekjapan.jp/satire_china/2019/11/post-22.php 2019年11月11日閲覧。 
  122. ^ “中国で一番ダウンロードされているアプリは「社会主義、習近平、共産党のクイズアプリ」”. ギズモード. (2019年4月11日). https://www.gizmodo.jp/2019/04/study-the-great-nation-app.html 2019年4月12日閲覧。 
  123. ^ “中国共産党の国民用アプリ、使ってポイントが貯まる仕組みの「真の狙い」”. WIRED. (2019年5月28日). https://wired.jp/2019/05/28/china-study-the-great-nation-app/ 2019年11月11日閲覧。 
  124. ^ a b 以安全的名義--習近平治國“黑科技”有多少?”. ボイス・オブ・アメリカ (2019年11月11日). 2019年11月11日閲覧。
  125. ^ 焦点:中国、ブラックテクノロジー駆使して監視国家構築へ”. ロイター (2018年3月15日). 2018年3月15日閲覧。
  126. ^ Freedom on the Net 2018 The Rise of Digital Authoritarianism”. フリーダム・ハウス. 2018年12月13日閲覧。
  127. ^ 人工知能とデジタル権威主義 民主主義は生き残れるか”. フォーリン・アフェアーズ. 2019年6月7日閲覧。
  128. ^ China’s digital dictatorship”. エコノミスト (2018年7月31日). 2016年12月17日閲覧。
  129. ^ 中国「デジタル独裁」、結末は小説を超えるか”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2018年3月8日). 2018年3月2日閲覧。
  130. ^ 中国の全人代が開幕 デジタル独裁に進む隣国”. 毎日新聞 (2018年3月8日). 2018年3月6日閲覧。
  131. ^ Does China’s digital police state have echoes in the West?”. エコノミスト (2018年6月8日). 2018年5月31日閲覧。
  132. ^ The rise of China as a digital totalitarian state”. ワシントン・ポスト (2018年2月21日). 2018年12月13日閲覧。
  133. ^ 習近平氏、「ビッグデータ独裁」の中国目指す”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2017年10月18日). 2017年10月18日閲覧。
  134. ^ 「デジタル・レーニン主義」で中国経済が世界最先端におどり出た”. 現代ビジネス (2018年3月30日). 2018年1月10日閲覧。
  135. ^ デジタル・レーニン主義、ビッグデータとAI活用、中国で構築進む壮大な社会管理システム”. Record China (2018年5月29日). 2018年5月26日閲覧。
  136. ^ マルクスの夢 中国の夢(大機小機)”. 日本経済新聞 (2018年5月29日). 2018年5月1日閲覧。
  137. ^ デジタル人格権を尊重することによる反デジタル・レーニン主義に関する質問主意書”. 衆議院. 2019年4月12日閲覧。
  138. ^ 中国が世界54カ国にAI監視技術を輸出”. ニューズウィーク (2019年4月24日). 2019年4月26日閲覧。
  139. ^ China Is Taking Its AI Around The World. This Should Scare The US”. Medium (2018年8月14日). 2018年9月4日閲覧。
  140. ^ 中国で実用化進む「顔認識AI」が世界に拡散 大幅な効率化も”. フォーブス (2017年12月2日). 2018年5月5日閲覧。
  141. ^ How China’s AI Technology Exports Are Seeding Surveillance Societies Globally”. THhe Diplomat (2018年10月18日). 2018年10月19日閲覧。
  142. ^ 中国、ハイテク監視強化 AI活用で世論統制”. 日本経済新聞 (2019年11月6日). 2018年11月7日閲覧。
  143. ^ a b 中国、4中全会の決定全文公表 AIで監視社会を強化”. 日本経済新聞 (2019年11月5日). 2018年11月6日閲覧。
  144. ^ “海上橋と高速鉄道で一体化、政治的分裂が露呈も-中国ベイエリア”. ブルームバーグ. (2018年8月30日). https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-08-29/PE79P46K50XS01 2019年5月24日閲覧。 
  145. ^ “「一国二制度」崩壊に危機感=中国への同化進む-香港条例改正”. 時事通信. (2019年6月12日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2019061201078 2019年9月16日閲覧。 
  146. ^ 党の腐敗問題解決に決意=習新総書記時事通信(時事ドットコム)、2012年11月15日付配信記事(2012年11月15日閲覧)。
  147. ^ 民生重視『どこまで本気なのか…』 市民、新指導部に冷めた見方」『産経新聞』2012年11月16日付記事(2012年12月7日閲覧)。
  148. ^ 竹内誠一郎 (2014年12月7日). “中国軍女性少将、収賄容疑で連行…2将軍自殺か”. 朝日新聞. http://www.yomiuri.co.jp/world/20141207-OYT1T50010.html 2014年12月13日閲覧。 
  149. ^ a b c d e 朝日新聞(2016年1月13日)朝刊第13面「習氏主導の反腐敗一段落?「大トラ」粛清 権力固め進む」
  150. ^ a b c 稲垣(2015年)198ページ
  151. ^ a b c 稲垣(2015年)199ページ
  152. ^ “Is China’s corruption-busting AI system ‘Zero Trust’ being turned off for being too efficient?”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト. (2019年2月4日). https://www.scmp.com/news/china/science/article/2184857/chinas-corruption-busting-ai-system-zero-trust-being-turned-being 2019年11月11日閲覧。 
  153. ^ “「官僚の腐敗を検出するAIシステム」を中国で導入した結果とは?”. GIGAZINE. (2019年2月4日). https://gigazine.net/news/20190204-china-corruption-busting-ai-system/ 2019年11月11日閲覧。 
  154. ^ a b c d 日本経済新聞2016年3月24日朝刊第9面「ニュース解剖「ポスト習」憶測の春」
  155. ^ “14歳で北京大学に入学した神童 北京市の最高幹部に抜擢”. NEWSポストセブン. (2016年1月23日). http://www.news-postseven.com/archives/20160123_377910.html 2016年9月14日閲覧。 
  156. ^ “14歳で北京大学入学の習近平主席側近 地方幹部になった理由”. NEWSポストセブン. (2014年2月9日). http://www.news-postseven.com/archives/20140209_240646.html 2016年9月14日閲覧。 
  157. ^ “習近平後継に急浮上した李書磊 「神童」と呼ばれた幼少期”. NEWSポストセブン. (2017年5月15日). http://www.news-postseven.com/archives/20170121_484289.html 2017年5月15日閲覧。 
  158. ^ “中国公安省の孟宏偉次官、インターポールの次期総裁に=新華社”. ロイター. (2016年11月10日). http://jp.reuters.com/article/china-interpol-idJPL4N1DB2EY 2017年3月28日閲覧。 
  159. ^ “中国が「天網」作戦、海外逃亡の腐敗官僚取り締まり”. ロイター. (2015年3月27日). http://jp.reuters.com/article/china-idJPKBN0MN0D920150327 2017年10月5日閲覧。 
  160. ^ “中国「天網2017」行動スタート「百名紅通」第40号容疑者 帰国して自首”. 人民網. (2017年3月11日). http://j.people.com.cn/n3/2017/0311/c94474-9189105.html 2017年10月5日閲覧。 
  161. ^ ““因縁”のICPOに中国人初の総裁…習近平政権との連動懸念「赤手配書」は“乱発”されるのか”. 産経ニュース. (2016年12月27日). http://www.sankei.com/west/news/161227/wst1612270009-n1.html 2017年3月28日閲覧。 
  162. ^ “中国がインターポールを政治利用”. ニューズウィーク. (2017年5月8日). http://www.newsweekjapan.jp/magazine_special/2017/05/post-4.php 2017年5月11日閲覧。 
  163. ^ “中国「世界で最も安全」=インターポール総会で習主席”. 時事通信. (2017年9月27日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2017092601282 2017年9月27日閲覧。 
  164. ^ “習主席、ICPO年次会議で基調演説=北京”. 中国国際放送. (2017年9月27日). http://japanese.cri.cn/2021/2017/09/27/161s265564.htm 2017年9月27日閲覧。 
  165. ^ “All nations have right to be involved in global security, Xi Jinping tells Interpol meeting”. サウスチャイナ・モーニング・ポスト. (2017年9月26日). http://www.scmp.com/news/china/policies-politics/article/2112944/all-nations-have-right-be-involved-global-security-xi 2017年9月27日閲覧。 
  166. ^ “インターポール総会が開会 中国が途上国支援策を発表”. 朝日新聞. (2017年9月27日). http://www.asahi.com/articles/ASK9V56BSK9VUHBI01Y.html 2017年9月27日閲覧。 
  167. ^ “ICPO総裁 辞任を強いた中国の非常識”. 読売新聞. (2018年10月17日). https://www.yomiuri.co.jp/editorial/20181016-OYT1T50127.html 2019年4月11日閲覧。 
  168. ^ “中国国家監察委員会が発足 看板除幕式と憲法宣誓式を挙行”. 新華網. (2018年3月24日). http://jp.xinhuanet.com/2018-03/24/c_137062182.htm 2018年5月7日閲覧。 
  169. ^ “<ウイグル暴動>死者192人に拡大―中国”. Record China. (2009年7月16日). http://www.recordchina.co.jp/group/g33473.html 2009年7月20日閲覧。 
  170. ^ “新疆暴動、「警官が12人射殺」 中国当局が認める”. 日本経済新聞. (2009年7月19日). http://www.nikkei.co.jp/news/main/20090719AT2M1900B19072009.html 2009年7月21日閲覧。 [リンク切れ]
  171. ^ “【ウイグル暴動】暴動死者数は184人、うち漢族が74% 当局発表”. MSN産経ニュース. (2009年7月11日). https://megalodon.jp/2009-0711-2216-46/sankei.jp.msn.com/world/china/090711/chn0907110806005-n1.htm 2009年7月11日閲覧。 
  172. ^ 「分断の街から:ウルムチ暴動1年/中 漢族にも格差に不満」2010年7月3日付毎日新聞
  173. ^ “習体制「民族政策、より厳しく」 世界ウイグル会議主席”. 朝日新聞. (2013年6月21日). http://www.asahi.com/international/update/0621/TKY201306210009.html 2013年6月21日閲覧。 
  174. ^ “‘Absolutely No Mercy’: Leaked Files Expose How China Organized Mass Detentions of Muslims”. ニューヨーク・タイムズ. (2019年11月16日). https://www.nytimes.com/interactive/2019/11/16/world/asia/china-xinjiang-documents.html 2019年11月18日閲覧。 
  175. ^ “习近平:打好反恐人民战争”. 人民網. (2014年12月31日). http://politics.people.com.cn/n/2014/1231/c1001-26309191.html 2019年11月29日閲覧。 
  176. ^ “习近平:打好反恐人民战争”. 網易財経. (2014年5月4日). http://money.163.com/14/0504/08/9RD094QG00253B0H.html 2019年11月29日閲覧。 
  177. ^ “Fear and oppression in Xinjiang: China’s war on Uighur culture”. ファイナンシャル・タイムズ. (2019年9月12日). https://www.ft.com/content/48508182-d426-11e9-8367-807ebd53ab77 2019年11月29日閲覧。 
  178. ^ 「ウイグル族高官、中央要職に=国家エネルギー局長に異例の登用-中国」時事通信2014年12月
  179. ^ “Exposed: China’s Operating Manuals For Mass Internment And Arrest By Algorithm”. 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ). (2019年11月24日). https://www.icij.org/investigations/china-cables/exposed-chinas-operating-manuals-for-mass-internment-and-arrest-by-algorithm/ 2019年11月29日閲覧。 
  180. ^ “大規模システムでウイグル族を監視 中国当局の内部文書判明”. 東京新聞. (2019年11月25日). https://www.tokyo-np.co.jp/article/world/list/201911/CK2019112502000118.html 2019年11月29日閲覧。 
  181. ^ “「學習班」擴張 高壓下的新疆日常”. BBC. (2018年8月15日). https://www.bbc.com/zhongwen/trad/chinese-news-45194182 2019年11月29日閲覧。 
  182. ^ “ウイグル族を「QRコード」で管理する中国”. ニューズウィーク. (2018年9月12日). https://www.newsweekjapan.jp/stories/world/2018/09/qr.php 2019年11月20日閲覧。 
  183. ^ “新疆ウイグル自治区の住民、工具へのQRコードの装着を強要”. Bitter Winter. (2018年9月24日). https://jp.bitterwinter.org/xinjiang-residents-forced-to-get-bar-codes-for-tools/ 2019年11月20日閲覧。 
  184. ^ “中国当局、全車両に位置情報ソフトの搭載義務付け 新疆の一部地区で”. AFPBB. (2017年2月21日). https://www.afpbb.com/articles/-/3118712 2019年11月25日閲覧。 
  185. ^ “中国政府の監視の目、メッカ巡礼イスラム教徒にも”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2018年8月1日). https://jp.wsj.com/articles/SB11443694453778813656304584381921434289500 2019年11月20日閲覧。 
  186. ^ “中国の警察は少数民族を識別するためにAIを使っている”. ギズモード. (2019-04-209). https://www.gizmodo.jp/2019/04/chinese-police-using-ai-to-identify-minority-faces.html 2019年11月20日閲覧。 
  187. ^ “One Month, 500,000 Face Scans: How China Is Using A.I. to Profile a Minority”. ニューヨーク・タイムズ. (2019年4月14日). https://www.nytimes.com/2019/04/14/technology/china-surveillance-artificial-intelligence-racial-profiling.html 2019年11月20日閲覧。 
  188. ^ “中国、ウイグル族の処遇を正当化 NZ銃撃事件引き合いに”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年4月11日). https://jp.wsj.com/articles/SB10755274421052544491204585234701879022886 2019年11月20日閲覧。 
  189. ^ a b “中国新疆当局、住民の生体情報を収集 人権団体報告 ”. CNN. (2017年12月14日). https://www.cnn.co.jp/world/35111967.html 2019年11月20日閲覧。 
  190. ^ “市民のDNA採取を進める中国、その真の構想とは”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2017年12月28日). http://jp.wsj.com/articles/SB12575784894043093953704583601141252296164 2019年11月20日閲覧。 
  191. ^ “中国の「超AI監視社会」--新疆ウイグル自治区では“体内”まで監視!”. 週刊プレイボーイ. (2018年2月3日). http://wpb.shueisha.co.jp/2018/02/03/99109/ 2019年11月20日閲覧。 
  192. ^ “China has turned Xinjiang into a police state like no other”. The Economist. (2018年5月31日). ISSN 0013-0613. https://www.economist.com/briefing/2018/05/31/china-has-turned-xinjiang-into-a-police-state-like-no-other 2019年11月20日閲覧。 
  193. ^ “中国「完全監視社会」の実験場、新疆を行く”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2017年12月22日). http://jp.wsj.com/articles/SB11070217722261694869804583589052841366988 2019年11月20日閲覧。 
  194. ^ “48 Ways to Get Sent to a Chinese Concentration Camp”. Foreign Policy. (2018年9月13日). https://foreignpolicy.com/2018/09/13/48-ways-to-get-sent-to-a-chinese-concentration-camp/ 2019年11月25日閲覧。 
  195. ^ “中国のウイグル締め付け急先鋒、影響力が拡大”. ウォール・ストリート・ジャーナル. (2019年4月8日). https://jp.wsj.com/articles/SB10387045459312313712904585229840564747902 2019年4月11日閲覧。 
  196. ^ a b c d e f g h i 朝日新聞(2015年11月30日)朝刊第6面「「脱貧困」習氏が号令 格差是正で基盤固め」
  197. ^ a b c d e 朝日新聞2016年1月30日朝刊第13面「「習氏は党の核心」忠誠訴え 地方指導者ら発言相次ぐ」
  198. ^ 朝日新聞2016年2月21日朝刊第38面訂正記事
  199. ^ a b c 朝日新聞2016年3月17日朝刊「シリーズ2016全人代 習氏に忠誠 競う風潮 政府・議会内危ぶむ声も」
  200. ^ a b c d e 朝日新聞(2016年4月20日)朝刊第13面「検証習近平体制 上 権力集中光と影」
  201. ^ “「習核心」會在十九大升級為「習領袖」嗎”. BBC. (2017年9月2日). http://www.bbc.com/zhongwen/trad/chinese-news-41134248 2017年10月12日閲覧。 
  202. ^ “中宣部禁偷步宣傳「習思想」”. 明報新聞網. (2017年9月19日). https://news.mingpao.com/pns/dailynews/web_tc/article/20170919/s00013/1505758171653 2017年10月12日閲覧。 
  203. ^ “墓を造った男の大出世 きついなまりが出世レースではプラスに?”. 産経ニュース. (2017年11月20日). https://www.sankei.com/world/news/171110/wor1711100022-n1.html 2018年4月12日閲覧。 
  204. ^ “習近平氏の父、習仲勲生誕100年で記念事業続々 歴史の皮肉…陵墓は陳情村に”. 産経ニュース. (2013年11月2日). https://www.sankei.com/world/news/131102/wor1311020039-n1.html 2018年4月12日閲覧。 
  205. ^ “習主席 父の威光で基盤固め 書籍、切手…仲勲氏礼賛キャンペーン (1/3ページ)”. フジサンケイ ビジネスアイ. (2013年10月22日). http://www.sankeibiz.jp/express/news/131022/exd1310220000000-n1.htm 2018年4月12日閲覧。 
  206. ^ “中台、「一つの中国」確認 ホットライン開設で合意”. 日本経済新聞. (2015年11月7日). http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM07H45_X01C15A1MM8000/ 2016年7月4日閲覧。 
  207. ^ 朝日新聞(2015年11月8日)朝刊第1面「中台「一つの中国」再確認 分断後初の首脳会談」
  208. ^ a b c d e 朝日新聞(2015年11月8日)朝刊第2面「中台、同床異夢の握手 対立棚上げ「国旗」なし」
  209. ^ “「中国による台湾の選挙介入は逆効果」 松田康博・東京大教授(中台関係論)”. 産経ニュース. (2015-11-75). http://www.sankei.com/world/news/151104/wor1511040038-n1.html 2020年3月27日閲覧。 
  210. ^ 中国、富国強兵へ秘策? 「軍民融合委員会」設立 目指すは米の軍産複合体 軍国主義化の懸念も”. 産経ニュース (2017年2月9日). 2019年1月26日閲覧。
  211. ^ 中国国防費、7.5%増19.8兆円 強軍路線が鮮明に”. 日本経済新聞 (2019年3月5日). 2019年10月25日閲覧。
  212. ^ 中国の軍需産業、米に次ぐ2位に 国際平和研が推計”. 日本経済新聞 (2020年1月27日). 2020年1月28日閲覧。
  213. ^ “「中国が世界最大の海軍を保有している」米国防総省年次報告【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】”. ロイター. (2020年9月7日). https://jp.reuters.com/article/idJP00093300_20200907_00620200907 2021年1月25日閲覧。 
  214. ^ 米国をGDPで抜いた中国、すでに先進国家なのか?”. AFP (2020年5月28日). 2021年5月21日閲覧。
  215. ^ 今年、中国のGDPが購買力平価ベースで米国抜き世界一に!=日本は4位に転落―IMFなど国際機関”. Record China (2014年10月20日). 2019年10月25日閲覧。
  216. ^ Data (2016年7月22日). “"Gross domestic product 2015, PPP", World Bank, accessed on 26 July 2016”. Data.worldbank.org. 2016年7月26日閲覧。; European Union calculated by sum of individual countries.
  217. ^ Field listing - GDP (PPP exchange rate), CIA
  218. ^ “中国の「中間層」が世界最大規模に、米に比べ成長2倍”. CNN. (2015年10月15日). https://www.cnn.co.jp/business/35071981.html 2019年11月11日閲覧。 
  219. ^ “世界の富裕層の上位10%、中国人が1億人で最多”. CNN. (2019年10月22日). https://www.cnn.co.jp/business/35144278.html 2019年10月25日閲覧。 
  220. ^ 米貿易赤字9年ぶり高水準 17年、対中国が過去最大”. 日本経済新聞 (2018年2月6日). 2019年10月25日閲覧。
  221. ^ 米中貿易戦争、解決には長い時間要する公算-クドローNEC委員長”. ブルームバーグ (2019年9月7日). 2019年10月25日閲覧。
  222. ^ 米中貿易摩擦、トランプ支持者の過激な「本音」”. 東洋経済新報社 (2019年5月23日). 2019年10月25日閲覧。
  223. ^ 米中新冷戦-中国の対応”. 笹川平和財団 (2019年4月20日). 2019年10月25日閲覧。
  224. ^ 米中新冷戦”. NHK (2019年6月10日). 2019年10月25日閲覧。
  225. ^ 米中貿易戦争は、新たな「冷戦」=アナリスト(9日)”. ロイター (2019年8月10日). 2019年10月25日閲覧。
  226. ^ “トランプ氏、習近平主席と「今は話したくない」 中国のコロナ対応に「失望」”. 毎日新聞. (2021年5月15日) 2021年5月2日閲覧。
  227. ^ “中国主席、バイデン氏に祝電 対米関係改善訴え”. 時事通信. (2020年11月25日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2020112501301&g=int 2020年12月12日閲覧。 
  228. ^ “習氏は「専制主義者」 バイデン氏、演説で対中強硬姿勢”. 朝日新聞. (2021年4月29日) 2021年5月2日閲覧。
  229. ^ “バイデン大統領 就任後初会見 “民主主義と専制主義の闘い””. 日本放送協会. (2021年3月26日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210326/k10012936801000.html 2021年3月28日閲覧。 
  230. ^ “米、中国の知財保護は改善不足 貿易合意の順守求める”. 日本経済新聞. (2021年5月1日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN30E910Q1A430C2000000/ 2021年5月10日閲覧。 
  231. ^ “習主席「新冷戦には反対」 ハイテク制裁をけん制”. 日本経済新聞. (2021年4月20日). https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGM205SW0Q1A420C2000000/ 2021年5月10日閲覧。 
  232. ^ a b 質素で倹約家の習近平副主席 市民は「つまらない人」と評す - NEWSポストセブン(2011年12月4日)
  233. ^ 相馬勝『対日戦争を仕掛ける男 習近平の野望』pp.161,162 幸福の科学出版 2015年12月25日 ISBN 978-4-86395-290-4 (2016年7月16日閲覧)
  234. ^ 峯村健司『十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争』pp202.203 小学館 2015年3月25日初版第二刷 ISBN 978-4-09-389754-9
  235. ^ 中澤克二『習近平の権力闘争』p.169 日本経済新聞出版社 2015年9月1日 ISBN 978-4-532-35656-9(2016年7月19日閲覧)
  236. ^ 丹羽宇一郎『中国の大問題』p.40 PHP新書 2014年7月18日 第一版第三刷 ISBN 978-4-569-81926-6(2016年7月18日閲覧)
  237. ^ 宮本雄二『習近平の中国』 p.160 新潮新書 2015年5月20日 ISBN 9784106106194 (2016年7月16日閲覧)
  238. ^ 茅沢勤『習近平の正体』p.217 小学館 2010年4月10日 ISBN 978-4-09-389726-6(2016年7月18日閲覧) なお、「茅沢勤」は相馬勝の筆名
  239. ^ 矢板明夫 『習近平 共産中国最弱の帝王』 文藝春秋 2012年
  240. ^ 習近平主席に続いて李克強首相も囲碁外交”. 中央日報 (2015年11月2日). 2018年12月1日閲覧。
  241. ^ 习近平:外交舞台上的“足球先生” 人民网 2014年3月30日 来源:人民网 手机看新闻(2016年8月2日閲覧)
  242. ^ 习近平:外交舞台上的“足球先生” 央视网2014年3月30日 来源: 人民网 标题:习近平:外交舞台上的“足球先生” (综合:《京华时报》、中新网、新华网、《体坛周报》报道)2016年8月13日再閲覧)
  243. ^ サッカー爆買い、背後で華僑「ミツバチ」働く”. 日本経済新聞 (2017年3月31日). 2017年12月21日閲覧。
  244. ^ 超大物を次々獲得!中国サッカーの“爆買い”が止まらない”. 現代ビジネス (2016年2月26日). 2017年12月21日閲覧。
  245. ^ 中国の外国人選手爆買い、習主席の夢「サッカー大国」実現なるか”. フォーブス (2017年2月22日). 2017年12月21日閲覧。
  246. ^ “熱点話題:(20)サッカーの起源は中国”. 毎日新聞. (2014年6月11日). https://mainichi.jp/articles/20140611/mog/00m/030/013000c 2018年1月3日閲覧。 
  247. ^ History of Football - The Origins”. FIFA. 2018年1月3日閲覧。
  248. ^ 中国の支配者・習近平が引用する奇妙な古典”. ジセダイ (2015年4月23日). 2018年3月10日閲覧。
  249. ^ "Leader Taps into Chinese Classics in Seeking to Cement Power". The New York Times. 12 October 2014.
  250. ^ Mitchell, Ryan Mi. "Is 'China's Machiavelli' Now Its Most Important Political Philosopher?". The Diplomat. January 16, 2015
  251. ^ “クローズアップ2012:中国、重慶トップ解任 対立激化に危機感 党指導部、火消しか”. 毎日新聞. (2012年3月16日). http://mainichi.jp/select/opinion/closeup/news/20120316ddm003030064000c.html 2012年3月16日閲覧。 [リンク切れ]
  252. ^ Ansfield, Jonathan; Melinda Liu (2007年12月22日). “Xi Jinping: China’s New Boss And The ‘L’ Word” (英語). Newsweek.com. ニューズウィーク. pp. p. 2. 2009年12月13日閲覧。
  253. ^ “「空虚な言葉を排除せよ」 文風改革を主張 習近平副主席”. 産経新聞. (2010年5月17日). http://sankei.jp.msn.com/world/china/100517/chn1005171818006-n1.htm 2010年5月17日閲覧。 
  254. ^ 妻は人気歌手、文革で苦難も…習近平氏の素顔」『読売新聞』2010年10月19日付記事。
  255. ^ クローズアップ2010:『ポスト胡』習氏確実 軍と地方に基盤」『毎日新聞』2010年10月19日付記事。
  256. ^ "China Takes Aim at Western Ideas". The New York Times. Aug. 19, 2013
  257. ^ “ジャイアンも中国で検索不能 習主席に似てるから?”. 朝日新聞. (2017年7月18日). https://www.asahi.com/articles/ASK7L3RN8K7LUHBI00L.html 2018年3月11日閲覧。 
  258. ^ 「最も影響力のある人物」ランキング 習主席が初の首位に - フォーブス(2018年05月09日)
  259. ^ 揭秘:習近平原配夫人柯玲玲_多維新聞網
  260. ^ 习近平爱女灾区当志愿者 - 东亚网 吉林第一城市门户,欢迎您访问东亚网!- www.dyxw.com
  261. ^ 薄氏息子、米名門大揺るがす…習氏の娘も留学中 : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  262. ^ クローズアップ2010:「ポスト胡」習氏確実 軍と地方に基盤 - 毎日jp(毎日新聞) 2010年10月19日
  263. ^ 峯村健司『十三億分の一の男 中国皇帝を巡る人類最大の権力闘争』第2章 小学館、2015年


「習近平」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「習近平」の関連用語

習近平のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



習近平のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2021 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの習近平 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS