政府専用機とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 政府専用機の意味・解説 

日本国政府専用機

読み方:にほんこくせいふせんようき
別名:政府専用機、特別輸送機
英語:Japanese Air Force

日本国において、主に政府関係者皇族などの要人輸送する目的運用される、専用航空機のこと。日本国政府所有し、航空自衛隊維持管理を行っている。

日本国政府専用機は、主に首相など要人外遊にあたって用いられており、国内での移動に用いられることはほとんどない。日本国政府専用機の機内には「事務作業室」や「会議室」などが設けられており、地上同様に執務を行うことができる環境が整えられている。また、機内記者会見を行うこともでき、記者団が政府専用機に同乗することもある。2014年3月現在、政府は2機の政府専用機を保有しており、両機の同時飛行により、片方故障した場合にも外交日程支障が生じないよう仕組みがとられている。

政府専用機は、要人外遊以外の用途運用されることもあり、2004年には北朝鮮による拉致被害者が政府専用機で帰国した出来事があった。また、政府専用機は、自衛隊法84条に規定される「在外邦人の緊急輸送の手段として利用されることも想定されている。2013年1月発生したアルジェリア人質拘束事件に際して初めてこの目的で政府専用機の派遣が行われ、事件被害者が政府専用機に乗って帰国した。

日本国政府専用機の機体としては、1991年導入当初から、米国ボーイング社747-400長らく用いられてきた。2014年3月現在、この機体は、燃料効率悪さなどを理由退役予定されており、後継機としてはボーイング777-300あるいはエアバスA350選ばれる可能性が高いといわれている。

関連サイト
政府専用機について - 防衛省自衛隊

政府専用機(せいふせんようき)(special government plane)

政府要人海外訪問のときに運航する専用航空機

首相天皇陛下だけでなく、閣僚皇族といった政府要人外国訪問するときに使われる。機内には首相執務室のほか、同行記者団との会見を行う場所も用意されている。

政府専用機は、アメリカとの間で貿易摩擦問題となっていた1987年日本対米貿易黒字削減する目的で米ボーイング社から購入した。機種は「ハイテクジャンボ」と呼ばれている「ボーイングB747-400」で、購入金額は2機で約360億円。

宮沢喜一首相当時)がアメリカ訪問した1993年初めて政府専用機が使われ、現在までに100回を越え運航実績積み重ねてきた。万が一備え、常に2機が一対となって運航している。

実際に運航担当しているのは、航空自衛隊千歳基地)に所属する自衛官。すなわち、機長はじめとするスタッフはすべて自衛官で、機内サービス担当するスチュワーデス女性自衛官務めているという。

ドイツシュレーダー首相日本の政府専用機で来日する話題は、カナダで開かれているサミット歓迎レセプション持ち上がった。日本政府は、外国首脳については初めてとなる搭乗を特別に許可したわけだ。

(2002.06.28更新


政府専用機

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/26 10:04 UTC 版)

政府専用機(せいふせんようき)は、各国の政府が所有・運航を行い、政府要人の輸送や自国民の救難などのために使用される航空機




「政府専用機」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「政府専用機」の関連用語

政府専用機のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



政府専用機のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2018 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政府専用機 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS