サミットとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > サミットの意味・解説 

summit

別表記:サミット

"

「summit」の意味

「summit」とは、山の頂上最高峰を指す言葉である。また、政治経済など分野において、最高レベル会議首脳会談意味することもある。このような会議では、国家元首政府首脳集まり重要な問題について議論を行う。

「summit」の発音・読み方

「summit」の発音は、IPA表記では /ˈsʌmɪt/ であり、カタカナでは「サミット」と表記される日本人発音するカタカナ英語では「サミット」と読む。

「summit」の定義を英語で解説

Summit is defined as the highest point of a hill or mountain, or a meeting between leaders of countries or organizations to discuss important issues. In the context of meetings, it usually refers to gatherings of heads of state or government leaders to address significant matters.

「summit」の類語

「summit」の類語としては、以下の言葉挙げられる

山の頂上を指す言葉

peak, pinnacle, apex, crest, top

会議や首脳会談を指す言葉

conference, meeting, convention, assembly, gathering

「summit」に関連する用語・表現

「summit」に関連する用語表現には、以下のようなものがある。

山に関連する用語

mountain range, foothills, base, slope, altitude

会議に関連する用語

agenda, negotiation, resolution, consensus, delegate

「summit」の例文

1. The climbers reached the summit of Mount Everest.(登山家たちはエベレスト頂上到達した。) 2. The G20 summit was held in Osaka, Japan.(G20サミット日本大阪開催された。) 3. The summit offers a breathtaking view of the surrounding landscape.(その頂上からは周囲景色息をのむほど美しい。) 4. The leaders discussed climate change at the summit.(首脳たちはサミットで気候変動について議論した。) 5. The hikers were exhausted but satisfied when they reached the summit.(ハイカーたちは疲れ果てていたが、頂上到達したときには満足していた。) 6. The summit meeting aimed to promote international cooperation.(サミット会議国際協力促進目指していた。) 7. The snow-covered summit of the mountain glistened in the sunlight.(山の覆われ頂上日光きらめいていた。) 8. The summit focused on economic growth and sustainable development.(サミットは経済成長持続可能な開発焦点当てた。) 9. The climbers began their descent from the summit.(登山家たちは頂上からの下山始めた。) 10. The summit was an opportunity for leaders to exchange ideas and opinions.(サミットは首脳たちが意見考え交換する機会だった。)

サミット

英語:summit

サミットとは、一般的には先進国首脳会議」(主要国首脳会議)の通称である。日本を含む先進諸国首脳一堂会して諸々国際的課題について協議する国際会議である。

国家間会議限らず企業業界代表する人物集って意見を交わす催しなどを「サミット」と呼ぶ場合もある。

【サミットの語源
サミット(summit)はもともと英語で「頂上」を意味する一般名詞である。山頂、あるいは、山頂なぞらえられる「頂点」を指す意味で用いられる国家最高権力者首脳)という意味でも用いられる転じて国際的な首脳会談をサミットという。なお英語にもsummitの語そのものに「首脳会談」を指す意味合いがある。

サミットには、日本米国英国フランスドイツイタリアカナダ、およびEU欧州連合)が参加している。当初ロシア参加していたが2014年以降参加していない。

ロシアを含む8カ国(とEU)でサミットが開催されていた頃はサミットは「G8サミット」あるいは単に「G8」と呼ばれることもあった。ロシア抜けて7カ国(とEUとなってからは「G7サミット」あるいは「G7」と呼ばれることがある

【サミットの用例
・サミットは毎年開催されている
2008年には北海道洞爺湖町でサミットが開かされた

【サミットの類語
英語のsummit(サミット)は「頂上」という意味ではtopトップ)とも言い換えられる場合が多いが、summitは特に「登頂する」「到達する」「上り詰める」という過程存在念頭に置かれニュアンス用いられることが多い。

【サミットの関連語
「デジタルサミット」はいわゆるデジタル産業の現在や将来について論議協議する催しの名称である。日本では総務省および日経新聞社が「世界デジタルサミット」を開催している。国外ではTechMedia, LLC が「DigitalSummit」を開催している。

投資サミット」は投資家および投資検討している企業などに対して投資勧誘プロモーションを行うために催されるイベント呼び名として用いられることが多い。代表的な例としては「セレクトUSA対米投資サミット」などが挙げられる

サミット【summit】


サミット(さみっと)

8か国の首脳毎年集まる定期会合

主な先進国リーダー集まって政治経済に関する国際的な課題について話し合う場となっている。そのため、主要国首脳会議ともいう。今年は、イタリアジェノバ開かれる

サミットに参加するのは、日本アメリカ、イギリスドイツ、フランスイタリアカナダロシアの8か国で、各国首相大統領をはじめ、財務大臣外務大臣といった関係閣僚参加する財政担当する各国大臣が集まる財務相会議外交担当する各国大臣が集まる外相会議などを経て首相大統領参加する首脳会議が行われる。

サミットは、1975年フランスランブイエ初め開催された。その後参加国持ち回り毎年開催され、1976年からカナダ1997年からロシア正式に参加するようになった

2000年開催国あたった日本は、閣僚会議九州で、首脳会議沖縄行った九州・沖縄サミットでは、IT(情報通信技術)を世界的に普及させることを目指した「沖縄IT憲章」を採択している。

今回のジェノバ・サミットでは、途上国IT化推進する「e開発資源ネットワーク」を来年1月までに創設することを定めたジェノバ行動計画」を共同宣言盛り込む予定だ。

(2001.07.19更新


サミット

サミット 主要8カ国の首脳年に一度集まって世界的な課題について率直に意見交換する会議を「サミット」(頂上)と呼びます第1回オイルショックによる世界的な不況克服を図るため、フランスジスカールデスタン大統領1975年招集しました。参加国フランスのほか、米国英国ドイツイタリアそして日本の6カ国でした。翌年からはカナダ参加して「G7」(Group of Seven)と呼ばれるようになりました10年前からはロシア参加するようになり、現在のG8」になりました。このほか欧州委員会委員長参加するため、記念写真には9人が映ってます。
 各国持ち回り開催する仕組みで、日本では79年第5回会合をはじめ、86年第12回会合93年第19回会合2000年第26回会合、そして今年第34回会合7月7~9日北海道洞爺湖)が開催されました。第26回沖縄などで開かれましたが、その他の3回はいずれ東京での開催でした。
 そもそも経済問題首脳同士討議する目的スタートしましたが、1980年代政治問題扱われることが多くなりました東西冷戦の終結伴って、再び経済問題主眼置かれるようになり、近年産業界からの要望反映したテーマ設定多くなっています。
 欧米各国地理的に近く隣人同士という関係にあり、首脳が集まる会合年に一度ではありません。しかし、アジアの雄・日本にとって首脳一堂に会する会合は貴重で、そこに参加する首相にとっては存在感を示す絶好チャンスいえます会合でのテーマその年によって大きく異なり昨年今年環境問題メインテーマとなり、今回は「2050年までに世界温暖化ガス排出半減する長期目標世界全体共有する」との首脳宣言取りまとめました。産業界では、低炭素社会実現するために、技術力生かしたクリーンエネルギー開発普及や、工場オフィス・物流でのCO2排出削減などを積極的に進めてます。
 環境問題主要国努力だけでは解決難しいことから、今年会合にはG8加えて中国インドブラジルメキシコ南アフリカ首脳参加して温室効果ガス削減問題など話し合いましたこのためフランスなどが今後G8拡大して、サミットを開催すべきだ主張するなど、近い将来、サミットの開催形態変化するかもしれません。
写真迎賓館79年東京サミット会場となりました


(掲載日:2008/07/18)

主要国首脳会議(サミット)

主要国首脳会議

 1975年フランスの提唱始まった国際会議で現在は日本米国英国フランスドイツイタリアカナダロシアの8カ国の首脳欧州連合EU)の委員長参加します今年6月6日から8日までドイツ北部保養地ハイリゲンダム開催されました。

 政治経済などさまざまなテーマについて討議するサミットですが、今回ハイリゲンダム・サミットでは地球温暖化問題大きなテーマとなりました温暖化原因となる二酸化炭素CO2)などの温室効果ガス排出増が続く中、世界早急に対策講じなければ、その悪影響さまざまな分野広がるとの専門家による最新報告公表されたためです。

 ただ、各国とも温暖化問題重要性では認識一致しているものの、実際にどう対策取り組むとなると考え方はさまざま。そこで今回のサミットでは、まず世界全体目指す目標作り議論中心となりました

 交渉結果、8カ国は「2050年までに地球規模での温室効果ガス排出少なくとも半減させることを真剣に検討する」との内容合意至りました温暖化防止向けた貴重な一歩ですが各国はこの長期目標実現今後大変な努力求められます。

 08年のサミットは北海道洞爺湖町開催予定温暖化問題は引き続き主要議題となることは確実で日本リーダーシップ注目されます。

 写真洞爺湖



(掲載日:2007/06/11)

サミット

名前 Summit; Summitt

主要国首脳会議

(サミット から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/11/15 13:45 UTC 版)

主要国首脳会議(しゅようこくしゅのうかいぎ)もしくは先進国首脳会議(せんしんこくしゅのうかいぎ)は、7か国による国際会議である。


注釈

  1. ^ ドイツ・フランス・イタリアの3国は更にEU加盟国
  2. ^ サミットとは | サミット情報 | 伊勢志摩サミット”. www.mofa.go.jp. 2023年2月6日閲覧。
  3. ^ 参加資格の停止であって、メンバーから除外ではない。
  4. ^ 1900年に北京侵攻を行なった八カ国連合軍の加盟国は、アメリカ合衆国大日本帝国大英帝国(イギリス帝国)、フランス第三共和政ドイツ帝国イタリア王国ロシア帝国オーストリア=ハンガリー帝国である。また、カナダは当時、イギリス帝国の植民地であったため、イギリス帝国の一部の扱いである。
  5. ^ 1991年の第17回ロンドンサミットにはソビエト連邦ミハイル・ゴルバチョフ大統領がゲスト参加した。

出典

  1. ^ 「G7」と「G8」と「G20」の違いとは?意外と知らない成り立ちと加盟国”. dime.jp. 2021年8月17日閲覧。
  2. ^ a b G7サミット開かれる → 民主主義の先進7カ国を覚えよう|一色清の「このニュースって何?」|朝日新聞EduA”. www.asahi.com. 2021年8月17日閲覧。
  3. ^ McHugh, David (2019年8月23日). “After 45 years, G-7 endures despite the Trump tweets”. AP. https://apnews.com/article/donald-trump-financial-markets-ap-top-news-financial-crisis-france-131ee4ca2e6e41909d871cfdef74020f 2021年6月4日閲覧。 
  4. ^ G20とは何ですか? G7とは何ですか? : 日本銀行 Bank of Japan”. www.boj.or.jp. 2021年8月17日閲覧。
  5. ^ Report for Selected Countries and Subjects”. 国際通貨基金. 6/13/2021閲覧。
  6. ^ World Economic Outlook Database”. 国際通貨基金 (2017年10月). 6/13/2021閲覧。
  7. ^ Research Institute – Global Wealth Databook 2018[リンク切れ]
  8. ^ The G7: Frequently Asked Questions”. France Diplomacy – Ministry for Europe and Foreign Affairs (2019年8月26日). 2021年6月12日閲覧。
  9. ^ G7対中議論 日本期待もジレンマ”. 産経新聞. 2021年8月17日閲覧。
  10. ^ Shear, Michael D. (2021年6月11日). “G7 News: A Return to Face-to-Face Diplomacy” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/live/2021/06/11/world/g7-summit 2021年6月12日閲覧。 
  11. ^ データで見る国際秩序(1) ~「G7の結束」は必然か、経済力と軍事力のパワー・シフト~ | 石附 賢実 | 第一生命経済研究所”. www.dlri.co.jp. 2021年8月17日閲覧。
  12. ^ WWFジャパン. “生物多様性と気候変動の観点から見たG7コーンウォールサミット”. WWFジャパン. 2021年8月17日閲覧。
  13. ^ G7サミット、途上国の経済活動再開を後押し 背後に中国への対抗心”. 毎日新聞. 2021年8月17日閲覧。
  14. ^ Shear, Michael D. (2021年6月11日). “G7 News: A Return to Face-to-Face Diplomacy” (英語). The New York Times. ISSN 0362-4331. https://www.nytimes.com/live/2021/06/11/world/g7-summit 2021年6月12日閲覧。 
  15. ^ What is the G7?” (英語). G7 UK Presidency 2021. 2021年6月12日閲覧。
  16. ^ What are the G7 and the G8?”. www.g8.utoronto.ca. 2021年6月12日閲覧。
  17. ^ 男女格差、日本は120位でG7で最下位 政治・経済分野の遅れが影響し最低水準に:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2021年8月17日閲覧。
  18. ^ G7サミットに象徴される帝国主義時代とたいして変わっていない統治の仕組み[橘玲の世界投資見聞録]”. 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン. 2021年8月17日閲覧。
  19. ^ Scrap the G7 and its summit – it is hopeless, divided and outdated | Larry Elliott” (英語). the Guardian (2015年6月7日). 2021年6月13日閲覧。
  20. ^ もはや民主主義国が少数派に転落した世界の現実 | アメリカ”. 東洋経済オンライン (2021年6月30日). 2021年8月17日閲覧。
  21. ^ G7首脳会談 「ロシアのG8参加停止」を採択 G7と対立 「新たな冷戦時代」に突入2018-11-02閲覧
  22. ^ 「日本こそがアジアで正真正銘の先進国」と言われるのは一体なぜか=中国報道 (2020年5月5日)”. エキサイトニュース. 2020年6月20日閲覧。
  23. ^ サミットに注目! そもそもなぜこの7カ国? | 就活ニュースペーパーby朝日新聞 - 就職サイト あさがくナビ”. asahi.gakujo.ne.jp. 2020年6月20日閲覧。
  24. ^ a b G7サミットに象徴される帝国主義時代とたいして変わっていない統治の仕組み[橘玲の世界投資見聞録]”. 橘玲×ZAi ONLINE海外投資の歩き方 | ザイオンライン. 2020年6月20日閲覧。
  25. ^ 中国「戦狼画家」、G7外相らを八カ国連合軍と揶揄 集合写真をパロディ化”. www.epochtimes.jp. 2023年2月6日閲覧。
  26. ^ a b Shultz, George P. (1993). Turmoil and Triumph: My Years as Secretary of State. p. 148. ISBN 0-684-19325-6.
  27. ^ Bayne, Nicholas; Putnam, Robert D. (2000). Hanging in There. Ashgate Pub Ltd. 230 pages. ISBN 075461185X. p. 20.
  28. ^ Farnsworth, Clyde H. (8 May 1977). "A Secret Society of Finance Ministers," New York Times.
  29. ^ 日本・アメリカ以外の全メンバー国が欧州共同体構成国。
  30. ^ 内容全文 外務省
  31. ^ ロイター 2014年3月25日配信版
  32. ^ 「G7拡大を」トランプ発言に日本困惑 避けたい米中対立激化 守りたいアジア代表枠
  33. ^ G7敵に回す戦狼外交と歴史改変、習近平氏の意外な目的”. 日本経済新聞 (2021年5月12日). 2023年9月6日閲覧。
  34. ^ a b 「G7は北京侵攻した8カ国連合」…中国、安保理招集し攻撃”. 中央日報 - 韓国の最新ニュースを日本語でサービスします. 2023年9月6日閲覧。
  35. ^ よくわかるG7 世界シェアと勢力”. 日本経済新聞社 〜ビジュアルデータ. 2020年6月20日閲覧。
  36. ^ G7の名目GDP(USドル)ランキング - 世界経済のネタ帳”. ecodb.net. 2020年6月20日閲覧。
  37. ^ イギリス経済、G7で唯一のマイナス成長見通し=IMF”. BBCニュース (2023年1月31日). 2023年2月6日閲覧。
  38. ^ 開催迫るG20大阪サミット、G7とは何が違う? 坂東太郎のよく分かる時事用語(THE PAGE)”. Yahoo!ニュース. 2020年6月20日閲覧。
  39. ^ 形骸化が進むG7とG20機能強化の必要性 | 2019年 | 木内登英のGlobal Economy & Policy Insight | 野村総合研究所(NRI)”. www.nri.com. 2020年6月20日閲覧。
  40. ^ 日本放送協会. “「G7サミット開幕 存在問われる会議に」(時論公論)”. 解説委員室ブログ. 2020年6月20日閲覧。
  41. ^ “情報BOX:イカルイトG7、景気刺激措置と出口戦略に関する要人発言”. トムソン・ロイター. (2010年2月7日). http://jp.reuters.com/article/businessNews/idJPJAPAN-13759420100207 2010年12月24日閲覧。 
  42. ^ 中ロの領土変更を批判 G7結束、サミット閉幕 - 日本経済新聞、2015年6月8日版
  43. ^ 岸田外務大臣会見記録”. www.mofa.go.jp. 外務省. 2020年2月19日閲覧。
  44. ^ 欧州、トランプ氏の中国包囲網「わな」警戒-G7欠席は最終手段だが”. Bloomberg.com (2020年6月15日). 2020年6月24日閲覧。
  45. ^ INC, SANKEI DIGITAL (2020年6月2日). “【主張】G7の延期 拡大より結束を優先せよ”. 産経ニュース. 2020年6月24日閲覧。
  46. ^ トランプ氏、ロシアをG7に招待 英・カナダは…(写真=ロイター)”. 日本経済新聞 電子版 (2020年6月2日). 2020年6月24日閲覧。
  47. ^ 中国メディア「韓国はたいしたことないのに、なぜG7参加? 」(WoW!Korea)”. Yahoo!ニュース. 2020年6月28日閲覧。
  48. ^ トランプ氏の韓国G7招待に中国が「その国は大した力もない。意味ない」と上から目線(西岡省二) - Yahoo!ニュース”. Yahoo!ニュース 個人. 2020年6月28日閲覧。
  49. ^ 日本、拡大G7の韓国参加に反対 対中、北朝鮮外交に懸念:東京新聞 TOKYO Web”. 東京新聞 TOKYO Web. 2020年6月28日閲覧。
  50. ^ 日本が、拡大G7の韓国参加に反対”. Pars Today (2020年6月28日). 2020年6月28日閲覧。
  51. ^ 日本、拡大G7の韓国参加に反対 対中、北朝鮮外交に懸念 | 共同通信 ニュース”. 沖縄タイムス+プラス. 2020年6月28日閲覧。
  52. ^ 米はG7枠組み変える権限なし、EU外相が批判 - SankeiBiz(サンケイビズ)”. www.sankeibiz.jp. 2020年7月6日閲覧。
  53. ^ トランプ氏にG7の枠組みを変える権限はない、EU外相”. www.afpbb.com. 2020年7月6日閲覧。
  54. ^ 日本に続きドイツも、韓国など含めるG7拡大に反対=韓国ネット落胆「外交力はゼロ」|ニフティニュース”. ニフティニュース. 2020年8月4日閲覧。
  55. ^ 日本政府、G7の枠広げる英国の提案に反対-外交公電で懸念示す”. Bloomberg.com. 2021年8月17日閲覧。
  56. ^ G7首脳 オンライン会合 ウクライナに防空システム供与へ調整 | NHK”. NHK NEWS WEB. 2023年2月6日閲覧。
  57. ^ 米議会、ロシアのG7復帰に反対 ParsToday2019年12月4日
  58. ^ トランプ米大統領、6月のG7首脳会議をテレビ会議で実施へ ロイター2020年3月20日
  59. ^ “トランプ氏、G7サミットの通常開催検討 「正常化の象徴に」”. 産経新聞. (2020年5月21日). https://web.archive.org/web/20200604034825/https://www.sankeibiz.jp/macro/news/200521/mcb2005211035025-n1.htm 2020年5月27日閲覧。 
  60. ^ G7サミット、通常開催せず 75年以来初、協調発信逃す 共同通信2020年12月29日
  61. ^ UK to host G7 Summit in Cornwall”. Prime Minister's Office, 10 Downing Street (2021年1月23日). 2021年1月25日閲覧。
  62. ^ ドイツがG7の拡大に反対「現状が合理的」 韓国「合意必要」 聯合ニュース2020年7月27日
  63. ^ 日本政府、G7の枠広げる英国の提案に反対-外交公電で懸念示す Bloomberg 2021年1月27日
  64. ^ サミット集合写真、実はシンプルな立ち位置ルール”. 日本経済新聞 (2016年5月26日). 2017年11月7日閲覧。



サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 13:46 UTC 版)

あんさんぶるスターズ!」の記事における「サミット」の解説

ES首脳会談。各事務所の代表と補佐役が会談する場。『P機関』監督議長であり、中立仲介役となる。代表と補佐役は必ずしも固定ではなく事務所所長が代表とは限らない

※この「サミット」の解説は、「あんさんぶるスターズ!」の解説の一部です。
「サミット」を含む「あんさんぶるスターズ!」の記事については、「あんさんぶるスターズ!」の概要を参照ください。


サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 10:24 UTC 版)

ザ・クルー」の記事における「サミット」の解説

「ワイルドラン」で追加され定期開催イベント当初2~3日予選繰り返した後月末に1週間本選という形であったが、2017年3月より予選1週間となった予選開催ごとに異なる場所で開催され本選ラスベガスの北にあるボンネビル・ソルトフラッツ行われる。 サミットのメニューには12イベント配置されそれぞれの項目における順位個別集計されそこからサミット全体での順位算出される。サミット全体での順位により、参加者にはそれぞれCCなどの賞品与えられる。 フリードライブチャレンジ・フリードライブスタント・開催周辺スキルチャレンジ3つの他、以下の中から7つイベント選ばれるイベント中には対象の車を持ってない場合貸し出されるものもある。 メーカータイムアタック - モデル及びスペック指定されルート走破したタイム競う指定の車を持っていないと参加不可タイムアタック - スペック指定されルート走破したタイム競う。車の選択地域タイプなどの制限設定されていることもある。 スピードトラップ - スペック指定され複数個所配置されスピードトラップ通過した速度平均値競う。車の選択地域タイプなどの制限設定されていることもある。 スタントレース - バイクジャンプ台多数設置されコース走り滞空時間フリップなどによるスタントスコア競うセクションごとに制限時間設定される時間切れでも失格はならずそのセクション内でポイント獲得できなくなるだけであり、またセクション完了時の残り時間以後セクションへの制限時間加算と共にボーナスポイントにもなる。 ドラッグトライアル - ドラッグカー直線コース走破した時間競う。車の選択地域タイプなどの制限設定されていることもある。 モンスターアリーナ - モンスタートラック一定時間内にスタントターゲット破壊などによって稼いだポイント競う。車の選択地域タイプなどの制限設定されていることもある。 ドリフトトライアル - ドリフトカー曲がりくねったコース一定時間走りドリフトによるポイント競う。車の選択地域タイプなどの制限設定されていることもある。 PvP - プレイヤー同士対戦稼いだBUCKS競う使用される車の性能は全プレイヤー条件となる。 クルータイムアタック - 4人クルーでのタイムアタック。 クルースピードトラップ - 4人クルーでのスピードトラップ

※この「サミット」の解説は、「ザ・クルー」の解説の一部です。
「サミット」を含む「ザ・クルー」の記事については、「ザ・クルー」の概要を参照ください。


サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 03:09 UTC 版)

ロンドン同時爆破事件」の記事における「サミット」の解説

イギリスでは7月6日からグレンイーグルズ・サミット開催されており、テロはこれに合わせて行われた考えられる事件発生受けたトニー・ブレア英首相はじめとするG8首脳は、日本時間7日午後8時から緊急記者会見直後ブレア首相はサミットを中座して一時ロンドンへ戻り、そしてテロ動じないとの声明発表した3日開催されたサミットの主要議題は、議長国であるイギリス事前に定めたアフリカ支援気候変動であったが、このテロのために、アメリカ積極的に推し進める「テロとの戦い」こそが世界最重要課題となった。 サミットの予定日6日:英女王主催夕食会 7日午前気候変動世界経済について討議、昼)中国など新興5か国との対話午後地域情勢安全保障、夜)会食 8日午前アフリカ支援について討議、昼)アフリカ諸国との対話午後総括発表 2005年7月実際日程 6日予定通り 7日テロに関する宣言発表例年経緯から見ればその後この件について話し合わないように、という意味) 8日テロについての議論継続対テロ声明採択して終了2度も同じ内容宣言が発せられるのは極めて異例

※この「サミット」の解説は、「ロンドン同時爆破事件」の解説の一部です。
「サミット」を含む「ロンドン同時爆破事件」の記事については、「ロンドン同時爆破事件」の概要を参照ください。


サミット(上級者向け)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 21:50 UTC 版)

エキサイト トラック」の記事における「サミット(上級者向け)」の解説

スピード優れているが、ハンドリングは悪いクルマ

※この「サミット(上級者向け)」の解説は、「エキサイト トラック」の解説の一部です。
「サミット(上級者向け)」を含む「エキサイト トラック」の記事については、「エキサイト トラック」の概要を参照ください。


サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/07 08:44 UTC 版)

竜王町」の記事における「サミット」の解説

ドラゴンサミット - 全国の「龍」「竜」の字がつく市町村集まり市町村合併による構成市町村減少のため、サミットの存続等について検討中

※この「サミット」の解説は、「竜王町」の解説の一部です。
「サミット」を含む「竜王町」の記事については、「竜王町」の概要を参照ください。


サミット

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/14 09:49 UTC 版)

カービスベイ・ホテル」の記事における「サミット」の解説

2021年1月に、同年6月第47回先進国首脳会議(G7)をカービスベイ開催することが発表された。議長務めボリス・ジョンソン曽祖父カービスベイ暮らしていたという、ジョンソンゆかりの地であることから、会場選ばれた。3月には、サミットに向けた開発行っていたホテル建築許可違反疑いがあるとして地元計画機関が調査開始したホテル側は何ら規制違反していないと疑惑否定した。この工事間中ホテル利用した客の評価二分され、サミットに向けた準備が賑いを与えていると高評価付けた人もいれば、スパ閉鎖工事騒音苦言を呈する人もいた。 サミット開催によるコーンウォール経済効果は、5000ポンド(≒77億円)と計算されている。なお、ホテルはサミットの会議場としての利用され首脳陣はトレゲンナ城(英語版)に宿泊した

※この「サミット」の解説は、「カービスベイ・ホテル」の解説の一部です。
「サミット」を含む「カービスベイ・ホテル」の記事については、「カービスベイ・ホテル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「サミット」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サミット

出典:『Wiktionary』 (2021/08/06 12:28 UTC 版)

語源

名詞

  1. (政治) 主要国首脳会議
  2. トップ会談
  3. 頂上

発音(?)

さ↘みっと

「サミット」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サミット」の関連用語

サミットのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サミットのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2023 時事用語のABC All Rights Reserved.
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2023 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの主要国首脳会議 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのあんさんぶるスターズ! (改訂履歴)、ザ・クルー (改訂履歴)、ロンドン同時爆破事件 (改訂履歴)、エキサイト トラック (改訂履歴)、竜王町 (改訂履歴)、カービスベイ・ホテル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのサミット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS